思ったことをすぐ口に出すおしゃべりな同僚、どう対応する?



看護師ノート推奨の転職サイト



「思ったことをすぐ口に出す」おしゃべりな相手には注意しよう!

口は災いのもと – 思ったことをすぐ口にだすおしゃべりな相手は上手にかわそう

おしゃべりな人って、どこの職場にもいますよね。
そして自分自身も、意識していないかもしれないけれど、結構無駄なことをしゃべっていたりするものです。

「それを言って何か変わるのか」という内容が、無駄なことですね。
例えば、
・何かを言われた時に素直にうなずかず、必ず何かコメント(意見)を言ってくる
・負け惜しみや言い訳を口にする
・その場にいない人のことをすぐに言う

暇があったらその場にいない誰かのことをネタにする人っていますね。そういう時にいい話には不思議とならないもので、たいてい悪口の類になってしまいます。
しかし、壁に耳あり障子に目あり、どこで誰が聞いているかわかりません。その話にのったあなたも同じように、他人の悪口を言っていることになります。
そうなると、あなたの株も下がってしまいます。

できることなら、そういう人とは関わらないのが一番。
でも、二人っきりのときに話しかけられたら?

・何か用事を思い出したフリをして、その場を離れる
・さりげなく話題を変える
・自分がミスした話や、笑い話をネタにする
・「ふーん、そうなんですかー」と適当に聞く

こんな対応をしてみてはいかがでしょうか。
自分自身をネタにする分には、誰も悪い気はしません。(ただし、自慢話では逆効果なので、ご注意を。)
そして、気をつけたい相槌。「そうですね。」では、相手のいうことを肯定したことになってしまいます。
「(私はそうは思わないけど、)そうなんですか~」という風に、濁してしまいましょう。

悪口は悪口を生みます。
だから、余分なことを口にだすくらいなら、沈黙の方がマシですよ。

職場が悪口と噂話の嵐だったら・・・?

職場によって、同じ病院の同じ看護師でも、独特のカラーというものが存在します。師長や古株の看護師のキャラに大きく左右されますが、もしあなたの職場が心ない噂話や悪口ばかりを言う人だらけだったら、どうしましょう?

そういう人達ばかりでは、誰の話も疑ってかからなければならなくなりますね。自分のいないところでは、何を言われているかわかったもんじゃない、と。
だから、一言一句に気を張らないといけません。
更に気をつけなければならないのは、自分もそういうカラーに染まらないようにすること。

「あの人は話が合わない」
「何を考えているかわからない」
「誰も仲のいい人がいないんじゃない?」
そんな風に言われても、気にしない。

職場で何かしらのグループに属してしまうと、それはそれで、面倒な人間関係が生まれます。
誰とも親しくない代わりに、誰からも嫌われない。
誰のことも、悪く言わない。

そういう人の方が、立派です。
試しに明日1日、誰の悪口も噂話もしないようにして注意してみてください。
悪口の基準は、本人が聞いても困らないこと。

結構言いそうになると思います。
思ったことをすぐ口に出すような困ったおしゃべりさんに、実はあなたもなっているのかも・・・
そうだとしたら、今、これからでも直しましょう。