採血・点滴手技を磨くためには



看護師ノート推奨の転職サイト



1日1本!!を続けよう

看護師といっても、技量はまちまち

あなたは今、どんな部署で勤務していますか?
部署によっては、全く処置のないところもありますよね。
例えば、私のような外来。診察の付き番をしていると、採血や点滴は別のブース(ブロック)で行うことになるので、処置室の看護師しか担当しなくなることがあります。

実際、私が以前勤めていた病院では、処置は中央処置室に送っていました。外来看護師は、診察室で医師が処置するのを介助するほかは、事務処理が多かったですね。
そうなると、1か月に数回の救急外来の手伝いの時に、いきなり「ルートとって!」とか言われるとドキッとするんです。
救急車で搬送されてきた状態の悪い患者さんは、末梢がしまっていてとてもじゃないけれど、すんなり刺せません。

今の病院に来てからは外来の付き番もローテーションですし、私自身はいろんなことに首を突っ込んでいるので、処置担当の日もあります。
ですから、点滴や採血の練習に困ることはありません。
でも、うまくすれば逃げることもできます。
面倒だからと、若手に押し付けることだってできます。(そういうおばちゃんナースもいます・・・。)

人には得手不得手がありますから、点滴だって上手な人がいれば下手な人もいます。
けれども、ある程度の年齢が来ている看護師なら、その苦手を経験でカバーしておくのが、プロってものではないでしょうか。

不器用だからこそ

今の病院は個人の病院なので、そんなに大きな規模ではありません。
ですから、看護師はなんでもやります。
クラークの代わりもやれば、医師の代行入力で処方入力をしたり、もちろん看護師として採血・点滴をすることもあれば、トイレ介助もします。

ですから、日々やろうと思えばなんでもできる環境にあります。
ところが、やらなくて済む仕事ならやりたくない、という人もいます。
そういう人に限って実は何でも器用にこなせるし、腕を磨かなくてもいいのでしょうね・・・。

私は基本、不器用な人間です。
看護師としての処置だけでなく、裁縫も料理も下手。本当に根が不器用です。
ちゃんと自覚していますょ。
だからこそ、私みたいなへたっぴナースは、技術を磨きつつ鈍らせないことが必要なんです。

私が心がけていることは、「1日1本」です。栄養ドリンクじゃありません(笑)
他の人がする仕事でも、自分の手があいているなら、その日処置担当でなくてもやってしまう。
そうして、無理に自分でルートをとる機会を設けているんです。

泌尿器の診察についていても、小児科の診察についていても、朝出勤してから帰るまでに必ず1回は針を刺す。
それを毎日やっていれば、カンの鈍ることはありません。
今の病院に転職してきたとき、最初は点滴の腕が鈍っていて困りました。
2週間に1回位しか採血や点滴をしてませんでしたからね、当然です。

今だって上手なわけじゃないですけどね。
だからこそ、せっかくの今のレベルを維持しようと思っているんです。
連休の時には、どうしてもノルマ達成できませんけれど。

下手なら下手なりに、人並みの技術をつけるための努力が必要だと思うんですよね。
あなたは、技術や知識の習得のために、何か心がけていることはありますか?
もし今ないのなら、ほんとに小さなことでもいいから、自分でノルマを課してみてはいかがでしょうか。
それを続けていくと、続けていることに自信がついてくるものですよ。