目標は、なぜ必要?



看護師ノート推奨の転職サイト



目標を立てよう PART2

なぜ目標を立てる必要があるのか?

一つ前の記事で、職場だけでなく、私生活でも年間目標を立てることをオススメしました。
私は毎年、大晦日の日に1年を振り返りながら翌年の目標を立てています。

なぜ言われもしないのに、個人目標を立てるのでしょうか?
それは、
時間を無駄にしたくないから。
看護師として・親として・人として成長をしたいから。

今年という1年は、1回しかありません。
今日という1日も、1回しかありません。

私達看護師は、仕事もストレスフルな上に、家事・育児をこなしていくと、働いていることだけで十分ではないかと思ってしまいます。
でも、50歳・60歳になったとき、「ただ仕事と家事・育児に追われて終わってしまった・・・」という後悔をしたくないんですよ。

子供を育てるというのは、それだけでもとても難しい課題です。
生活のためのお金を稼ぐことだって、10年・20年と続けていくことはとても大変な労力です。

けれども、それだけで終わってしまっては、人としての成長は止まってしまうのではないでしょうか?
どうせ1日を過ごすのなら、充実感のある1日を過ごしたいと思いませんか?

私の場合、シングルなので専業主婦になるということは100%ありません。
でも、(生活のためだから仕方ない・・・。)と働くのと、
(今年は〇〇をやりきってみせる!!)と主体的に働くのでは大きな違いです。
まず、充実感が違います。

それに、ガツガツ働くというのは、疲れてしまいます。
まだ職業人生は30年近くあります。
でも、今年これだけやりきろうと思えば、果てしなく頑張らなければ・・・というむなしさ、うつうつとした気分を抱えずに済みます。

それに、人生におけるリスク管理にもなります。
私達は健康でなければ働き続けられません。
健康でなければ、生活に困窮します。
健康でなければ、子供に迷惑をかけてしまいます。

だからこそ、健康管理はキャリアを積むのと並行して私の重要な課題と認識しています。
上の目標管理の図でみてもわかる通り、健康から順に目標をたてているでしょう?

生命保険で「もしも」に備えることも必要ですが。
自分の日々の努力で備えることができることもあるのです。
自分のキャリアプランを立てて目標をもって生活することは、生命保険以上のリスク管理になります。

防ぐことのできない病気も、確かにあります。
しかし、少なくとも生活習慣病に起因する病気は予防することはできますよね。

私は、糖尿病になる気がしません。
毎日1時間自転車に乗っているし(通勤のため)、ランニングもしているので。
健康目標を掲げているので、大好きなスイーツも、自分で兼ね合いをみて食べています。

私だって、怠けたくなることもあります。
疲れた・・・(*´Д`)
もう何にもしたくなーい!
そういう日もあります。

自分自身を放っておいたら、おいしいものをたくさん食べてぶくぶく太ったり、不規則な生活をして体調管理ができなくなってしまうでしょう。
仕事と家事・育児だけで、1年「これをやりきった!」ということなく終わってしまうでしょう。

自分は強い人間じゃない。
それがわかっているから、目標を立てて、具体的な行動の計画も立てるのです。

時には振り返りを

私の場合、年間目標は大晦日の日に立てます。
そんなことができるくらい、大掃除を終わらせて落ち着いた大晦日にすることも、ある意味目標です。

そして、1年前の大晦日に立てたその年の目標と現状を比べて、達成したかどうか振り返ります。
それを踏まえて翌年の目標を立てます。
翌年の目標は、今年達成できなかったことにすることもあれば、新たなものに挑戦することもあります。

Excelで作成していくと、各年1枚のシートで保存できるので、自分の成長過程をみることができますよ。
数年前のものを見返すと、「私って成長したなぁ」って実感します。
今では当たり前にできることが、その時はあえて目標に掲げてあったりして。

そして大切なのは、大晦日だけに振り返らず、適宜見直しをすること。
何か月に1回と決めてもよいし、何かだらけているなあって感じたときでもいいですね。

ああ、そろそろこれに取り掛からなくちゃ~ってなります。
時には、ヤバッ!やってなかったー!!と気づくこともあります。

でも、こうして毎年私は具体的な目標を立てることで、自分に負けない自信もついて来ました。
1年なんて、あっという間。
あなたも、1年を大切に過ごすために、目標を立ててみませんか?



看護のお仕事