お礼奉公が終わったあとのキャリアプラン、立ってる?



看護師ノート推奨の転職サイト



「お礼奉公」後のキャリアプラン

お礼奉公って、ほんとに守らなきゃだめ?

看護の世界では、看護学生の時に奨学金が出たり授業料免除がある代わりに、就職したら3年は辞めるなよ・・・という、お礼奉公のルールがありますね。
お礼奉公って、本当にみんな守るもの?3年間、自由はないの?

私自身は、病院付属の看護学校を卒業しましたけれど、全くその病院には勤めませんでした。どう考えても、将来的に実家の近くにいた方がいいと思ったからです。
就職先というものは、そうそう変えるものではありません。「3年たったら次にいけばいいから、3年我慢しよう」というのは、他の業界ではそもそもあり得ない常識。だって、3年で辞めること前提で就職するのですから。

お礼奉公をしないなら、学生時代の奨学金を一括返金しろと言われますね。だったら、そうすればいいじゃないですか。
それができないのは、そのお金が手元にないから。社会人1年目の4月にそのお金がないから、3年はそこでお礼奉公しなくてはならない。
つまり、使わずにとっておけば最初から受け取っていなかったのと同じこと。むしろ、(ほとんどつかないけれど)利子分だけ得したと思えばいい。

私のキャリアプランは、既に学生時代から始まっていたんです。だから、手をつけずにいる代わりに、自由に就職先を選ぶことができました。
もっとも、別の病院を受験したのは私1人でしたけれど、その選択を後悔したことはありませんでした。

おかげで新人時代から10年間通して、同じ病院に勤めることができました。その間結婚して子供もできて、実家の世話にもなりました。勤務先・実家・自宅が全て市内だからこそ、毎日実家との往復ができて、安心して子供を預けて働くことができたのです。

キャリアプランはどう立てる?どう行動する?

では、今既にもう実家の近くに戻りたいよ‼と言う人。それもありです。今はまだ家庭もなくて何のしがらみもないのなら、残りの奨学金分だけ払って辞めたっていい。
でも、何の目的もなく辞めるのはちょっと待って。
早々に転職した、という職歴が残ってしまいます。それならお礼奉公が終わってからでもいい。しっかりとキャリアプランが立ってから行動しましょう。

では、どうやってプランを立てたらいいのでしょうか?
自分のキャリアを考える上で大切なことはいくつかありますが、あなたは何を重視するかで考えていくといいでしょう。

・結婚後も長く働き続けたい
・○○科のエキスパートになりたい
・結婚するまで働ければいい、その後は家庭重視で家にいたい
・何科でも対応できるくらいにバリバリ働きたい
・少し臨床経験を積んだら、在宅看護に携わりたい
・子供ができたら、半日パートくらいで続けたい

お礼奉公云々よりも、あなたはこの先に何をしたいのか・重視したいのかで考えてみましょう。
結婚後も長く働きたいのであれば、できれば自分の実家の近くに勤めている方がいいですね。子供ができたら、協力してくれる人は多ければ多いほどいいのですから。この問題は、子供が小学校に入っても続く問題です。

在宅看護をしたいなら、まずは一通りの看護技術に加えて、在宅看護を利用する人達の病気についても勉強しておくことが必要。脳血管疾患だったり、癌のターミナルかもしれません。そんなときに、小児科しか経験がないのでは務まりません。
救急のエキスパートになりたいのなら、今いる病院でACLSは最低でもとっておいて、救急とICUメインで勤務しておけばいい。救急科を極めたいのなら、勉強を続けていればたとえ病院が変わっても大丈夫です。その病院独自のルールは多少あっても、救急看護に必要なことは基本同じですから。

もし今の病院・今いる場所ではあなたのキャリアプランに沿わないのなら、お礼奉公が終わるのを待つ必要はありません。どんどん自分の道を勧めばいい。ただし、現実問題3年以内は辞められないことも多いのですけれど、3年以内にリタイアしていく若手看護師が多いということは、いくら学生時代に奨学金をもらっていても、退職を認めてもらうことは可能ということです。

逆に、今何もやりたいことが見つからないというのなら、今いる職場で働く方がいいでしょう。やりたいことって、なかなか見つからないものです。それに、やりたいことがある人は、逆にこれはダメって分野もあったりします。
ところが、やりたいことがない人はダメな分野もない。つまり、このまま数年ごとの異動を繰り返していくと・・・結果的にはオールラウンダーになれるってこと。図らずも、「何科でも対応できるくらいにバリバリ働きたい」ということが実行できている。

何かを専門的に学ぶことも大切ですが、何でもできるという人も、病院においては大切な存在。どこにいってもそれなりに立ち回ることができて、即戦力になる。それも立派なスキルです。

今まだお礼奉公中というあなた。今後のキャリアプランが立っていますか?
もし立っているのなら、そのためにはどの疾患や技術・経験が必要かを書き出してみましょう。そして、それはどこに行けば学べるのか?そこに行くためにはどうしたらいいのか?転職が必要なのか、それとも院内の異動で済むのか?
これといったことがないのなら、まずは今いる部署の看護を極めるつもりになってください。二度とその科には配属されないかもしれないと考えたら、その科を徹底的に学べるのは今しかありません。

転職やお礼奉公云々は置いといて、まずあなたがやりたいことや、キャリアプランを考えてみましょう。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。