何かと突っかかってくる相手をかわす方法



看護師ノート推奨の転職サイト



「何かと突っかかって来る」相手をどうあしらう?

やたら突っかかってくるのは、あなたを認めている証拠!?

なぜか私の言うことに突っかかってくる、やったことに対していちゃもんをつけてくる・・・そんな人が、職場にいますか?
「私のことが嫌いなら、放っておいて‼」と思うのに、絡んでくる。
ほんと、困りますね。

こういう人との関わりって、本当にスッキリしません。なんか後味が悪くて、いつまでも心のどこかに引っかかるものです。
でも、それって裏返すとあなたのことを認めている証拠にもなるんですよ。
あなたの意見ややり方を採用する・採用されるのが嫌で、とにかく自分の意見を認めさせようとする。
自分の方が正しいとか強いとか、権力があるとか・・・そういうことを認めさせたいんです、あなたに。

でも、あなた自身は相手のことをそれほどに思っていないこともある。
そういう時に、相手は無意識に「チクショーッ」って思っているのでしょうね。だから、あなたの一挙手一投足にチクチク攻撃してくるのです。

突っかかってくる相手に、どう対処する?

私の職場にもいます、そういう人。
そんな細かいことにまで突っかかって来て、何が楽しいんだろう?って思います。
そういう人には、勝手に吠えていてもらいましょう。

今までにもお伝えしてきましたが、そういう気の合わない人のために、自分がイライラしたり悶々と悩んだりするのはもったいない。
それこそ、私の頭の中をその人で支配されるのはイヤ。

だから、自分自身に言い聞かせるんです。
「あんな人のことで、自分が悩む必要はない」
「言いたいだけ言わせておけばいい」
「あんな人の言葉をいつまでも気に病むことはない」
「あんな人のせいで、自分が辞める必要はない」

そして同時に、
私の中にも、まだまだあの人に勝ちたいというみみっちい気持ちがあるんだなぁ~
ってことに気が付く。
少し自分自身を引いて観察してみるんです。

思うようにはスッキリしませんけれど、これも回数を重ねていくとうまく消化できるようになってきます。
まあ、一種の呪文のようなものでしょうか。

本当に器の大きい人ならば、他人の成功をやっかむことはないし、同じ職場なのだからありがたいなあと思えばいい話。
それをあの人はすぐに私を攻撃してくる‼と構えるこちら側も、まだまだ器が小さい証拠ってこと。

いくつになっても、人間的に未熟な人はいます。
でも、自分自身はそうはなりたくないですよね?
あしらう、という考え方以前に、相手にしないようにするのが理想。
柳に風、というふうに。

突風に対して頑固に立ち尽くさなくても、ゆらゆらと上手に力を逃がして分散させる。
そして、吹きたいだけ吹かせて置く。しかし、折れることはない。
突っかかっても突っかかっても抵抗してもらえないので、次第に相手も突っかかりにくくなるでしょう。

そんな風に、自分の心を少しずつしなやかに、そして大きくしていきたいですね。