院内研修だけでは、スキルアップには不充分



看護師ノート推奨の転職サイト



身銭を切るからこそ、頭に入るってものじゃない?

院内研修だけで十分?

あなたの勤務先では、院内研修や勉強会がありますか?
恐らく、感染対策やBLSのような研修が、年に1度はあるでしょう。
しかし、それ以外の具体的な疾患についての研修や、知識の深まるような研修はあまりないのでは?

正直なところ、看護部が主催して出席を命じる研修は、“今のあなた”に向いている研修ではありません。
もっと言ってしまえば、あなたが「自分から出たい」と思う研修以外は、身につかないものなのです。
誰かにお膳立てされた研修というものは、そういうものだから。

強制的に参加を命じられている研修が無意味か、というとそうではありませんよ。
あなたが自分からその研修を受けることに意味・価値を見いだせば、充分タダで実りのある研修になるでしょう。
少なくとも、自分の時間を切り売りして出席するのですから、強制参加の研修だって身を入れて受けるべきです。

でもね、それって結構大変なことです。
興味がないのに手洗い研修に、必死になって参加することができるでしょうか?
手洗いは大切なことですが、それを受けてあなたが明日早速、患者さんの対応や疾患の理解に結びつくでしょうか?

ですから、院内研修というのは「最低限知らなくてはいけないこと」の研修であって、受けるのが当然のラインと言えるのです。
もっと自分のスキルアップを図りたいと思ったら、今の自分に必要なこと・足りないことをカバーしてくれる研修を、自分で調べてお金を払い、休みを使って受ける必要があるのです。

そこまでの労力とお金をかけて受けた研修というのは、たった1日でも非常に密度の濃いものになります。
また、研修で配られるテキストは今の自分に必要なことが満載。
持って帰れば繰り返して勉強することができ、復習を重ねることでより一層の理解が深まります。

これは、身銭を切ったからこそです。
自分で研修費や交通費を出して、休みを割いたからこそ、「元をとってやるぞ」という気持ちになるのです。
そうして、研修の内容が本当に身につくのです。

今までいくら払った?

私個人の研修に対する出費は、15年の看護師人生において優に100万円は超えています。
一般書籍を含めたらもっと、ですね。
これを高いととるか、まだまだととるかは人それぞれでしょうけれど・・・。

おおよそですが、ここ3年間の研修費はこんな感じです。
ACLS講習  :受講費38000円、テキスト6000円
ACLS-EP講習:受講費30000円、テキスト17000円
ACLS-EP更新:ほぼ同額(テキストも改定のため、買い直し)

ACLSは2日コースなので、宿泊費がかかりました。それぞれ交通費も各10000円以上かかっています。
しかも、どちらも2年の有効期間しかありませんので、1度とったらずっと更新費用がかかります。
食費もありますから、20万円にはなりますね。
どうりでお金がなくなっていくわけだ・・・(悲)。

正直、シングルとなった我が家には、家計の苦しいときもありました。
銀行の残高を見ながら、一部カード払いにしながらやりくりしていました・・・恥ずかしながら。
余裕はなかったけれど、数か月前から申し込んで研修のための勉強をしてきたのだから、行かないわけにはいきません。
でも、そこで身銭を切ったからこそ、「絶対に合格して見せる、絶対に身に付けてみせる」と思って真剣に取り組んだし、当日は1日中、昼休みも集中して勉強したのです。

家庭を持っている場合、特に子供がいたら、ここまでストイックにはなれないかもしれません。
でも、本当に自分をスキルアップさせたいと思ったら、院内研修を受けているだけで満足してはダメ。
筋肉がダメージを受けて強くなっていくように、少しずつ自分に負荷をかけていくことで、看護師として成長するのです。

あなたは身銭を切った研修、受けていますか?