ママナースは、いつ休むかわからない!



看護師ノート推奨の転職サイト



いつ休むかわからない!ママナースは常に早めの対応を

子供がインフルエンザで10日休みます・・・。

看護師に限らず言えることですけれど、働くお母さんというのは仕事だけに専念できないのが難しいところです。
男性なら、子供の体調不良や学校行事で仕事を調整するって人は、あまりいませんよね?

学校行事の重なる年度末・年度始め、学期末の面接、授業参観・・・等々、学校行事だけでも仕事を休まざるをえないことはたくさんあります。
加えて、子供の体調不良やインフルエンザによる学級閉鎖といったことでも、予定外に休まざるをえないこともあります。

私の職場は、近所の奥様達がたくさん勤めています。
ということは、子供の学校が一緒。
学年も一緒のこともよくあります。

そうなると困るのが、まず学校行事が重なること。
まあこれは年間予定である程度把握できるし、毎年のことですけれど。

それ以上に困るのが病気です。
感染性胃腸炎が流行り出すと、あっという間に広がります。
つまり、子供が同時に罹るので、休みも重なるのです。

ある朝急に嘔吐して発症・・・治癒するまで登校停止です。
保育園・幼稚園でも同様に、登園停止になります。
普通に食事が摂れて、普通の便も出てとなると、1日や2日では済みません。

インフルエンザシーズンになるともっと大変。
インフルエンザの場合、「発症から5日、かつ解熱後2日」の条件を満たさなければ登校できません。
つまり、最低でも5日は学校を休むことが決定しています。

更に、時間差で兄弟まで罹ったら・・・?
10日間仕事に出て来られない人もいます。

我が家は、子供の学校行事は私が出席します。
体調不良に関しては、実家の母と隣の家に住む姉にお願いして、基本的に仕事を休むことはありません。

子供を預けられない人や、誰かに預けてまで働こうと思わない人は、「子供が学校に行けない=自分も休み」となります。
インフルエンザの場合、長い人では10日にも及びます。
土日休みのパートさんは、月20日のうちで10日しか出てこないという月もあるのです。
(それについてはこちらを読んでみてくださいね)

その日のことはその日のうちに、が基本

こんな具合で、ママナースはいつ急な休みをもらうことになるかわかりません。
そんなとき、現場は欠員の状態です。
出勤している人達は、通常よりも忙しくなることが必至。

そこに加えて、
・転院する患者さんのサマリーがまだできてない
・転病棟する患者さんの看護計画の見直しができていない
・委員会に提出する資料等を作成していない
・出勤簿のチェックをしていない
・予約入院の段取りができていない
・紹介状の作成と処理が済んでいない

こんなことがあると、残った人はキーッ!!ですね。
それでさえいつもより何割か増しの仕事をしている上に、転院当日になってサマリーができていないことに気づくなんて・・・。
「退院の話が出たら作っとけよ!!」となりますね。

予定外の休みを(しかも急な)いつもらうことになるかわからないのが、ママナース。
今後必要だとわかっていることは、常に早め早めにこなしておきたいもの。
とくに、自分でなくてはわからないものや、途中まで手を出しているものに関しては、できるだけその日のうちに処理しておきましょう。

私の場合、子供の都合で2日続けて休むことはありません。
子供が生後8か月で仕事復帰して以来8年間、子供がらみの休みは単発でしかとっていません。

けれども、私は自分自身が体調を崩して休むことがあります。
元気な時は人一倍の運動量をこなすのですが(ランニングもしているし、ロードバイクにも乗ります)、ひとたび感染症に罹るともうダメ。
先日は、インフルエンザに別の風邪と中耳炎が重なり、5日間39℃の熱が出っぱなしでした。
熱が下がってもすぐに1日仕事には出られず、結局7日間の休みと2日間の半日休みをもらい、ようやくもとの仕事のペースに戻すことができました。

自分の体調の場合は(そろそろまずいな・・・)とわかります。
そうなったら、私は抱えている患者さんのことは極力済ませて帰ります。
翌日出勤できないかもしれないから。

そして、委員会に提出するものや、個人に割り振られている課題・提出物も早めに片づけます。
もっというと、体調のいい時に片付けるようにしています。

私は今年、自分の部署内の研究発表をすることが決まっていました。
毎年2月中旬までに論文や抄録を提出し、2月下旬に発表があります。
今年はなかなかその要綱が届かなかったのですが、発表時期は決まっています。
ですから、1月のうちに研究をまとめ上げて、論文も抄録もパワポでの発表原稿も作成しておきました。

そうして1月末から2月頭にかけて体調不良で約2週間、まともに働くことができませんでした。
そして、復帰したらすぐに提出の要綱が届きました。
しかも、教育委員の人から「明後日出してください」と。

やっといてよかった~ ホッ(*´ω`)
書式を指定のものにそろえるだけで済みましたから、あわてて復帰後に時間外で残ってやるとか、自宅に持ち帰るとかせずに済みました。
早め早めの対応が、功を奏したのです。

私のように、自分の体調不良で休む場合は、誰にも替わりができません。
子供がインフルエンザや感染性胃腸炎にかかったら、付きっ切りでお世話をしているあなたも感染する可能性は十分あります。

働くお母さんは、こういった事態にいつ陥るかわかりません。
だからこそ、その日の仕事はその日のうちに、常に早めの対応を心がけておきましょう。