見ている人は、意外なところに



看護師ノート推奨の転職サイト



評価してくれる人は、意外な人物だった

こわーいあの人から、まさかの指名!?

こちらの記事で、私の怒りのポイントの一つが、自分の働きを評価されない時とお伝えしましたね。
また、こちらでは社会人になってから看護師になった経験年数5年未満、時短勤務で口先のうまい人が、昇格候補にあげられた話をしました。

こんな風に、ええ!?って言う人が評価されたり、逆に影で頑張っているのに自分が評価されないと、人間くさりたくもなります。
でも、社会人として・1人の人間として品のない行動や、誰かの働きで自分の働き方を変えるなんて、私はしたくない。
コツコツ、自分がやるべきことをこなすだけサ・・・と言い聞かせていました。

自分の直属の上司が、私がええ!?と思う人を昇格させようとしているのですから、私の働きは誰が見てくれるのでしょう?
いたんですね、見ていてくれる人が。

ある病棟に、とても怖くて厳しい師長がいます。
入院を上げに外来から行くと、皆何かしら言われて、へこんで帰ってきます。
私だって言われます。
キーッとなることだってあります。

ところがその師長、新年度の委員会でなんと私を副委員長に指名してきたのです。
私より役職的には上の人だっています。
パパッと仕事をこなしていく師長ですから、自分の右腕とする人に使えないヤツを配置するはずがありません。
彼女が私の何をもって使えるヤツと判断したのかはわかりません。
もしかしたら、パソコンでささっと報告書を作れるから・・・それだけかもしれません。

でも、それだとしても、仕事に厳しい師長からわざわざ指名を受けたということは、私の中で少し自信になりました。
私の仕事ぶり(の何を評価したかはおいておいて)を見ていてくれる人がいるのだということを。

後日、師長からも直接依頼を受けました。
依頼といっても、もう業務命令で委員会の副委員長になったのだから、嫌とは言えないのですけれどね。

「〇〇さんさ、いつもきっちり仕事するから、私の手伝いして欲しいのよ。
私が夜勤とか休みでいないときに何かあった場合、〇〇さんに任せたいんだよね。」

こわーいこわーい師長さんですよ。
時には「何でこんなこと言われなきゃいけないんだ!」と頭に来ることもあります。
でもね、そんな師長が私をそんなふうに思っていてくれているとは思いませんでしたよ。

こちらで紹介した私の先輩。
私よりも役職としては上です。
それでも彼女は選ばれなかった。

私は役職だって先輩より下だし、医師のお気に入りでもない。
患者さんから「キレイな看護師さんだね」と言われることもない。
それでも、私は仕事ができる師長に一緒に仕事をやろうと言われたことの方が、嬉しかった。

見た目ではなくて、口のうまさではなくて、本当に仕事の内容を見ていてくれる人って、いるものなんですね。
それは、直接の上司ではないかもしれません。
いつも、自分のできることを、手を抜かずにやる。

私がやったことなのに、自分の手柄のように報告されたりして腹が立つこともあります。
損な性格だなと思うこともあります。
でも、その姿勢を貫いてきてよかったなぁと思いました。

本当の意味で大変なのは、これからです。
期待に沿えるだけの仕事を、質もスピードもこなさなければなりません。
時には残業になるかもしれないし、ひょっとすると師長の持っている資格を私も取得するうように言われるかもしれません。
でも、それならそれで、期待に応えてみようかなと思っています。

あなたのことも、意外なところに評価してくれる人がいるかもしれませんよ・・・。