復職準備は何が必要?



看護師ノート推奨の転職サイト



看護師が復職するときにやっておきたいことを完全網羅

復職までは、不安でいっぱい

長いこと仕事から離れて専業主婦をしていた、育児休暇をとっていた・・・
そんなあなたは、復職の日が近づいてくるにつれ、ソワソワしていることでしょう。
(何を準備しておこう?)
(点滴刺せるかな・・・)
(家事・育児との両立、大丈夫かなあ・・・?)
(電子カルテ、使えるかな・・・)

いろんなことを考えていると、不安になってきてしまうかもしれませんね。
特に、出産と同時に離職してしまった人は、子育てをしながら働くことをしていません。仕事そのものへの不安だけでなく、家事・育児との両立に対する不安も大きいでしょう。

5年以上のブランクがある人もまた、今の医療についていけるかという心配があるのではないでしょうか?
この10年で、電子カルテを導入する医療機関が増えました。クリニックでも、院長がIT化に抵抗なければどんどん電子化されます。
看護診断・看護計画の立案も、働き続けている人は少しずつ変わっていくだけですが、現場から離れていた人は覚えることがたくさん!

産休と1年の育児休暇をとっただけの人でも、最初の3か月はブランクを埋め、家事・育児との両立でヘトヘト。
ですから、仕事から離れていた期間が長い人ほど、復職後は大変。仕方のないことですが、相応の覚悟と準備が必要であることは確かですね。

復職準備は、勉強よりも生活&環境調整にあり!

ブランクがあることは、もう取り返すことができません。それに、あなたにとって必要な期間だったはずですから、それを悔やんでも仕方ありません。女性は子育てに重きをおかなければならないときもありますしね。

では、できる限り早く仕事に慣れて、1人分の仕事ができるようになるためにはどうしたらよいでしょうか?
それは、復職のための準備がカギです。
仕事が始まったら、しばらくは仕事メインの生活にできるようにしましょう。といっても、主婦は家事と育児もあります。ただ、スタートダッシュをきるためには、しばらくの間は仕事に比重をおいて欲しいのです。

今まであなたが家庭を守っていたのなら、あなたが1日かけてやっていたことを、これからは出勤前か帰宅後、週末でやらなければなりません。
どうしても、段取り術と家族の協力が必要になります。
段取り術というのは、基本的にあなた個人のタイムマネジメントです。そして家族の協力は、夫だけでなく、実家の両親や子供にもお願いしなくてはなりません。

夫には子供の世話、洗濯物を干す、保育園へ送るetc.できることから始めてもらいましょう。どうしても家事は女性がやった方が良いこともありますし、お互いストレスを抱えてはできませんから、分担や協力体制を夫婦で話し合っておきましょう。
勉強時間の確保ができるように調整することも、忘れずに。

実家や夫の両親にも、できるだけの協力をしてもらいましょう。祖父母が元気な間は、できるだけ得意なことをお願いしましょう。
例えば、裁縫が得意ならば保育園や学校関係の縫い物は全てお願いしてしまう、料理が得意なら毎日夕飯のおかずをお願いする、という具合に。

こんなふうに、皆ができることを寄せ集めれば、あなたの働く体制が少しずつ整っていきます。
看護師は職業柄、誰しも仕事内容がイメージできるので、祖父母も結構協力してくれたりするものです。といっても、近くにいれば・・・の話ですから、出来る人ばかりではありませんが。

大人ばかりではなく、子供にも協力してもらうことは必要です。でも、いきなり「ママも仕事始めたんだから、手伝ってよ!」なんて言われたって困ります。
ですから、復帰が決まったら段階を経て協力をお願いしましょう。「子供への協力=自分のことを自分でする」です。これが一番のお手伝いですからね。
下に挙げることを、その子の成長や性格に合わせて、少しずつ自立させましょう。

子供には、こんなことからお願いしてみよう

〇保育園・幼稚園の場合(年中以上)
・ご飯をぱっと食べる
・ママが出しておいた服に、自分で着替える
・パジャマをたたむ、もしくは洗濯かごに入れる
・お風呂から出たら、自分で拭いて服を着る
・時計の長い針が〇〇になったら、寝ましょう・家を出ましょうを、守らせる

〇小学生の場合
・自分で目覚まし時計をかけて起きる
・ご飯をぱっと食べて、自分で服を用意して着替える
・学校から帰ったら、洗うもの・お手紙を自分から出す
・宿題を、自分でやる
・明日の支度を、自分で整える(忘れ物をしない)
・寝る時間、学校に行く時間、お風呂の時間、全ての「時間」を意識して行動する

仕事に復帰する場合、どうしても看護師という仕事の準備も必要です。ずっと働き続けている現役ナースだって、常にブラッシュアップは必要ですから、ブランクのある人なら尚の事必要です。
しかし、復帰直後はまだ家事の段取りもうまくいきませんし、子供も思うようにぱっと動いてくれません。勉強時間もなかなかとれないのに、参考書を買いに行く時間はもっとありません。

ですから、いつでも勉強できるように、復帰前にあらかたの参考書は揃えておくといいですね。技術が不安なら看護技術の本、内科に決まっているのなら内科・呼吸器・糖尿病あたりの参考書は必須です。
現代は1人が1つの病気とは限りません。整形外科で入院してきても糖尿病や慢性閉塞性肺疾患を抱える患者さんもいます。
できれば、一通りの参考書を手元においておくとよいですね。インターネットでの調べ物は、最終手段に留めましょう。

さて、準備をすることが解ってきたら、紙に書き出してみましょう。
復帰したら、銀行にいくといった普段ならささいなこともできなくなりますから、そういった雑用も、できる限り済ませておくといいですね。

そして、準備が済んだらあとはやるのみ!!です。
そうやって長期間のブランクを経て完全復活を果たしているママさんナースも、たくさんいます。あなたも最初は辛くても、そこを乗り越えていきましょう。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。