チャラ男はマメ男



看護師ノート推奨の転職サイト



実はチャラ男ではなかった!?人は外見で判断しちゃダメ!

あの芸能人そっくりの「チャラ男」ケアマネ

オリエンタルラジオの藤森と言えば、チャラ男ですね?
そういうキャラも作っているとか、いないとか・・・。

この藤森にそっくりの人が、私の勤務する病院にいます。
髪型もメガネもそっくり。
だから、どうしても同じように「チャラ男」に見えてしまう。

このチャラ男Nさんはケアマネをしているので、自分の担当者さんが入院となったり、救急搬送されるときには外来に顔を出します。
同じケアマネでも、実はここに差が出ます。
いくら担当患者さんが定期以外の受診の時でも顔を出さない人もいれば、常に患者さんの家族とやりとりをして、極力定期通院でも診察に一緒に入るというケアマネもいます。

Nさんは比較的、マメなタイプでした。
だからこそ、私が外来勤務をしていて姿を見かけるのですね。
全く顔を合わせない職員もいますから。

この人、本当にチャラ男なのかな?
2年程たって、私はそう思うようになりました。
長く勤める人からも、「アイツは見た目と違って努力家なんだよ」という話を聞いたこともあり、私の中で彼の印象が変わっていきました。

手帳がぎっしり!!

ある日出勤すると、既に外来入口に救急車が止まっていました。
時間は7時45分で、通常の外来診療の始まる前です。
私は急いで着替え、それまで担当してくれていた深夜勤務の病棟看護師と交代しました。
(私の勤務先は、時間外の受診者は当番で決めた病棟の夜勤者が対応するので。)

意識消失し自宅内で倒れていたところを朝になって家人に発見されたという、80代の女性患者さん。
家族はオロオロ。
私たちは家族に廊下で待っていてもらい、採血にルート確保・レントゲン・心電図・頭のCTを撮って、入院準備にかかりました。

気づいたら、例のチャラ男Nさんが家族の横に座っていました。
私は他のスタッフが検査にまわっている間に、今回の救急搬送までの経緯や普段の生活の様子を聞くために、家族とNさんのもとへ行きました。

・今回意識消失に気づいたときの状況は?
・家族構成は?
・普段のADLはどうか?
・介護は誰がしているのか?
・最後の受診はいつか?
・介護度はいくつか?
・どこのデイサービスを、いつ利用しているか?

こういったことを病棟に申し送るために私がポンポンと質問していったのですが、うまくまとめて言えない家族に代わって、Nさんが答えました。
私の質問に答えようと開いた、Nさんの手帳を見てビックリ!!

予定がぎっしり!
患者さんのデイや受診日まで記載して、何色かの蛍光ペンで色分けして、担当患者さんの把握のために相当な労力をかけていることがよくわかりました。
私の質問にもよどみなく答えます。
確かに、担当者さんの診察についてくるとき、いつもあの手帳持ってたな・・・。

患者さんはまだ意識も完全には戻っていなかったし、意識消失を起こした原因精査のため、入院となりました。
出勤して早々の救急車の受け入れに朝からバタバタの私でしたが、それよりも「チャラ男」は「マメ男」だったことがとても印象に残った一件でした。

人は見た目で判断してはいけないと言いますが、本当にそうだなと思いましたね。
ただ、髪の毛なんてあえて手を加えなければ茶色にもならないわけで・・・。
だったら、なぜわざわざ手間暇かけてそんな「チャラ男」を演出してしまうのだろうとも思いましたが。

見た目が派手でもやることはやる、仕事への責任感のある人はいるものです。
逆に、見た目が地味で真面目そうでも、ズル賢い人もいます。(私がそうかも!?)
人を観るって、本当に難しいことだなと思いました。

この件で、私のNさんへの見方は全く変わり、それ以降外来へ連絡をもらうときもお互いに情報交換をしやすくなりました。
患者さんのおかげで、また一つ院内における仲間が増えました。