看護師としての人生は、フルマラソンと同じ



看護師ノート推奨の転職サイト



長い看護師人生、今何㎞地点?

看護師人生を、フルマラソンに例えると

私は3年制の専門学校を出て正看になったので、22歳になる年から働いています。
そして、年金のもらえる65歳まで働くでしょう。
(現行の制度では65歳ですが、支給年齢引き上げによって伸びるかもしれませんね。)

65歳-22歳=43年間が、職業人生となる計算です。
そして私は今、36歳。
もう少しで、丸15年の経験になります。(うち、1年は産休・育休・病休ですけど。)

これを、フルマラソンに例えてみましょう。
フルマラソンが42.195㎞、私の看護師人生が43年間ですから、フルマラソンに例えるとちょうど1年=1㎞くらいの計算です。

では、15年目の今はどこを走っているのかというと・・・まだ半分にも到達していません。
ひえ~っ (´゚д゚`)
まだ先は長いですねぇ。

私はランニングが好きなので、ハーフマラソンの大会に出ることがあります。
これは、少し頑張れば走り切ることができて、故障の心配も少ない距離。
フルマラソンでは身体のあちこちが故障して、翌日以降の勤務に支障が出ると困る・・・ということもあって、まだ挑戦していません。

それに、ハーフマラソンとフルマラソンの差はとても大きいですよ。
ハーフなら、10㎞走れる人なら根性で走り切ることができます。
途中歩いてしまったとしても、制限時間内にゴールすることが可能です。

しかし、フルマラソンではそうはいきません。
日々のトレーニングも、気ままに走っているだけではダメでしょう。
ほとんどの距離を歩いていたら、制限時間内にゴールすることも無理。
下手したら、日常生活に支障が出る故障を抱えることだってあります。

職業人生も同じ。
ハーフマラソンとフルマラソンの間には、とてつもなく高い壁が立ちはだかっています。
一度も歩くことなく走り続けることができる人は、参加者全体の中でも少数。
経験者曰く、特に30㎞からの10㎞は半端じゃなく苦しいそうです。
マラソンと違うのは、途中にある坂が、新人時代と20代後半~30代あることです。

新人時代の坂は、あなたも覚えがあるでしょう。
私には1年が地獄のようでした。
でも、1年経ってしまうと新人ではなくなり、2~3年でもう集中攻撃に合うことはありませんでした。

ところが、20代後半から30代いっぱい続く坂は、とても長い。
結婚・出産・育児と、女性が一番目まぐるしい時期です。

途中で息が切れてしまう人もたくさんいます。
長く続く坂を想像しただけで、最初からリタイヤしてしまう人もいます。
そんな中で、ひたすらゴール目指して坂を上っていくことは、相当の忍耐力と努力が必要とされます。

また、家族の協力も不可欠です。
自分のモチベーションや、体力も続かなくてはできません。

看護師は、どうしても2㎞や5㎞の部をハイスピードで出場して走る、という人が多いと思いませんか?
それだけ、走り続けるということは並大抵の努力ではできないことなのです。

私自身、ときどき自分の立ち位置を考えるとガクッとなります。
不安にもなります。
65歳まで、続けられるかな・・・って。
特に自分が体調を崩してしまったときは、そう思います。

マラソン大会に出ると、どうしてもスタートから数㎞はペースがとても早くなります。
流れに逆らうと危険なので、私もいつものペースより早いのはわかっていても、集団がばらけるまではハイペースでついていきます。
でも、10㎞を過ぎると途端にペースが落ちたり、歩いたり、コース脇で座り込む人が増えて来ます。
ノリで出場したものの普段から練習していなから、走り切れないのですね。

これって、看護師人生の歩み方に似ていると思いませんか?
スタートは頑張るけれど、少しすると脱落していく・・・。
いきなりリタイヤではなく、少しずつペースを落として、道端によけて・・・最後には時間制限。

私は、記録を作る必要なんてないと思っています。
走り切ることが大切だと。
そして、できることならその途中経過も楽しみたい。

だから、最初だけ頑張って、結婚と同時に専業主婦になる人は勿体ないと思います。
いきなりリタイヤですから。

少しずつペースを落とした人や、歩いている人は、まだリタイヤしていません。
ここでなんとかして、本当のコースに戻すことはできないでしょうか。
少しだけペースを落として数㎞歩いたら、また元気を取り戻して走りだすことができないでしょうか。

今あなたが、脇道を歩いている人だとしたら。
なんとかここで頑張って欲しい。
コースに戻るには勇気がいるけれど、上手にゆっくりペースを戻して行けば大丈夫。

今あなたが、限りなくビリだけどコースを走り続けている人だとしたら。
このまま、ゆっくりでいい。
走り続けて、そしてゴールして欲しい。

働き方は人それぞれ。
でも、やはり私は最後のゴールまで来て欲しいと思います。
時にはペースを落としたとしても。

今の私は、ボチボチペースで全工程の3分の1を過ぎたあたりにいます。
いやあ、よくここまで頑張ったと思う。
辛いことも、嫌なこともたくさんありましたけどね・・・自分で褒めてあげたいと思います。

そして、一番辛くて長い30代いっぱい続く坂道も、かなり上まで来ました。
まだまだ頂上を過ぎるまでは時間が必要ですけれど。
こうして、一歩一歩、小さくても前進していきたいと私は思っています。

シングルだから、どうしてもそうせざるをえないという理由もあります。
しかし、せっかく看護師という職についたのですから、看護師としてのフルマラソンを走り切ってみたいと思うのです。

あなたは今、どこに立っていますか?
ゴールに向かって、前進していますか?



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。