休みが寝て終わった・・・は避けたい、充実した休みを過ごすには



看護師ノート推奨の転職サイト



寝る以外の有意義な休日の過ごし方

私生活が充実している人は、仕事も充実する!?

仕事が忙しいのに、私生活も充実している人っていますよね?むしろ、忙しい人程よくそんな時間あるなあ思うくらい、いろいろなことを精力的にこなしているもの。
以前、夜勤明けの過ごし方についてお勧めの方法をいくつかご紹介しましたが、それは主に昼間と夜の切り替えに重視した内容でした。(詳しくは身体のことを考えた夜勤明けの過ごし方をご参照ください。)
今回は働く看護師全般に通じる、休みの過ごし方について考えていきたいと思います。

日勤だけだろうと、夜勤ありだろうと、看護職というのはかなりストレスの高い職種だと思います。人間関係というものもそうですが、やはり職務内容が命や責任問題になるからです。
そのため、他の職種以上にキリキリした雰囲気になりやすかったり、残業が多かったり。また、一般事務の方で社会人になってまで勉強が強制されることはほとんどありませんが、看護師は勉強することが義務となります。時間外の勉強会の参加や、院外セミナー、自宅での自己学習など、自分の時間を使って勉強することが一生続くのです。

でも、日々残業に重いストレスに耐えて働いて、休みまで勉強・・・では、なんか滅入ってしまいますね。
残業や夜勤の疲れが溜まっていて、休みが寝て終わってしまうのはもったいない。特に準夜明けの休みなんて、少し長めに寝たらもう昼過ぎです。「なんのために働いているんだろう?」ってなるかもしれません。
「あー今日もまた、何もしないで休みが終わった・・・」となると、休みを有効に使えないこと自体が、ストレスになったりもします。

では逆に、私生活が充実しているとどうなるでしょう?
翌日楽しみが待っているとなると、なんとなく気持ちがうきうきして、心に余裕が出たりします。「明日が待ってるから、このくらいやって帰るか」と、プラスαの仕事までして帰るかもしれません。
休日が満ち足りると、「また明日から頑張ろう!次の休みには〇〇が待ってる」という気持ちにもなれるかものなんです。

そうなると、
私生活が充実していない→いつも不機嫌
私生活が充実している→いつもご機嫌
という正反対のスタイルが出来上がります。
誰にでも感情の波というものはありますが、やはりどうせ話しかけたり何かを頼むなら、ご機嫌な人がいいですよね。そうなると不思議なもので、いつもご機嫌な人にはいい循環が生まれるのです。

ほんの少しの非日常がもたらすもの

私のお勧めは、非日常的なことをスパイス的に取り入れることです。
休みの都度に旅行に行くとか、毎月何か自分へのご褒美を買ってあげるというのとは違いますよ。

お金や時間をかけなくても、「ほんの少しだけ、非日常」なことをするのがコツ。ダラダラしがちな休みに少し、刺激を与えるのです。また、その非日常なことがリラックスを重視するのか、アクティブに動くのかは人それぞれ。でも、いろいろなパターンを用意しておくのがいいでしょう。
天気や時間、体調によって対応することができるし、どんなときにもできる「非日常」があると、休みを上手に利用できるようになります。

ほんの少し、非日常的な気分を味わわせてくれること

・図書館でゆっくり
・好きな本を持って、カフェでゆっくり(ノートとペン持参で、自分についてあれこれ考えるのも良し)
・ゆっくり1~数時間、ウォーキング
・ハードにスポーツクラブでトレーニング
・緑の多い公園や海辺で、景色を眺めながらお弁当を食べる
・いつもは作れない、凝った料理やお菓子を家族に作る
・家中の片づけをする
・自転車で少し遠出、冒険をしてみる(スポーツ自転車があれば)
・ドライブ
・久しぶりの友達と会って、思いっきりおしゃべりする
・映画館で、もしくは自宅で映画を観る           etc.

避けたいのが、ただ溜まった家事をしただけで終わってしまうこと。ショッピングもそうですが、ただ雑用を片付けたりお金を使っただけ。なんの達成感もなければ、お休みを上手に使った満足感もありません。それに、お金には限りがあります。いつもいつもモチベーションをアップさせるのに、高い買い物をするわけにもいきません。

上の例はほんの一部ですが、ほぼ1日かかるものからほんの1~2時間で終わることまであります。その日の予定や身体の疲れ具合、家事の溜まり具合で調整すればいいと思うのですが、一番大切なことは「休みでなければできないことをした」という気持ちを味わうこと。
それが、私の勧めるほんの少しの「非日常」。

仕事の日にはできないけれど、休みの日ならちょっとやってみてもいいかな、と思えることはありませんか?
そんなことを、休みの日にしてみるのです。それが1時間で終わることなら、それ以外の時間は家事をこなしたり、勉強したっていい。

そんなふうに、少し工夫して取り入れてみてください。休日の充足感はまた、翌日からの仕事に好影響を与えてくれることでしょう。そして、「ほんの少し」が「大きな」違いをもたらします。
仕事の出来る人は私生活も充実しているというのは、よく聞くけれど本当の話。

どうせなら、いつもご機嫌で働いて、公私ともに充実させたいですよね。
まずは、あなたにとっての非日常をリストアップしてみてはいかが?



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。