看護師は、違う職種に潰しがきく



看護師ノート推奨の転職サイト



看護師は、辞めても潰しの利く職業

看護師の届け出制度が開始! ~潜在看護師の復帰に向けて~

現代の女性は、社会進出を果たしてきたとは言っても、まだまだ出産・子育て・介護で仕事をセーブする時期があります。

看護師の仕事はとてもやりがいがあるし、常に勉強し続けなければ日進月歩する医療についていけません。
しかし、そうなると家事・育児と両立するのも難しい・・・。
そんな理由から、看護師の免許を取得していても仕事をしていない「潜在看護師」が大変多いのです。

もし働くなら、看護師として働きたい。
でも、看護師の仕事に復帰するには相当高いハードルを越えなくてはならないし・・・そう思うと、復帰をためらってしまいがち。

そんな潜在看護師に医療現場に戻ってもらおうと働きかけているのが、看護協会。
潜在看護師の届け出制度
こちらにもある通り、2015年から潜在看護師の数を把握するための届け出制度が始まりました。

これは、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」(人確法)の改正により開始されたもので、今の職場を退職する際には、看護協会に届け出ることが努力義務とされたのです。
強制的ではありませんし、既に5年・10年のブランクを抱えている潜在看護師もいますから、なかなか完全把握までの道のりは遠いと思いますけれど。

もし看護師を辞めたら・・・?

しかし、今の職場を辞めたあとは、もうのんびりしたいよ・・・。
そんな人だって、現実にはいると思います。

では、その人達が子育てがひと段落して、また社会復帰を果たそうと思ったら、看護師の道しかないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

看護師というのは、確かに国家資格ですから給料も一般事務より高い。
同じ時間働くのなら、看護師として働く方が断然時給だって月給だって高いために看護師として復帰する人が多いのです。
別に、時給が低くたっていいという人ならば、他の仕事をしたっていいのです。

私が看護学校に通っている頃、コンビニのバイト先に看護師・助産師の資格を持っている人がいました。
ここまで資格を持っているのに、早朝(6時から9時)コンビニのバイトです。

少しでもお金を稼ぎたい、でも子供を長時間預けられない。
医療の現場に復帰するのは、ハードルが高い。
そんなことを言っていたように思います。

その時には看護師を目指していた立場の私ですから、看護学校に通って試験に受かってまでコンビニなんて・・・と、理解に苦しみました。
しかし、今になるとその気持ち、わかる気がします。

家事と育児をしながら責任の重い仕事をこなそうとすると、心身ともに疲れ切ってしまいます。
周囲に子育てや家事を強力してくれる人がいない場合は、なおのこと。
コンビニのバイトは高校生だってできる仕事ですが、それでも家で子供につきっきりでこもっているのとは大違いです。

そもそも看護師は、責任も重いし、勉強も必要だし、汚れ仕事もあるしと、生半可な気持ちで務まる仕事ではありません。
独身の時だけだったとしても、看護師として5年働くことができる人はそれだけ忍耐力があります。
ですから、どんな仕事にも適応できるでしょう。

看護師として就職して1年もせずに退職してしまう人は、やはりここの踏ん張りどころがないので、どこに転職しても繰り返してしまう可能性があります。
しかし、どんなにキツイ職場でも年単位で働くことができた人は、根性もあります。
適応能力もあるってことです。

何より、看護師の仕事内容からして、観察力・洞察力・コミュニケーション力といった、他の職種にも必要なスキルは身についているハズなんです。
応用すれば、いろんな仕事にも就けます。

看護師の最大のメリットは?

看護師というのは、大変な仕事です。
ですから、もし「医療の現場ってしんどいな・・・」と思ったら。
少しの間、医療現場から離れて違う仕事をしたっていいと思います。
もしかしたら、そちらの方が適していて、活路を見出すことができるかもしれません。

一般事務の仕事をしているお局様が転職しても、それまでのスキルは活かせないことが多いです。
事務職というのはその会社独自のものが多くて、なかなか同じ内容の仕事にありつけないものなんですね。
そうなると、いくら今までお局様だろうと、転職した先では「使えないおばさん」となってしまう可能性もあるのです。

その点、看護師は大変な仕事が故に、事務職への転職も、接客業への転職も、そこそここなせると思います。
仮にコンビニや飲食店で働くにしたって観察力やコミュニケーション力、接遇は必要です。
事務作業をするにしても、看護師の仕事だって記録や看護計画・各種書類処理がありましたからね、全くムリ―!!ってことはないでしょう。

これが、実は一番の看護師のメリットかもしれませんね。
働きたい人は、看護師としてガンガン稼ぐことができる。
現場を離れたい人も、看護師として働いて身に付いたスキルを、他の仕事に活かせる。

もちろん、私だって看護師ですから、現場で働く仲間が増える方が嬉しいですよ。
でも、もし看護師としての仕事から少し離れたいと思っても、大丈夫。
看護師って、どうとでも潰しの利く職業なんですね。

私自身、もし身体がどうしてもしんどくなったら、違う職業に転向するかもしれません。
でも、本当にもうダメ!!という時が来るまでは、できる限り看護師であり続けたいと思います。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。