異動希望が通らない!!いつまで待つべき?



看護師ノート推奨の転職サイト



希望病棟へ異動できない!いつまで働けばいいの?

あなたの異動希望が通らないワケ

毎年看護部への意向調査で、○○科希望とか、今後の希望は第一希望○○科、第二希望△△科、第三希望□□科・・・と書いて出しているのに、異動の話が来ないのはナゼ??
そういう人、大勢いると思います。
でははぜ、異動希望が通らないのでしょうか?

看護の現場は、常に人が足りません。7:1看護の導入をしている医療機関はとくに必死です。
退職者が多いだけではなくて、女性の職場ですから産休・育休が重なることも原因の一つです。
育児休暇が3年とれるようになり、働くお母さんはそこで自分自身の休養もとります。
まあそのあと長く働くことを考えたら、堂々と休めるのは産休・育休中くらいですものね。

ところが、産休のあとで育児休暇を3年もとっていればどうなるでしょう?
・第2子・第3子ができる
・家にいる生活がしみついてしまい、復帰しなくなる
・復帰したとしても、フルタイムではなくなる

わかりますよね。それまで必死で働いて来て、かわいい我が子の誕生。張りつめていた糸がプツンって切れちゃうんです。
それに、20代で出産すると、自分の親・夫の親もまだ50代のことが多く、親も老後資金を貯めるために働いているケースが多いのです。
だから、なかなか子供を預かってもらうことができない・・・だけど育休中に2人目・3人目ができてしまう。

そうなると、仮に復帰しても育児短時間制度を利用して半日だったり、週3日という働き方になってしまいます。
完全復帰を待ち望んでいる病院の看護部としては、産休に入るときからずっと欠員のまま。
それに加えて退職希望者もいる。

そしてどうするか?
これ以上看護師数を減らすわけにいかない看護部は、「異動させてくれなきゃ、すぐに辞めてやる!」という人から異動させるんですね。
まあ半分脅しです。

それがいいのか悪いのかというと・・・一概には言えません。
退職希望者も自分の家庭生活とのバランスが大変だったり、人間関係で精神的なストレスを抱えて、体調不良をきたしているかもしれないのですから。

あなたの異動希望は、どこまで我慢するべきか?

そんなわけで、ただ毎年意向調査で異動希望を出しているだけでは、通らないのは当然ですね。
むしろ、希望の場所どころか、全然違う場所への異動が命令されてしまうかもしれません。

あなたの異動は、どのような理由によるものでしょうか?それによっても、我慢し続けるしかない時もあるし、転職も視野に入れるべき時もあります。
理由と緊急度に分けて考えてみましょう。

あなたの転職理由&緊急度はどれ?

人間関係によるもの
 →嫌な人がいるから変えてほしいなぁ、という程度     ・・・➀
 →ストレスで体調不良まで起こしている          ・・・➁ 

勤務時間が長い・残業が多いことによるもの
 →残業減らないかな、という程度              ・・・➂ 
 →今はなんとかなっているけれど、1年は持たない       ・・・➃       
 →子育てに支障が出ていて、もう限界            ・・・➄

体調不良によるもの
 →このままでは、長く働き続けるのは難しいな、という程度 ・・・➅
 →腰痛で休みの都度整体に行っている、痛み止めを常用   ・・・➆
 →持病が悪化してしまい、コントロールがつかない     ・・・➇
 →夜勤に身体が付いていかず、慢性疲労や常に眠気に襲われる・・・➈

純粋に違う分野を勉強したい                 ・・・➉

大きく4つに分け、その中からさらに緊急度で分けてみました。もしあなたの異動希望が体調不良と子育てに関するものであれば、それは優先させるべきです。一方で、違う分野の勉強であれば緊急性はありませんし、工夫次第で今の部署にいても違う科の勉強はできます。

からだが資本ですから、あなたがボロボロまで働いたところで、あなたと家族の老後まで病院が面倒みてくれることはありません。そうなる前に辞めるべきです。
また、日勤での残業は当たり前、夜勤でも残業が当たり前、おまけに月の半分以上が夜勤・・・そんな生活で昼夜問わず、始終眠くて仕方ない、だるいという場合も要注意。

車の運転をする人は交通事故を起こしかねませんし、勤務中の判断ミスによる医療ミスを起こす可能性もあります。
ただ疲れてる、と言っても看護部は相手にしてくれません。自分で危険なラインに見切りを付ける必要があります。

あなたが今の職場で働き続けることで、子供の心身の健康・成長に支障が出ているのなら、それも早急に対応すべきです。
お母さんが仕事に行くときに泣いてしまうけれど、保育園に預けたあとはケロッと遊んでいるのなら、それは問題ありません。

育児のサポートがなくて、仕事のあとで子供に夕飯を用意するのがもう20時とか、忙しくてイライラしてあたってしまうとか、子供を寝かせるのに22時が当たり前・・・そんな状況は、子供の成長・発達に問題です。
頑張るお母さんの姿を見せるのはいいことですが、基本的な生活習慣を身に付けてから小学校に上がり、小学生になったあともその生活習慣を維持しつつ勉強に励むようにしなくてはなりません。
それができない職場ならば、やはり早急に部署異動もしくは転職しましょう。

あなたの異動希望の理由が上の➁➄➆➇➈で、しかも全然異動させてくれそうにないと思ったら、時期をみて退職届を出してもよいと思いますね。
これにあてはまらないものに関しては、今の職場で働きつつ、転職支援サイトに登録して自分の条件に合うものを探してもらいましょう。

自分と家族の人生を守るのは、看護部ではありませんから。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。