いつも全力投球?



看護師ノート推奨の転職サイト



普段はそこそこ・ほどほど、ここぞという時だけ全力投球

仕事のスタイルは、個人の自由

仕事をするスタイルは人それぞれ。
・バリバリに夜勤も救急もこなすタイプ
・平日の日勤だけ限定、子育てにも半分重きをおくタイプ
・午前中だけという完全子育て重視のタイプ

このどれがダメで、どれがいいとは言えません。
もちろん、病院側からしたらバリバリタイプが欲しいですけどね。
でも、自分が子育てしながら働く身では、それができるのって、下の条件が整わないとダメなんです。

➀超協力的な家族
➁健康
➂健全な子供(言い方は正しいかわかりませんが)
➃仕事に対するプライド
➄仕事へのモチベーション

この中の、どれが欠けてもバリバリには働けません。
私の知り合いでも、自分は働きたかったしICU経験も豊富で本当にデキる人でしたが、子供が情緒不安定になってしまったことで退職した先輩がいました。

私自身、慢性疾患を抱えているので、体調管理にはとても気を使っています。
睡眠は必ず7時間とりますし、それでも調子が悪くなったら早くにかかりつけ医に受診し、家事も最低限にしぼって、休みはひたすら寝て、省エネモードにします。
そのため、➁の条件を欠く私も、もう夜勤までやるバリバリナースにはなれません。

あなたの周りにいるパート勤務の半日だけ仕事をしている人も、このどれかが欠けているのではないでしょうか。
それが➀~➂ならば、他人から見ても比較的仕方ないなと思えるかもしれません。
でも、世の中には➃や➄の条件が欠けているため、欲しいお金の分だけ働く、というスタイルの人もいるのです。

以前私の職場にいた後輩は、子供のいないDINKS夫婦。
おしゃれが大好き、犬が自分の生きがいという彼女は、自分のお小遣いのためだけに働いていいました。
だから、あくせく働くのは嫌い。

34歳で子供もいなくて、時間にしばられることもないはずなのに、仕事は週3日しかしませんでした。
しまいには、嫌いな仕事は担当したくないと言うようになり、体調不良を理由に休みがちになり、遂には退職しました。

私と2歳しか違いません。
でも、彼女のこの生き方をダメと言う権利は私にはありません。
共感はできませんけれどね。
社会人として、1人の人間として。

少なくとも、私が34歳のときにはそんなふうに、好きに働いてお小遣いにするということのできる状況ではありませんでした。
シングルになっていたので、1人で子供を育てなくてはいけませんでしたから。
お金も時間も自由がなかった。

彼女の生き方が羨ましいか?と問われたら、羨ましくはありません。
だって、いい年して「旦那が働くから自分はお小遣いだけしよ~♪」って、まるで学生のバイトです。
しょっちゅう休んでいましたから、むしろ学生のバイトの方がマシかもしれません。

でも、それを否定することはできない。
働き方は、個人の自由だから。
そして、人生何に重きをおくか、どう考えるかも個人の自由だから。

そこそこ、ほどほどという言葉を知る

新人時代から、いいえ、遡ること学生時代からバイトと学業・運動と3足のわらじを履いて忙しかった私。
就職しても仕事仕事、仕事のためにプライベートの時間もいっぱい割いて勉強しました。
そして子供を生んでからは、仕事と家事と育児に追われていました。

そう、私は常に全力投球だったのです。
でも、私のような人ばかりではありません。
そして、私の価値観で周囲の働きぶりを見てしまうと、パート勤務の人や私よりも勤務時間の短い人達との人間関係に、摩擦が起きてしまいます。

実際に、私の言った言葉で人を傷つけてしまったこともあります。
病院側はバリバリ働く人、モチベーションの高い人が欲しい。
病院の望むような働きっぷりをしていない人を、私自身も認められなかった。
だから、正規職員なのに子供を理由にしょっちゅう休む・残業できないという人を許せなかったのです。

でも、それでは現場はまわりません。
そこそこ、ほどほどに働きたいと言う人も上手に使わなければ、看護師は足りないのです。

『そこそこ』『ほどほど』という考え方に出会ったのは、実は最近の出来事です。
ちょうど仕事のスタイルの違う人達との人間関係に悩んでいたとき、“そこそこ・ほどほどに生きよう”という趣旨の本を電子書籍で見つけたのです。
すぐにダウンロードして読みました。

確かに、常に全力投球していたら疲れてしまいます。
それが、私の体調不良を招いたいた原因かもしれません。
そして、職場内の関係をギスギスさせている原因でもあります。

かといって、いつも仕事をセーブしていて、ここぞという時に力を出せないのでは、いつ本領発揮するのでしょう?
急変時やトラブル発生時、繁忙時には120%の力を出し切れるようにしておきたいものです。

普段はそこそこ・ほどほど。
そして、ここぞという時にだけ全力投球。
そういう働き方ができたらいいな、と思うようになりました。
まだ模索中ですけれどね。

あなたは、自分の働くスタイルをどう考えますか?



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。