前向きな親からは、前向きな子供が育つ



看護師ノート推奨の転職サイト



親がポジティブになると、子供もポジティブになる

仕事イヤだなー

いくらやりがいを持って仕事をしていたとしても、そりゃあ人間ですから、ただただ楽しくて働いている人はいないでしょう。
休日前夜に、「明日は休みだ~♪」ってなりますよね?

ということは、やはりみんな仕事より休みの方がいいんですよ。
当たり前っていえば、当たり前ですね。

でもね、それを子供の前で口にしてはいけない。
「明日仕事イヤだなー。」
「あの上司、ムカつくー。」
とか。

子供にとっての仕事は、勉強するときは勉強して、遊ぶ時は思いっきり遊ぶこと。
私はそう思っています。
子供だって、朝はゆっくりごろごろしていたいし、好きなことをしたいはず。
でも、学校へ行くことが自分の“仕事”だから毎日通うのです。

そこでお母さんが
「仕事イヤだなー。」
「今日休んじゃおうかなー。」
なんて言ったら、どうなるでしょうか?
本当に仮病で休んでしまったら?

子供は、
・仕事はイヤなもの
・イヤなときは、簡単に休んでいいもの
・学校行くのイヤだから、行かなくていいんじゃない?

そう思いますよね。
朝シャキッと起きて、ご飯を食べて支度をする・・・なんてことにはなりません。
そもそも、イヤイヤながら働いているお母さん本人が、遅刻ギリギリで家を飛び出る生活を送っているのかもしれません。
それでは子供のお手本にはなりませんね。

ポジティブなお母さんからは、ポジティブな子供が育つ

個性はそれぞれありますが、性格や価値観というものは、生活習慣や環境から少なからず影響を受けます。

例えば我が家は、朝型生活を送っています。
私は、疲れていたり、体調の悪いときは睡眠時間を長くとりますが、朝は必ずゆったりとコーヒー片手に本読んで、ストレッチして・・・という時間を設けています。

そうすると、子供に起こされるとか、子供が起きたときに私も寝ぼけ眼・・・ということはまずありません。
着替えも髪も整えて、ほぼ身支度の整った状態で子供の起床時間になります。

起きてすぐではないので、朝ごはんもしっかり食べられます。
朝ごはんの前におなかがすくくらい。
そして、きちんと朝ごはんの片づけまでして、掃除をしてから家を出ます。

子供も必然と、朝登校ギリギリまでご飯を食べている・・・とはなりません。
ごはんをきちんと食べて、身支度を整えて、それからテレビを観る余裕まであります。
そして、時間になったらすぐに出られるようになっているので、集団登校に遅刻はありません。
むしろ先に行って、フラフラ散歩したり、ひと遊びしているくらい。

「イヤだなー。眠いなー。」と家族中が言っている家庭と、
我が家のように朝から元気いっぱいの家庭。
どちらが学習も仕事も前向きになるか、わかりますよね?

子供の支度が遅い、ダラダラしている、集中しない、勉強に身が入っていないetc.
お子さんをそんな風に思っているあなた、あなた自身は、前向きに仕事に取り組み、規則正しい生活を送っているでしょうか?
家でも勉強しているでしょうか?

子供には、口で言うよりも手本を見せることの方が伝わります。
大人だって家で勉強する。
時間があいたら読書をする。

早寝早起きをして、朝ごはんをしっかり食べて。
元気よく「今日も頑張るぞーっ!!」って言ってみましょう。
子供も、あなた自身も、前向きに仕事に臨めるようになりますよ。