自分の居場所は、どこ?



看護師ノート推奨の転職サイト



職場が“居場所”では、寂しいと思いません?

子供から手が離れたら、何をしたらいい?

小さいうちには、全く離れていることができないくらいにべったりしていた我が子。
成長するに連れ、親は親、子は子の生活を送るようになります。

その第一段階が、中学入学でしょうか?
中学に入学して、土日も部活に行くようになると、子供は学校・部活での生活がほとんど。
親子の時間はガクンと減ります。

子供と過ごす時間が減ったお母さん達は、何をしているのでしょうか?
私自身は、まだ子供が小学校1年生なので、離れるといっても細切れの時間しかできません。

学校で友達と遊んで来る
習い事に行く
子供がこれらで家をあける時間しか、たいていのお母さんには土日も自分の時間がとれません。

我が家はとなりの姉の家に転がり込んで、姪っ子に遊んでもらったり一緒に出掛けることがあるので、もう少し私が一人になる時間はとれますが。
それでも、やりたいことが多すぎて、足りません。

それまで手がかかっていたからこそ、手が離れたら何をしたらいいんだろう・・・?
そんなお母さんもいます。
そこで初めて仕事復帰を考える人もいるでしょう。

子供が小さいうちはママ友というコミュニティに属していたけれど、子供が子供同士で出かけるようになれば、親が出ていくことはまずありません。

そうなると、自分の“居場所”を求めるようになります。
仕事を始めると、今までなかった“職場”というコミュニティができるのです。
仕事というのは、ただお金を稼ぐ場所ではないんですね。

生活費や教育費を稼ぐため
やりがいを求めるため

こんな風に堅苦しく考えなくても、自分の居場所を作る・コミュニティを作る、「知り合いを増やす」という感覚で仕事をするっていうのも、アリだと思います。

家でのんびりすごしているよりも、よっぽど社会の役に立ちます。
自分で好きに使っていいお金を稼ぐこともできます。
ただ家族のご飯を作って、掃除・洗濯をするだけの存在ではないんだ・・・って実感できます。

土日も職場にいたくなるのは寂しい証拠

同じ部署の人ではありませんが、私の勤務する病院に、Uさんという看護師がいます。
Uさんは、男の子2人を女手1つで育てました。
50歳を過ぎ、子供が2人とも就職すると、帰りは遅くなりました。
家にいることも減り、休日も自分の生活を送るため食事時でも家族がそろわない・・・そんな生活になりました。

小学校から部活のある中学校に上がるときに大きな変化があるように、高校卒業から社会人・大学進学というのは、やはり大きな変化があるものです。
そんな時、子供はどんどん新しい環境に適応しますが、親はなかなかできません。

Uさんも、子供の手が完全に離れてしまうと、“居場所”を求めるようになりました。
もともとオペ室勤務ということもあり、広く浅くの人付き合いは院内にありますが、深く接することはありません。
オペ室は、オペがなければ人は集まりません。

そこでOさんは、リハビリや外来、オペを担当した病棟患者さん・・・いろいろなところに顔を出すようになりました。
オペのない時は外来の手伝いをするようになり、時間外に受診する患者のさんの受け入れを手伝うようにもなりました。

時間外だけでなく、休日も病院に出入りしているそうです。
当院は小さな病院なので、休日に緊急オペなんてありません。
つまり、呼ばれていなくても病院に来てしまうのですね。
それは、家に一人でいても寂しいからではないでしょうか。

外来は、まだまだ子育て世代のスタッフばかり。
みんな早く帰りたいし、そもそも定時まで残る看護師ばかりではありません。
パート勤務もいますし、正規でも残れない人は、定時で帰ってしまいます。

だからこそ、遅くまで残っていいよ・土曜日も働けるよという人の存在は、とても助かります。
助かるのですが・・・私自身は、そうなりたいとは思いません。
私がUさんの年になるまで、あと16年あります。
けれども、「子供が巣立ったら、自分には仕事しかない」という暮らしはしたくないなあという気持ちもします。

16年後は、私の子供も大学を卒業して社会人になっている年齢です。
その時、休日や夜間まで仕事をして、職場に自分の“居場所”を求めるのは、寂しいなあと思うのです。

30代・40代を仕事・家事・育児に追われて過ごしたのだから、50代・60代は仕事・家事・趣味(生きがい)に生きたいと。
今私の趣味というと、ランニング・読書・最近始めたロードバイクです。
・・・あ、今でも十分好きなことやってますね (*´ω`)
これらは身体づくりのためや教養を身につけるためもありますが、50歳になっても60歳になっても、趣味として続けることができます。

これからの時代、年金支給開始年齢は延長されて、1人の人が働く時間は長くなります。
私達親世代のように、リタイヤしてからやりたいことをやる・・・というのが、どんどん難しくなって来ます。
だからこそ、50代からは仕事もしながら自分の好きなことをしたい、と思うのです。

仕事に居場所を求めるのが悪いとはいいません。
実際、子供が巣立った後のほうが、女性はフルで働くことができます。
ただ、私は個人的に、仕事にたくさんのものを求めすぎないようにしています。

仕事は、あくまでも仕事です。
確かに、1つのコミュニティでもあるし、社会常識や忍耐・それに教養も身につきます。
もちろん、対価としてお金(給料)をもらえます。

でもね、そこに生きがいや居場所まで求めてしまうと、仕事から離れた時に「自分は何者でもない存在」になってしまわないでしょうか?
仕事をしているうちはいいですが、定年を迎えたら今度はどこに居場所を求めればよいのでしょうか。

若いうちから自分というものをもっていたいと、思いませんか?



看護のお仕事