ママナースが効率よく勉強するために



看護師ノート推奨の転職サイト



看護師もノマドワークの時代?

ママは家にいると、常に“ママ”

看護師という職業を選択したら、本当にプロとして働いていくのであれば、勉強はずっと続きます。
特に何かの試験や講習を受けるといった、イベント前には集中して勉強に打ち込む必要があります。

日々の自己研鑽としての勉強でしたら、家事の合間や子供の寝ている時間を使って、参考書を読む程度でもいいと思います。
それだって、毎日30分続ければ1か月で30分×30日=900分。

でも、試験対策や深く読み込む必要のあるテキストがある、という場合にはやはり効率を考えなくてはいけません。
ところが、主婦というのは家ではなかなか集中できないものなんです。

あなたはこんな経験、ありませんか?

勉強がはかどらないパターン

・勉強しようとしているのに、夫や子供がテレビをつけていて集中できない。
           → 隣でお笑い観てゲラゲラされると、頭に来ますね(笑)
・勉強しているのに、夫や子供が用事を言いつけてくる。
           → お茶ちょうだい~とか、さもないことだったり
・勉強を始めると、片づけが気になる。
           → 普段やっていないのに、こういう時には気になるモノです
・勉強しなければと思ったのに、ついついソファで一眠りしてしまう。
           → 一眠りでは終わりませんね、このパターンは
・勉強のお共にコーヒーを飲むにも、自分でいれなければならない。
           → せっかく作った勉強時間が減ってしまう

家庭を持つママナースは、家にいれば家族はあなたのことを“ママ”と思っていますから、勉強をしていようがいろいろなことを頼まれます。
仕事をしている分、家にいるときのママに子供が甘えたいのも当然です。

そんな時、「ママは勉強しているのだから、ほっといてよ!!」って言いますか?でもね、家にいるママがそれでは、家族は寂しいでしょう。
それなら、家にいない方がいいと思うのです。
家にいない時間が少し増えてしまったとしても、その分家にいるときには自分達の“ママ”でいてくれる方が、夫も子供も喜ぶのではないでしょうか。

看護師もノマドワーク

そこで私がオススメするのは、ママナースほど外に出ること。
喫茶店やファストフードなどに行ってみましょう。
コーヒーを飲みにいくのではなくて、勉強空間を買うために。
職場の近くなら、帰る前に1時間。それがダメなら45分。
自宅の近くなら、休日や子供が寝たあとで夫に断わって1時間。

看護師の仕事の場は病院が基本ですが、勉強することも立派な仕事の一つ。
プロとしてのスキルや知識を身に付けるためには、自己投資が必要です。
ですから、勉強するための空間代は多少値が張っても、出して欲しいですね。
そうすると、「元をとるくらい勉強しよう」と思えますから、効率もUP!

外にいると、(ちょっと一眠り~)の誘惑からも逃げられます。
あまりにも疲労が溜まっていると、喫茶店でも眠ってしまうこともありますが・・・これをすると、とても自己嫌悪に陥ります。
コーヒー代払って、夫に子供を託してまで時間作ったのに・・・って。
だから、頑張れる。

看護師もノマドワーク(スタディ?)、始めてみませんか?
意外に、自宅にいるよりも効率的な勉強ができますよ。