130万円の壁、実はもっと手前にある



看護師ノート推奨の転職サイト



扶養の範囲内・・・評価額はもっと低くなる!?

扶養の範囲内で働く場合の、「○○○万円の壁」

よく主婦が働くとき、「旦那の扶養の範囲内で働きたい」というのを耳にします。
まあ、専門職の看護師では、一般事務よりも扶養範囲内で・・・というのは少ないですけれどね。

実際、旦那の扶養の範囲内というと、103万円とか130万円とか聞きますね。
でも、看護師がパートで働く時の時給は私の住むような田舎でも最低1200円、多くは1400円・1600円。
中には2000円という高額の時給もあるわけで。
そうなると、あっという間に130万円なんて超えてしまうのです。

ちなみに、130万円というのはここを超えると自分で年金や健康保険料を払うラインです。
(2016年現在ではね。)
これをしたくないからと、130万円の壁は断固として守る人が多いのです。

しかし、看護師がこの壁を超えないように・・・というと、月曜から金曜の午前中だけ働いても超えてしまいます。
ですから、本来出勤の日であっても、調整して収入を少なくするために、あえて適度に休みをとる必要が出てくるのです。

扶養の範囲内と、子育て上の理由は別の価値観

働き方というのは、そのまま人生観や金銭的な価値観に結びつきます。
子育てへのポリシーにも。

だから、家庭をしっかり守りたい・子供に寂しい思いはさせたくないという理由で、子供が小さいうちだけ仕事をセーブする人は、大勢います。
しかし、これと扶養の範囲内で働きたいというのは、全くの別問題です。

もし子育てが理由ならば、子供が中学生や高校生になれば、その人は子育ての時間が減る分、仕事に打ち込むことができます。
結果として、収入も増えます。
スキルも、社会的な立場も高くなっていくでしょう。

一方で扶養の範囲内で、と言う人はどうでしょうか?
この場合、子供が成長しようが独立しようが、いつまでたっても130万円の仕事しかしませんということになります。

それどころか、実際は「私は130万円までの仕事しかしませんからね」と上限を決めている時点で、実際の働きっぷりは130万円には届いていません。
現実に手にする額のことではなくて、働く内容が、という意味です。

「自分は働き続ける限り、扶養の範囲内」と思っている人が、スキルアップを図るでしょうか?
積極的に、院内・院外問わず研修に出ようと思うでしょうか?
職場をより良く改善しようなんて、思うでしょうか?

・・・しませんよね。
実際は、130万円よりももっと手前に、その人のゴールはあるのです。
働いた分だけ損するのですから。
そうすると、他の人の評価は更に手前になります。

子供が小さいうちだけパートでと言う人は、末子が中学生になったあたりから、急激に働ける時間が増えます。
子供はどうせ部活や塾で家にいないし、子供同士で遊ぶようになりますから、親の出番はないのです。
その代り、お財布の出番が増えます。(*´Д`)

40代半ばからフルタイムで働けば、65歳の定年まで約20年ありますね。
これは、立派なキャリアになります。

逆に扶養の範囲内で、という人はいつまでたっても100万円の仕事しかしません。
日進月歩していく医療の世界で、取り残されてしまいます。
それでもいい、と思っているから自分で制限をかけるのでしょうけれど・・・。

私自身はバツイチママなので、扶養とかパートとか、選択肢にはありません。
この看護の世界で、働き続ける必要があります。
その緊張感というか自分へのプレッシャーが、日々のスキルアップや仕事における責任感、自宅での学習へとつながります。

たくさん稼いでくれる夫のいる人に対する、働き続けなくてはいけない私のひがみかもしれません。
でも、せっかく看護師という国家資格を保有しているのですから、扶養の範囲内とか小さいことを言っていないで、働けるようになったらとことん働いて、65歳の時には「もう十分働いたわ~」と引退できるくらいに打ち込んで欲しいと思いますね。
世間の奥様達を敵にまわしたかもしれませんけれど。