「また」は禁句ですよ!!



看護師ノート推奨の転職サイト



看護師が使ってはいけない、NGワード

それ、患者さんに言っちゃう!?

70代後半の男性が、内科を受診した時のことです。
その日は外来全体が空いていたので、おそらく待ち時間は2分程度。
前の患者さんの記録と処方を医師が入力したあと、すぐに呼びました。

ところが、どうも仏頂面。
私は普段よくみかける患者さんではなかったので、
(この人、気難しそうだなあ・・・)と思っていました。

今回の症状は、風邪が長引いているとのこと。
1週間前に受診して風邪薬が処方されていたけれど、咳が続いてしまい、すっきり治らないというのです。

もう少し風邪薬を延長し、去痰剤と鎮咳薬を処方することで、診察は終わりました。
私が会計前でお待ちくださいねと声をかけたところ、患者さんが受付に対する苦情を訴えて来ました。

受付で「今日はどうなさいましたか?」と聞かれたため、「風邪です。」と患者さんは答えたそうです。
そこで受付のスタッフは、「また風邪ですか?」と言ったそうな。
確かに、先週も来院していましたけれど・・・それ、患者さんに言いますか?

そのスタッフは茶髪にどぎついメイクのギャルなのですが、根っから悪気があって言う子ではないんですね。
ただただ、言葉を選ばないというか、知らないというか・・・。
これもゆとり教育の結果なのか。

けれども、患者さんとしては面白くありません。
当然です。
私だって、その言葉を聞いたらカチンとくるでしょうね。
本人もその場で受付スタッフに注意したそうですが、診察後にもわざわざ私にまで言ってきたということは、相当怒りが収まらなかったのでしょう。

患者さんが会計を済ませて病院を出たあとで、私は受付のスタッフに、なんて言われたのか確認しました。
「はあ、言われました。またって言わないようにって。」

言ったのか・・・。 (*´Д`)
しかも、失言だったとは思っていない様子。

言葉の使い方って、本当に難しいですね。 

「また」という言葉は、いい意味で使うことはない

接続詞として使う「また」を除き、たいてい日常会話で使う「また」は、いい意味で発せられることはありませんよね?

・また〇〇って言ってるよ・・・。
・また遅刻かよ・・・。
・また来たよ・・・。
・また怒ってるよ・・・。

こんな感じでしょうか。
ニュアンスとしては、半分呆れ加減なんですよね。
これを患者さんに向けて言ったら怒るのは、当然です。
小学生だってわかるのでは?と思ってしまいます。

でも、なかなかそれは当の本人には伝わらなかったようです。
人の振り見て我が振り直せと言いますから、私自身はどうかと振り返ってみましたら、結構あるんですね、これが。

患者さんに対して「また」が禁句なのは、感覚的にもう身についているので、口に出ることはありません。
しかし、スタッフに対しては気が緩んでしまうのか、ついつい口に出てしまうことがあるんです。
口には出さないまでも、心の中で思うことはしょっちゅうあります。

一番多いのは、職員の突然休みですね。
正直、当日朝になって急に「今日お休みください」と言われるのは、困ります。
それが、子供の小さい家庭や子供を誰にも預けることのできない家庭では、しょっちゅうあります。

私の職場のパートさんは、小学校1年と3年の男の子がいるのですが、最近1か月、まともに1週間続けて仕事に来たことがありません。
もともと月曜から金曜の9時から13時の、半日契約です。
ところが、この1か月は、

・子供がインフルエンザA型に罹った
・子供のクラスが(インフルエンザで)学級閉鎖になった
・子供がインフルエンザB型に罹った
・学校行事
・自分が予定していた休み

この5つが重なり、週5日勤務が週2日勤務になったり、完全に1週間休みになったりしました。
子供の体調不良というのは、仕方のないことかもしれません。
その都度休むつもりで、安い時給のパートになっているのでしょうから、休むことに文句を言ってはいけないのかもしれません。

でも、やっぱり「また」と思ってしまうんですね。
だって、そんなにしょっちゅういなくても仕事が成り立つ職場なら、最初から配属されないわけです。
自分がいない穴をなんとも思っていないんですよね。
自分の給料が減ることを受け入れていれば、別に他人への影響は「パートなんだから」知ったこっちゃないということですね。

だからといって、それを私が「またですか」「また休みか」と言ってはいけないんです。
頭に思い浮かべるのと口に出すのとでは、大違いです。

患者さんにこそは言わないまでも、「また」に含まれる意味・感情を考えると、やはり使っていい気分になる言葉ではありません。
頭に浮かぶ言葉まで考えないようにとはなかなかいきませんが、少なくとも、日常会話の中ででも「また」は使わないようにした方が、もめ事は回避できそうですね。

知らず知らず、人は誰しも口癖やよく使う言葉があると思います。
その中に、この「また」は絶対に入れてはいけません。
普段使っていると、ふとした時にそれが口を割って出て来てしまうから。

注意されたクラークさん、ここまで考えてくれたでしょうか・・・。
社会人として大切なことを教わった彼女の今後に、期待したいところです。
そして同時に、我が子には言葉の重要性をしっかり教えてから社会に出そう、と心に誓ったのでした。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。