上司に信頼されるのは、どんなメンバー?



看護師ノート推奨の転職サイト



上司が求める人材は?

こちらの記事で、一般社員で終わる人と管理職まで昇る人の差は、問題意識をもって「考える」ことをする人であるとお伝えしました。

では、考えたり新しい取り組みを始めるのは、管理職である師長や部長達、上の人間だけでよいのでしょうか?
もちろん、そんなはずはありませんね。

私達は専門職。
そして、命を預かる仕事です。
ただルーティンワークをこなだけで務まる職業ではありません。

患者さんの状態は、その日・その時で違います。
機械と同じように、全く同じことを繰り返していてはいけません。
場合によっては、事故につながります。

何をするにしても、機転をきかせたり先を読む力というのは、私達専門職はとくに必要。
医療職でなくたって、どの職種でもビジネスパーソンなら必要なスキルです。

けれども、これがなかなか身に付いていない人が多いのには驚かされます。
身に付いていないというより、必要性を感じていないのです。
周囲が「まったくもう、あの人は!!」と思っていても、別に平気。
だから、悪い意味で「我が道を行く」のです。

看護師なら、部署の長は師長ですね。
師長の上には部長やら科長やら技監やらいるわけですが。
常に自分が何を求められているのか気づかなければ、上司の求める部下にはなれません。

上司にごまをすれと言っているのではありませんから、誤解しないでくださいね。
師長が本来の師長の役目を果たすためには、主任以下メンバーが、自分達の仕事を確実にこなしてくれないと困るわけです。

ちょっとした確認不足から大きな事故に発展する・・・そんなことが、身近に起こり得るのが私達医療従事者。
しかし、それをメンバー1人1人が「これをしたらどうなるだろうか?」「これはいつかミスが起こりそうから、早急に手をうたないと」と気がついて、上に情報を流す必要があるのです。

管理職である師長は、細々とした日常の業務を担当することはないかもしれません。
だからこそ、メンバーがしっかり部署を守る意識が必要で、現状を師長へ報告しなければならないのです。

もし何か大きな問題が起こった時、それに対処するのが管理職の役目です。
ですから、何か問題があった時にメンバー個人に責任を押しつけて逃げるようでは、管理職としては失格ですよね。
(私は管理職ではありませんが・・・。)

日頃から自分の頭で考えて行動する。
自分の持ち場(担当、部署)は自分で守る。
そういう姿勢で働くことのできる人材を育てるのが、師長の下につく者の役目。

私はそのような指導的立場にありつつ、年齢的にはメンバーの中で実は下から2番目なので微妙なのですが。
一人一人の看護師としてのレベルをあげられるようにしていかなければ、とは思っています。
ただ、年上の人に物申すというのは、なかなか難しいのですけれど。

いくら年を重ねても、自分で考えられない人もいる

私よりも10歳年上だって、20歳年上の超ベテランだって、自分で考えるスキルの身についていない人は大勢います。
特にパートのスタッフに、その傾向が顕著ですね。

「○○って電話なんだけど、どうする?」
「○○って言ってる人が受付にいるんだけど、どうする?」
「今から入院だって言うんだけど、どうする?」

こういう具合です。
こちらの記事でお伝えした時の、管理職になる人の思考回路は、どうだったでしょうか?
少し振り返ってみましょう。

問題が起こってからではなくて、未然に防ぐためにどうするか。
現状を打開するには、どう改善したらよいか。
急なスタッフの欠員に、どう対処するか。
上層部からの無茶振りに、どう対処するか。
制度改正に、どう対応するか。

でしたね。
・・・全く逆です。

そう、あまりにもメンバーの中にこの「どうする」を他人に任せてしまい、自分で考えることや責任を負うことを放棄する人が多いのです。
私の職場にも、こういうタイプの看護師が何人かいます。

この手のタイプが2人以上集まると、とにかくフットワークが悪い。
自分から動き出そうとする人がいないから、本当はどうするべきかわかっていても、相手が出るのを待っている。

そうなると、仕事はまわりません。
本来ならその人数でまわせるはずのことが、対応できなくなります。
重症者への対応が遅れてしまうこともあります。

とても任せていられませんね。
そして、師長がキリキリ・イライラするわけです。

師長はキリキリ・イライラ。
メンバーは動かない。
こんな職場では困りますね。

私は間に入る人間なので、もう考えることを放棄している人には、指示を出してしまいます。
60歳近い人にこれから考えろといっても、正直もう身につかないから。
そして、その人達は20歳以上も若い私に指示されても別に頭にもこないのです。

ただし、私と似たような年齢や少し上かなという程度の人なら、はっきり言うこともあります。
緊急時にはそんなことは言っていられませんし、できることをできる人のやってもらうしかないので、バンバン指示を出してしまいますが。

普段できないことが、緊急時にできるはずありません。
ですから、時間的余裕もあるという時にも、当然のように「どうします?」と聞いて来た場合には注意します。
年上でも。
「自分で考えてください。考えることも、看護師の仕事です。」

何度言ったでしょうかねぇ、このセリフ・・・。
でも、やはりこういう思考の人を変えることは難しくて。
無理なのかなとも最近思って来ています。

管理職は、部署全体のことを考えます。
しかし、現場のことを考えて守るのは、メンバーの役目。
決して誰かがやってくれると思っていてはダメ。

あなたはどんなタイプでしょう?
ただの指示待ちメンバーでしょうか。
それとも、上司が信頼できるメンバーでしょうか。
この人にそばにいて欲しい、と思われる人材でしょうか。