給料以外に、何を転職に求めるか



看護師ノート推奨の転職サイト



10年後、自分の給料は倍になるか!?

給料は、大事な転職の条件ではあるけれど・・・

誰だって、転職するなら給料の高いところに転職したいですよね。
少なくとも、現状維持は望むのではないでしょうか。

私もそうでした。
私が転職時に人材紹介会社の担当者にお願いした条件は下の通り。

・日勤のみ
・土日祝日休み
・外来勤務
・現在の基本給と同額以上
・急性期を扱っている医療機関

担当さんは、とても頑張ってくれましたよ~。
今思うとすごいことなのですが、転職時になんの認定も持たず役職もついていない私が、公務員10年目と同じ給料を、日勤だけの土日祝日休みなのに勝ち得たのですから。

前職では、土日祝日には救急外来の日当直がありましたし、年末年始も当番制で勤務していました。
それらの勤務もしないのに、「基本給維持」なのですから。
無茶振りだったな・・・アハハ。

結果としては、一部は資格手当になったので全くの同額ではありませんでしたが、それでもほぼ私の条件通り、現状維持となりました。

夜勤者確保のため、現在の勤務先では夜勤手当は高めです。
その代り、基本給は低い。
しかし、私は市立病院10年の経験を評価してもらって、同じ給与水準で契約できました。
名前も忘れてしまった担当さん、感謝しています・・・。

給料はいずれ、頭打ちになる

基本給は、ボーナスや時間外手当、傷病手当金、退職金・・・等々、全ての基準になりますから大切な条件です。
けれどね、基本給やボーナスの額だけを高くしてもらえばいいってものではないと思うのです。

だって、あなたの給料は10年後に倍になるでしょうか?
看護部長になったとしても、倍になるかといったら、疑問です。
となると、お金だけを求めてしまうと、いつか頭打ちになったときにやりがいがなくなってしまうのではないでしょうか。

多くの医療機関が、毎年少しずつベースアップしていると思います。
私の場合、ここのところ毎年5000円上がっていますから、2年で1万円、10年勤務で5万円のベースアップです。
大きいですねぇ。
(50歳を超えると、むしろ下げられるという現象があるらしいのですが。)

でも、今より急に5万円と思えばすごいと思いますが、毎年5000円ずつと思うと、その感動も薄れてしまうもの。
人間は、慣れてしまう生き物です。

ですから、給料も毎月受け取っていく金額が、当たり前になってしまうのです。
私だって、いきなり3万円少なかったら「えーっ!」と思いますが、ほぼ同じ金額であればなんとも思いません。

では、これからまだ30年近く続くであろう看護師人生、どこにやりがいを求めていけばよいのでしょうか?
私はね、「自分自身の成長」に価値をおきたいと考えています。

だから、自分を成長させるために研修も自腹をきる。
常に、その日の症例から反省し、経験を積むように意識しています。

きれいごとに感じるかもしれませんが、やっぱり人間ってお金だけでは続かない。
むなしくなってしまうと思うんですよ。

今日は頑張ったな~
いい1日だったな~
と私が思うのは、勤務時間中は忙しくても定時で仕事が終わった日です。

そんな時、すごく充実感があります。
逆に、患者さんが少なくて割とダラダラと過ごした午後、そのまま定時で終わった日は、楽できていいのですが、「ただ時間になったから帰る」という感覚なんですね。

50歳・60歳になったとき、どう思っているかわかりません。
もうその頃は、定年を見据えて細く働き続けられればそれでいいと思っているかもしれません。

けれどね、50歳のときの自分を高めるのは今の自分です。
だから、50歳にはのんびり働くというスタイルになっていたとしても、それまでの間に看護師としてのスキルを高めておきたいと思うのです。

給料だけを求めて転職するのではなくて。
「ここで自分はやりがいを持って働けるか?」
「ここは、自分を成長させてくれる場所か?」
こういうことも、転職時の条件に加えてもらいたいと思います。