忙しいから、やりたくなる?



看護師ノート推奨の転職サイト



忙しいからこそ、今がチャンス!!

ママナースは忙しい・・・

ママナースは、皆忙しいですね。
フルタイムで働くということは、本当に気力も体力も必要。
仕事で時間に追われ、家に帰ったら家事と育児に追われて、いつもいつも追われています。

洗濯機をまわしてから子供を布団へ。
寝かしつけているハズのこちらが先にZZZ・・・
絵本読んであげていたはずなのに。

気づくと、深夜2時。
やれやれ、なんでまた今日も寝ちゃったんだろうと、自己嫌悪に陥りながらそこから洗濯物を干して、キッチンを片付けて寝る。

いやあ、していましたね、私も。
子供が1歳になる前に職場復帰した私は、とにかく最初は「なぜこんなに時間がないんだ!」とイライラしていました。

復帰した時には、同じ外来といっても産休前とは違う循環器のブロック。
病棟経験だってないのに、いきなり循環器外来での復帰となってしまいました。
勉強もしないといけないし、家事もある。
もちろん、育児も。

ここから、私の葛藤・試行錯誤が始まりました。

あれもやりたい、これもやりたい・・・でも、時間がない!!

復帰後は、自分で思っていたよりも時間がありませんでした。
自分のために使える時間が。
そうなると不思議なもので、なぜ今までやっていなかったのに、あれもこれもやりたくなるのでしょうね?

本も読みたい
セミナーにも行きたい
家の掃除もしたい
のんびり子供と遊んであげたい
ランニング&ウォーキングがしたい

産休・育休の間にやらなかったくせに。
独身の時だって、やらなかったくせに。
学生時代だって、やらなかったくせに。
どうして、こんなに時間がなくなってからやりたくなるのでしょう?

でもね、これって逆なのではないでしょうか。
いつでもやれると思うから、いつまでたってもやりたいと思わないのでは?

例えば、自宅の近くで新しいお店がオープンした・・・でも、いつでも行けるから今は行かない。
そうこうしていたら数年が経過した。
そんなこと、ありませんか?

いつでもやれないからこそ、やりたいことにスイッチが入る。
そして、なんとかやろうとすることで、自分の時間の使い方が変わっていく・・・。

私自身、この「忙しい時ほどやりたくなる法則」を感じていました。
だからこそ、涙ぐましく朝活を始めたり、睡眠時間を削ったり、思考錯誤していたのです。
諦めたくないから。
それに、仕事において勉強することは必要なことだったから。

育休後に復帰してからというもの、いつもやりたいことがたくさんあって、忙しい日々を送ってきた私。
こんなにあくせく生きていく意味が、あるのだろうか?
子供に不自由させていないだろうか?
そう自問することもありました。

そんなときに、この本と出合いました。
「時間がない」から、なんでもできる! 時間密度を上げる33の考え方 吉田穂波 
産婦人科医師の作者が、育児をしながら働き、留学準備(つまり受験勉強)をし、ハーバード留学を果たす過程のことが書かれています。
現在では5人の母らしいのですが、それでも「ママドクター」を貫いている、素晴らしい先輩です。

あれもこれもやりたいのは、欲張り過ぎなのかと思っていた私。
でも、この本を読んで勇気づけられました。
そして、時間がないなら、やりたいことがあるなら、全部同時にやっちゃえ!!と思えるようになったのです。

そう、忙しいからこそやりたいことが見つかる、今がチャンスなのです。