誰のアドバイスを重視すればいい?



看護師ノート推奨の転職サイト



研究発表、一番大変なのは人間関係?

論文が出来上がった・・・ここからが大変なんです!

看護師であれば避けられないのが、看護研究。

多くの病院が、1年目なり2年目といった若いうちに、個人の研究発表を経験させますね。
そのときに勤務している病棟で、日々の看護の中から自分でテーマを決めて研究をします。

では、この1回で看護研究をすることはないかといったら、そうではありません。
病院によっては、毎年部署ごとの看護研究を発表させます。
私が以前勤務した病院も、現在勤務している病院も、年度末あたりに部署ごと1テーマで研究発表を行います。
ですから、看護研究からは逃げられないと思った方がよいでしょう。

部署の代表として発表するのですし、1~2年目の研究発表も部署の指導力が問われますから、論文は必ず上長のOKがないと発表できません。
しかし、いきなり論文ができたからといって上長(師長が多いですね)に持っていくのもNG。

報告書や論文というのは、下から徐々に持っていくものなんです。
その中で、少しずつ手直しが加わり、最終的に一番よいもの・完成したものがトップの目に留まるようになるわけです。

病棟での看護研究の場合、おおよそこのような順でチェックしてもらうことになります。

論文チェックの過程

この中で、プリセプターや教育委員をとばすことは可能かもしれません。
でも、とりあえずチームリーダークラスのチェックを受けて、論文の基本を学びます。
あまりにも形式からして間違いというものは、ここでチェックを受けますね。

問題はここからです。
教育委員やチームリーダーのチェックを通り、次の段階に進むと、その他の役職のついていないメンバ―になります。

ここが困るのです。
主任や師長は、その論文の形が整って発表できなければ、病棟が困ることになるのがわかっています。
ですから、なんとかうまくまとまることを考えます。
(ただ、主任が複数いる場合には、役職は同じでも誰を立てるか・誰から提出するかを考える必要が出て来ます。)

しかし、その他メンバーの中には、異様に熱いベテランナースがいたり、口うるさい先輩がいるのです。
ただ難癖をつけたいだけの人も。
しかも、こういった要注意人物は1人ではなく、2人・3人いるかもしれません。

そうなると、何が起こるか?

Aさんがこう言ったからその通りに直したのに、Bさんにはああ言われた。
二人の意見を取り入れて中間のところで書いたら、Cさんに「論旨がずれている」「文脈がおかしい」と言われた・・・。

また、
Aさんがこう言ったからその通りに直したのに、Bさんはそれを否定した。
Bさんと私の意見は同じだけれど、Aさんの意見を立てるにはどうしたらいいか?
Aさんのいうことと、Bさんのいうこと、どちらをとればいいのか?

そう、横からあれやこれや言われると、わけがわからなくなってしまうのです。
どっちの意見を採用していいかもわからないし、自分の意見と違うことを盛り込もうとすると、どこか論旨がずれてくる。

そして、
ああ!もうどうしたらいいの!!
となります。

様々な場所に現れる、人間関係と序列

私も部署の看護研究を今担当しているのですけれど、せっかくデータも出たのに、上の意見が正反対なので困っています。
私の意見と同じほうをとりたいのですが、発言力と役職的には正反対の意見だったりして・・・。

そこで私は、これはもう「個人の発表ではなくて、部署の発表なんだ」と割り切ることにしました。
ここで部署として下手なことを発表してしまうと、翌年の部署別目標や成果発表をする際に矛盾が出たり、無理な目標を掲げることにつながったりで、ひいては自分達の首を絞めることにもなりかねないからです。

今回私の研究は、副師長と師長の意見が全く反対だったため、考察が反対意見になってしまいました。
私と副師長の意見は同じだったので、副師長には語尾や言い回し等をチェックしてもらうだけで済みました。
しかし、師長は内容そのものが不満ときた。

困ったな・・・と思いましたが、ここで師長に刃向って何かあっても、守ってもらえなくなります。
ですから、私個人の意見とは違うけれども、師長の案を採用することにしました。
副師長には、事情を説明して。

研究発表だけでなく、日々の業務でもこのように人間関係と役職による序列により、意見のぶつかることがあると思います。
そんなとき、あなたはどうしますか?

私は、自分の意見は持ちつつ上の意見採用・・・っていう、無難なところを選択することが多いですかね。
無用な争いを避けるのも、人間関係をうまく乗り切る術と言えます。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。