看護師のお給料、いつまで続くかわからない?



看護師ノート推奨の転職サイト



看護師が「もっとお給料が欲しい!」と思ったときはどうするのがベスト?Part1

今はよくても将来不安・・・もっと給料が欲しい!?

毎日忙しい日々を送っている看護師の皆さん、今の働き方がこの先10年・20年と続くか不安になったことってありますか?

自由にお金が使えるという20代・独身組は、今の収入がずっと続くと思ったら大間違いです。
家事と育児をなんとか両立させつつ頑張っている30~40代の子育て組も、今のまま働き続けることができるという保証はどこにもありません。それが正規だろうが、パートだろうが。

看護師のお給料は、男性並みに高い。むしろ、若いうちは男性よりも高いですね。しかし、それは専門職であるため責任が重く、自己研鑽も求められるから。
そして、給料の内訳を見ると、基本給も確かに高いけれど、実は時間外手当と夜勤手当で稼いでいる・・・という人も多いのです。

でも、少し考えてみましょう。このままあなたが今のペースで働き続けることは、可能でしょうか?
夜勤で今の給料をキープすることは、この先も可能でしょうか?
日々残業、勉強会、委員会、それに夜勤・・・これだけのことを、今後も続けることができるでしょうか?

時間的・肉体的に・家庭環境的に続けることができなくなるかもしれない、ということを考えておかなければなりません。
また、お給料の額としては今と変わらなくても、必要となる金額が増える事情が出て来るかもしれません。そんな時にも、今の生活レベルを維持できるとは限りません。

今の生活が続くかわからない、そのワケは?

①身体的な理由
 ・夜勤をやり通す体力がなくなる、判断力が低下する
 ・夜勤を始め、フルタイムで働くことが更なる体調不良を招く
 ・通院が必要になったら、1か月のシフトを組むことが難しくなる
 ・バリバリ働いていたけれど、更年期障害に苦しむようになる

②家庭環境的な問題 
 ・結婚したあと、夫が働くことに協力的でないため働けない
 ・子供が産まれたら、預け先がなければ働けない
 ・子供を保育園に入れて働こうとしても、しょっちゅう熱を出すため休んでばかり
 ・今の職場では、保育園の送り迎えが間に合わない
 ・日中は良くても、夜勤の時に子供を預けることができない
 ・育児のサポート体制は整えたが、子供が精神的に落ち着かなくなってしまった
 ・親の介護が始まった
 ・離婚して、今までのようなパートではいられなくなった
 ・夫がリストラもしくは転職で、収入が下がった
 ・自分と夫の両親の生活費を支える必要に迫られた
 
③時間的な問題
 ・毎日家事と育児で時間に追われる生活が続くことに、耐えられなくなる
 ・時間内で業務が終われば続けられるのに、残業が多くなり、身体的にも家庭環境的にも限界になる
 ・日々残業に追われ、休みも院内研修やセミナーに充てると、休日がなくなってしまう
 

これらの理由から、今の条件で働き続けることが難しくなる、離職を余儀なくされることが今後出てくるかもしれません。給料が足りなくなるかもしれません。
自分の体調がどうなるか、家庭がどうなるか・・・それは誰にもわかりません。

将来を見据えたリスク管理を

病院勤務をしていると、リスクマネージメント委員会や、医療安全委員会なんてものが存在しますよね?
それなのに、不思議と自分のリスク管理はしていないのが看護師というもの。あなたは、今の給料がそのまま20年後も続く前提の生活をしていませんか?

家を買ったり、子供に習い事をさせたり、自分自身にブランドの服やコスメを買ったり・・・それは、今の働き方が今後20年も30年も続くと想定してのことではないですか?
それは、あなただけでなく夫側の収入においても、同じことが言えます。
しかし、現実にはいろいろなことが起こります。自分の努力ではどうしようもないものだってあります。
そして収入が減った時・絶たれた時に、経済的にどうするか考えたことはありますか?その状況に、生活レベルを合わせる(下げる)ことができますか?

私自身は、就職4年目で将来を考えることになりました。
就職してから病気を抱えたこと、昼夜問わずボーっとして注意力が散漫になり、自動車事故を連発したことがきっかけです。
(今は夜勤もしているし、男性並みに収入がある。でも、40歳まではこんな生活はできないだろうな・・・)と。

実際は、40歳どころか30歳までももたなかったわけですが、20代にして自分の将来が結構危ういものであるということを自覚したのです。
健康な身体があってこその収入であり、このままの状態は長く続かない。また、仕事を続けるために休日を身体の休養にあてていたら、自分の人生は仕事だけになってしまう。
そんな風に考えたのが、就職4年目でした。

あなたは、今の生活が続くことに不安を感じていないかもしれません。
でも、何が起こるかわからないのが人生です。
思いがけず身体を崩すかもしれないし、幸せな結婚生活が急に音をたてて崩れるかもしれない、若くして親の介護が必要になるかもしれない・・・

では、何をどうすべきか?
どうやって、リスク管理をしたらよいか?
今のうちにできるだけ働いて、収入を増やしておくにはどうしたらいいのか?
それについては、Part2でお話したいと思います。