自分の働き方は、自分で決める



看護師ノート推奨の転職サイト



未来の働き方を考えよう -byちきりん-

働き方に、“正しい”はない

1つ前の記事で、家族年表を作成しようと提案させてもらいました。
実際、自分のご家庭の年表を作ってみましたか?

先を考えたら、どんどん不安になって来ちゃったよ・・・。
働くべきなのはわかっているけれど、どうしても子供をみてくれる人がいない。
そんな人もいることでしょう。

大切なことは、ただただ将来に対する不安を抱えることではありません。
自分の将来・未来を、自分で考えることなんですね。
そこで今日は、働き方の多様性について書かれている、こちらの本をオススメします。

未来の働き方を考えよう ちきりん

著者のちきりんさんは、バブル期に証券会社に就職し、その後アメリカ留学を経て外資系企業へ転職。
2010年にはその職も辞し、「楽しいことだけして暮らす」を実践中。
現在はブログや文筆業で暮らしているそうです。

うらやましいですねぇ。
でも、ちきりんさん曰く、もともとお金があったわけでも、特別な力があったわけでもなかったそうです。
「やりたいこと」があったから、世の中の一般的な働き方のラインから外れただけというのです。

そして、著書の中で
ワークラフバランスとは、
・人生のどの期間に、
・仕事と家庭と個人の趣味のどれに、
・どの程度ずつ時間を割り当てるのか
ということを、本人が決められることである 

と述べています。

そう。
だから、今は家事と育児に専念しているという人も、早めに子育てを終了して、40代半ばで勤め始める・・・。
それだって、充分アリなのです。

これから年金の支給開始年齢は、65歳ではとどまらず、70歳になったっておかしくありません。
45歳から仕事を初めても、25年のキャリアになります。
もちろん、若いとき程の柔軟性や体力はないかもしれませんが、それまで培ってきた社会性(コミュニケーション力など)を活かすことができるという意味では、“ゆとり世代”の若い看護師よりもいい仕事ができるかもしれません。

ただ、私達の仕事というのは専門職。
無資格で働ける介護やクラークという立場ではありません。
ですから、いくら40代半ばで復帰するにしても、完全にキャリアを途絶えさせない方がベターですよ、と私は提案しているのです。

自分が本格的に働くのは、45歳からだ!!
そう思うのであれば、子育て期の10年なり15年は、週2~3日の午前だけ・・・という働き方だっていいと思いませんか?
それで得られるお金は、あなたのお小遣いや家族のレジャーにしたっていいでしょう。

逆に、早い時期に頑張って働いてお金を貯めて、早くリタイアする!
これも1つの選択です。

私のキャリアプラン、こんなのもアリ!?

私自身のキャリアプランについて、もう一度考えてみますね。
一応家族年表上では51歳の年までは子供の教育費がかかるので、フルタイムで働かないとかな・・・とは思っています。
でも、早めにお金を貯めて、一定額以上は子供自身で奨学金を借りる・バイトで稼ぐなどして通ってもらうことにする。
そうすれば、51歳でなくて、40代のうちに仕事をセーブすることができるかもしれません。

ちきりんさんも著作の中で提案しているのですが、働く時期をいくつかに分けるという方法はアリなのです。
頑張ってお金を貯めたあと、1年間好きなことをする。
その間に別の仕事に就いてみるのもいい。
子供が小学校の高学年か、中学のときにこれをしてもいいかも・・・なんて思っていたりもします。

もちろん、キャリアが分断されれば、その分基本給や退職金、将来の年金額にも影響してきます。
しかし、「働きながら、自分もやりたいことをする」という両方をかなえることができます。

私はランニングが好きなのですが、どうしても11月の大会は調整不足のまま出場していて、悔しい年が続いています。
10月からのインフルエンザワクチン接種のため、仕事が忙しくて走る時間がとれないのです。
体調も、寒くなってくる季節でもあり崩し気味。
そして、「もっと走りこまなきゃダメだー」と毎年反省を繰り返すのです。

仕事は続けるけれど、働く時間を短くして、趣味(ランニングや自転車、読書)の時間を確保する。
そして、しっかり手をかけた栄養バランスのとれた食事を作って、毎日十分な休養をとる。
労働時間が減って足りない分の収入は、別の方法で稼ぐ。

これも、私ができないかなぁと模索しているワークライフバランスです。

とりあえず家族年表を作ってみて、このまま行くと一般的なコースとしては、子供が大学を卒業する51歳まではフルタイム勤務。
その後もおひとりさまで暮らしていくため(子供の世話にならないように)、老後資金を貯めるために働く。
こうなるわけですが。

自分でこれからの働き方を本気で考えていくと、いろいろな選択肢の出てくることが解ります。
40代半ばでセミリタイアしつつも、給料は確保したい・・・と思うのならば、それだけの付加価値を自分につけておかなければ、いい給料はもらえません。
そのために、これからの10年間はしっかり勉強して得意分野を作るといった戦略・キャリアプランも出てくるかもしれません。

ただ漠然と、(教育資金と住宅ローンにお金がかかるから、いつかは働かないと・・・。)
と思っていると、ブランクが長いことに不安を抱いたりして、せっかく子供と一緒にいられるのに、精神衛生上よくありませんね。

自分の将来、それには何が必要なのか。
“正解”はありません。
じっくり、ゆっくり、いろいろな角度から、自由に考えてみてくださいね。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。