日本語って、難しいですよね・・・。



看護師ノート推奨の転職サイト



語彙力は、その人の教養を表す

現代人は、大人も日本語を使えない?

私は高校卒業後、専門学校を卒業して公立病院に就職しました。
最初は大学進学のつもりだったので、高校は理系を選択していました。

通っていた高校では、2年生から完全に理系と文系に分かれるのですが、理系を選択してしまうと、古文や漢文が2年生以降ありませんし、現代文の授業も少なくなります。
また、日本史を習うこともありません。

そのまま専門学校に入学してしまった私は、一般教養が少ないと自分で自覚しています。
かといって、今から子供も抱えてシングルの状態で、一般教養を身に付けるために大学進学をすることも難しい。

大人になってから意識して勉強もしてこなかったので、一般教養の低さは私のコンプレックスでもあるのです。

自分でもわかっているんですよ。
私は本を読むのが好きですが、それでも読んでいる本が“軽い”と。
読みやすく書かれた新書は読みますが、どうしても堅苦しい本は手を出そうという気にならない。

初めて司馬遼太郎さんの本を読んだ時には、読めない漢字がそこらじゅうに出てくるし、使い慣れない言葉も出てくるしで、全然進みませんでした。
それでさえ少ない時間をやりくりしての読書タイムなので、「もう好きな本だけを読もう!」と開き直ってしまいました。
結局「坂の上の雲」は2巻で挫折。

パソコンに慣れてしまうと、文字を書くことも減ります。
だから、漢字を忘れてしまう。
字も下手になる。(書道を7年やっていたのにも関わらず・・・。)

使う言葉は、その人がどんな人間かを表します。
もっと教養を身につけなくてはいけないなあ・・・そんなことを自覚する、今日この頃です。
そこで、私はネットで「教養」の本を検索してみました。

たいてい新しい本から出て来るのですが、まず最初に気になったのは、
人生を面白くする 本物の教養 出口治明著

そして、「これを買った人は、こちらの本も買っていますよ」と関連書籍に出てきたのが、
語彙力こそが教養である 斎藤孝著
教養力         斎藤孝著

斎藤孝さんの本は、とても読みやすく、かつ結構辛辣なことが書いてあったりします。
本当に、先生に「もっと勉強しなさい」と言われている気分になります。

そこで、まずこの語彙力こそが教養であるを購入して読むことにしました。
読み始めてそうそう、読めない漢字は出てくるわ(わざと使っているのですね)、こんな慣用句知らないヨ・・・と、情けなくなることしきり。

もっと教養の身につく読み物を読まなければいけないなあ、と実感させられたのです。
斎藤孝さんの本には、たいていお勧めの本が紹介されていますので、何から手をつけてよいかわからない人には有難いです。

2016年も、もうあっという間に10日が経とうとしています。
今年の目標には、もう少し語彙力を増やすことを付け加えなくてはいけません。

とりあえず、電子書籍にダウンロードした上の3冊を読んだあとは、岩波少年文庫や本の中で紹介されていたドストエフスキーにかかろうと思います。
岩波少年文庫は、子供用とあなどってはいけません。
ジブリでアニメ化されたアリエッティの原作や、映画になったホビットもあります。

語彙力が低い人の口癖は?

さて、自分の語彙力の低さにげんなりした私ですが。
周りを見回してみれば、私レベルの人間なんてたくさんいます。
悲しいことに、もっとひどい人もたくさんいます。
語彙力こそが教養であるの中でも述べられていますが、現在の日本人は大人でも語彙が少なすぎるのだそうです。
だからこそ、1つの言葉でたくさんの意味を伝えられる便利な言葉を使いがち。

この言葉、口癖になっていない?

・ヤバい
・まずい
・マジ

ドキッとしましたか?
私の職場には、これらが頻繁に出るスタッフが何人かいます。

患者さんと話しているときには注意しているのでしょうけれど、私達スタッフ間で話すときには普通に出てしまいます。
咄嗟のときには出てしまうのものなのです。

「あの患者さん、ヤバくない↺?」
語尾もなぜか上がる。
30歳を過ぎた大人が使うのは、とても品がいいとは言えませんよね。

皆子供がいるのですが、子供の前でこのような言葉遣いをしていれば、子供も正しい日本語を話すことはできなくなってしまうでしょう。

私自身、正しい日本語を使っているとは言えません。
けれども、自分の語彙力の低さを自覚はしていますよ・・・。

だから、本を読む。
自分の発する言葉に気を付ける。
自覚していれば、注意もできるし向上することもできるのです。

あなたはどんな大人でいたいでしょうか?
正しい日本語を使える、教養のある看護師でいたいと思いますよね。

それならば、今すぐにでも行動しましょう。
何か一冊、手にとってみませんか?



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。