職場における人間関係がよいというのは、具体的にはどういうこと?



看護師ノート推奨の転職サイト



どういう職場が「人間関係が良い」と言える?

人間関係がよいことは、どういうこと?

転職理由の上位にくるのが、人間関係。
人間が2人以上集まれば、必ずその中での関係性が出て来ます。どの職場にも人間関係というものはあり、悩まされるものです。
では、人間関係が良いって、どういうことでしょう?

理想の人間関係は?

・誰もが自由に意見交換ができ、それが業務に繁栄される
・言わなくても、お互いの仕事(何をすべきか)がわかり、確実に実行する
・お互いを尊重している
・公私が分かれている
・お互いが休みを気持ちよくとれる

これはあくまでも、私個人の理想ですが、言われてみれば「そうそう。」と納得してもらえるのではないでしょうか?
どれも「お互い」とか、「誰もが」という言葉を入れてあることに気づいていただけたでしょうか。
良好な人間関係というのは、一方通行ではいけないんです。
矢印は両方に向かないと。これが一番大事なところ。

そして、仕事における人間関係ですから、ただの仲良しこよしとは違います。
別に、プライベートで仲良く出かけたりしなくてもいい。ラインでのやり取りもしなくていい。
働きやすいな~って思う時って、全然プライベートと関係ないですね。
実際、子供ができてからはそれぞれが子供優先の生活を送っていますから、休みの日にも一緒に出掛けるということはできないものです。

それに、プライベートで何かいざこざを起こして仕事に持ち越すようでは、周囲も困ります。
ですから、公私がはっきりと分かれていて公の部分でしか関わらないくらいの方が、お互いを尊重して適度な緊張感をもった付き合いができていいのかもしれません。

また、お互いの動きを見て、何も言わなくてもお互いが自分のなすべきことができていると、良いチームワークといえます。
誰かの手の届かないところを、別の誰かがそっと補っているという関係。
これには、それぞれが得意とする分野をお互いが把握していることも大切ですね。

お互いのことを良く知らない状況では、やはり「○○までやりました」とか、「○○をお願いします」と言葉に出すことは必要ですし、申し送りの時には多分では困るので、「△△は済みです」と具体的に言葉にしなくてはいけません。
でも、通常の業務においては、全てを言葉に出して指示されなくても動くことがよいチームワークです。皆が指示待ち人間ではなく、自分で考えて行動できると、ストレスが本当に少ないもの。

そして、どんなに人間関係がよくても、休みをとるときはきちんと連絡をする。
なれ合いとは違いますから、決してラインで「今日休みます」で済ませてはいけません。
お互いが気持ちよく休みをとることは、人間関係を保つ上でも必要なことです。しかし、上でも述べたように、公私は分けなくてはいけません。
やはり、適度に距離がある方がいいのです。

人間関係を求め過ぎてはいけない

かといって、上にあげたような理想の職場を求め過ぎてはいけません。実際はあまりないと思った方がいい。
必ずと言っていいほど、職場には動かない人とか一方的に意見を言う人、悪口を言う人がいますよね。仕事中も公私ともに中のいい数人だけが集まって話していることもありますよね。
有給の消化も、生活環境の違う人達が平等になるのは難しい。

モチベーションも仕事観も違う人達が集まるのが職場です。だから、皆が同じように行動することは、実際はとても難しい。
何も言わなくても行動する人と、できるだけしなくて済むことはやりたくないと言う人では、波長が合うはずもありません。
だから、職場はあくまで職場。

嫌味を言われてたり、いじめに合うというのは違いますが、仕事中は頭にくることもあれば、自分の意見が通らないこともしょっちゅうある。理不尽に怒られることもある。
でも、それはあなたの生活の中で仕事においてだけ。人生そのものを否定された訳ではありません。

「仕事だから、仕方ない」というくらいに割り切る、そういう気持ちの切り替えも必要です。
そうでなければ、理想の職場を求めて転職を繰り返す「流れ者」になってしまいますよ。