看護師としてのキャリアップ、どんな選択肢があるか?



看護師ノート推奨の転職サイト



看護師のキャリアアップで考えられる選択肢

看護師のキャリアップって、どういう選択師があるの?

看護師は一度資格をとれば、どこの病院の全ての科に勤務することができます。施設でもよいし、老健でも大丈夫。
現場でコレを極めたい‼というものがあれば、一定期間勉強して試験を受け、認定看護師になることもありますね。

また、他の道のりとして企業の保健室に勤務し、従業員の心身の健康を管理する産業看護師というものもあります。これにはできれば保健師の資格があるとよいですね。(看護師免許だけでも十分働けますが)。また、第一種衛生管理者などの資格も取得し、日本産業衛生学会の教育を受けると登録産業看護師として働くことができるのでキャリアに箔がつくとも言えます。(詳しくは日本産業衛生学会ホームページを参考にしてください。)

他にも大学や大学院を卒業したり、ケアマネの資格を取得したりと、看護師免許以外にもプラスαの資格を取ることもできます。

病院勤務の看護師のキャリアップとは?

これらの資格や認定・大学卒業を、看護師としてのキャリアアップと言うこともできます。しかし、現場で本当にこれらの資格が求められるかというと、そうとは言い切れません。病院勤務以外の特定の場で勤務する人だけ。
確かに、企業に勤めるなら衛生管理者になっていた方がいいでしょうし、在宅看護に携わるならケアマネを持っていると活躍の幅を広げることができますね。

でも、病院勤務の仕事でのキャリアアップというのは、実はこういった学歴や新たな資格を取得することではありません。即戦力になる人が求められるのです。
つまり、現場で使える人というのは、大学卒業の経歴ではなくて、どこかの科での知識・技術・経験が突出して高いとか、逆にどこでも通用する幅広い知識・技術・病態の理解などのスキルを持っている人なんですね。

大学院を卒業したという学歴があったとしても、多少給料が大卒扱いになるかどうかで、正直現場でのメリットはあまりありません。
また、認定をとることは現場での仕事に直結しますが、一度取得した後の更新にかかる費用は自己負担、それに必要な研修会の開催なども時間外がつかない・・・という具合に、費用と労力の負担が大きくなります。

看護師の仕事の大半は、患者さんに接することです。その場所が病院なのか、自宅なのか、施設なのか・・・という違いはありますが、基本は対患者の仕事です。無理に資格取得に走る必要はありません。
看護師は営業成績などがありませんから、自分の価値をどうやって他者に認めさせるかという点で、資格を求めるのかもしれませんが、転職時にそれが活かせるかというと、そうでもありません。

転職するにしても、相手が求めている人材はどんな看護師でしょうか?
・現場でできるだけ長く働ける
・いろいろな科での仕事を何でもこなせる
そんな看護師なんです。

もし自分のキャリアにもう少し箔を付けたい、看護師としての価値を高めたいという気持ちがあるのなら、院外研修に積極的に参加し、今いる病院でいろいろな科を経験しておく方が現実的で、かつお金も労力も無駄にかけることがありません。
転職を検討していない人もいかに自分を看護師としてレベルアップさせるか、という視点は必要です。しかし、それを資格取得に直結させる必要はありません。

まずは対患者の現場で活かせる勉強から始めるのが、一番よいキャリアアップです。