先進医療は、桁外れの高額!



看護師ノート推奨の転職サイト



先進医療に300万円、払えますか?

保険適応されない治療

よく生命保険のパンフレットなどで、「先進医療対象」という文言をみかけますが、先進医療って、何でしょう?
平たく言うと、まだ保険適応のされない自由診療の治療ということになります。

その一つが陽子線治療。
聞いたこともあるかと思いますし、この記事を読んでくださっているあなたの勤務先にも導入されているかもしれませんね。

陽子線治療は放射線治療の中の一種で、通常の放射線治療よりもより身体の深部でピークを迎えるため、多くの放射線を効率よく腫瘍に狙える、というわけです。
そして狙った病巣以外は放射線量の吸収が少なくて済むため、正常組織への損傷が少なくなり、体への負担や副作用が少なくなります。

適応は限定されてはいますが、効果の高い治療法であることははっきりしています。
しかし、陽子線治療の問題点は、先進医療だということ。

保険が適応されない=自費になるのです。
入院費や検査代等は保険適応ですが、陽子線治療に関しては完全自費。
ある病院のホームページで調べてみたら、下記のような料金でした。

陽子線治療にかかる費用

この場合、270万円かかるということなのです。

270万円で、命が助かると思えば・・・出したくなりますよね。
でも、実際にかかる費用はこれだけではありません。
図にもあるように、「診察・検査料・入院料などの一般診療費(公的医療保険適用)が別途必要となる」のです。

おまけに、まだまだ陽子線治療を受けられる医療機関は限られています。
私の住む地域には、車で1時間の圏内にはありません。
そんな場所に、入院・外来含め通い続けることは大変な労力と金銭的な負担が伴います。

治療の間、仕事は現実的にはできないでしょうから休まざるを得ません。
もしかしたら、働きにくくなって自己都合という形で退職しているかもしれません。
それなのに、治療費だけは100万単位のお金が出ていく・・・。

保険診療の場合、高額療養費制度がありますから、大抵の人が月に10万かからずに済みます。
抗癌剤治療をしても、部屋代等がなければ月10万円です。

しかし、先進医療には保険はききませんから、高額療養費制度もききません。
本当に、270万円+αの金額を払うことになるのです。
約300万円くらいかかる計算ですね。

命とお金を、どう考えるか?

90歳を過ぎていてADLも自立していないし、認知症もある。
そのような人が患者だった場合は、陽子線治療を遠い医療機関まで受けに行くことはないのではないでしょうか?

しかし、まだ患者が60代だったら?
平均寿命を考えれば、まだまだ生きられます。
癌を治療すれば、その可能性は高い。
そうなったら、やはり治療に踏み切るのではないでしょうか?

先日、私の勤める病院に通っている60代の男性患者さんが、肝細胞癌で陽子線治療が対象ではないかという話になりました。
治療に悩んでいました。
300万近くの負担です。
おまけに、その医療機関まで、車でも2時間近くかかります。
「受けます!」とは、即答できませんでした。

結局その患者さんは、一度家に帰って家族会議をしました。
その上で、まだ受けるとは決めていないけれど、適応や治療効果がどのくらいあるのかを検討してもらうために、とりあえず受診してみるということになりました。

お金だけでは、命は救えません。
それは、どんなに医療が発達したところで、無理なものは無理なのです。
だって、人間には寿命というものがありますしね。

しかし、お金で助けられる命もある。
そう考えた時、これからの時代は収入の格差が命の長短を左右することになるのか・・・と複雑な気持ちになりました。

早く陽子線治療が先進医療の枠から外れて、保険診療として一般的な市立病院レベルにも普及されないでしょうか。
そんな日は、いつか来るかもしれないし、これから先もずっと来ないかもしれません。

月10万円なら払えるけれど、300万円は払えない。
そうなったら、この300万円という金額で、自分の命の終わりが見えてしまうということになります。

金持ちの人が長命というわけではありません。
年収の高い人でも短命の人はいます。
しかし、百万単位のお金が出せないために命を落とした・・・そう考えると、やりきれません。

結局、融資を受けてでも、受けることになるのでしょうか。
生命保険で先進医療対象のものに入っておけば、安心なのでしょうか。
お金と医療は切ってもきれない関係にあります。
しかし、お金だけで命が決まってしまうのは、やりきれないものがありますね。

私自身は、先進医療を対象とするような医療保険に入っていません。
癌になって、かつ陽子線が適応になる可能性がどこまであるか?
ということを考えた結果、医療保険は入らず死亡保障に重点をおき、高額療養費制度を受けて貯蓄内で乗り越えられるようにしようと決めました。

とりあえず、現時点ではね。
子供の教育資金もありますから、できるだけいろんなことに対応できるよう、高額な保険に入るより現金にしておこうと思うからです。
でも、年齢を重ねてどういう考え方になっているのかはわかりません。

この患者さん、これから紹介状を持って受診するのですが。
どういう結論を出すのでしょうか・・・。

もし自分の親が陽子線適応で、これなら治せると言われたら、私はどうするだろうか?
どうやってお金を捻出するだろうか?
正解がない問いだけに、すっきりしないものを感じた一件でした。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。