子供に寂しい思いをさせている?



看護師ノート推奨の転職サイト



お金とゲームでは、寂しさは紛らわせない

物を買い与えても、解決しない

看護師としてフルタイムで働いていると、どうしても契約上の時間プラスαの拘束時間がありますよね。
例えば、
・始業前後での掃除
・情報収集
・勉強会
・委員会
・部署ごとの定例カンファレンス
・日々の残業
・着替え
・通勤時間

これに、往復の通勤時間が追加されます。
そうなると、実質は8時間労働をしているつもりでも、仕事に12時間以上費やす人だってザラ。
私も自宅を7時過ぎに出て、帰りが7時を過ぎることはしょっちゅうあります。

子供が小さいと、とにかく早く寝かせなくてはなりません。
私も7時半に帰宅して、お風呂に入れて・・・8時半には眠っている状態を心がけているので、平日の夜は大忙し。
どうしても、朝と夜合せても3時間くらいしか一緒にいないことになります。

我が家は、私が果たせない親としてそばにいる・食事を作る・夕飯を一緒に食べるということを、実家の母にお願いしています。
まだ小学校に入ったばかり、ということもありますが、『孤食』にはしたくないし、子供の生活リズムを乱したくないから。

しかし、私のように実家の助けを毎日のように借りられる家ばかりではありません。
それでいて、シングルの家庭ではお母さんがフルに働いて稼がなくては・・・と、とにかく仕事優先になりがちです。
私だって、正規職員として働き続けなければ、子供を大学まで行かせてやることはできないだろうなと思います。

でも、そうやって仕事を頑張れば頑張るほど、子供と接する時間が減っていくという、悪循環になってしまいます。
それを少しでも解消しよう、寂しい思いさせてゴメンねという懺悔の気持ちとともに、どうしても私達看護師は、子供にモノやお金を与えてしまいがちではないでしょうか?

自分一人の給料がそこそこあるから、自由になるお金もある。
それに、自分が働くことで得られる給料はとても大きい。
何より、自分が働かなくては、住宅ローンを払い、教育資金を貯めることができない。
お小遣いを多少多く渡したって、働くメリットを考えたら・・・。

こんなふうに、看護師の子供は得てしてゲームも持っているし、お小遣いもよその家庭より多かったりします。
我が家にも、ゲームは3DSとWiiuがあります。(Nintendoのまわしものみたいですね)
私と別れた夫から買ってあげたものです。
ゲームを与えた理由は、休日も遊ぼう遊ぼうとせがまれても私1人では限界があること、夏休みなどの長期休みの暇つぶし、私が帰宅するまでの暇つぶし・・・などなど。

しかし、子供はゲームでは幸せになれません。
現に息子は、明るい時間帯は必ず外に飛び出します。
そして、そこでお友達を見つけてサッカーをしたり、鬼ごっこをしたり、ドッヂボールをして遊びます。
ゲームより、人と遊んでいることの方が楽しい子どもなので。

確かに、インドア派の子供なら、ゲームを与えれば与えるほど、家にいるのが苦痛ではなくなりますよね。
でもそれが、その子供の身体発育・情緒面を健康にしてくれるでしょうか?

そして、ゲームはどんどん新しいものが発売されます。
コマーシャルは、どんどん新しいものを欲しくなるように、作っています。
ですから、「ウチの子はなんて物欲が高いのだろう」と思っていた時期もありますが、最近はそれは仕方ないことなんだと思うことにしています。

だって、大人だってお金がなくてもカードで買ったりと、物欲の塊のような人はいますから。
素直にメッセージを受け取ってしまう子供は、新製品を欲しくなって当然なんですね。

結局、ゲームはどんどん次、次、そして新機種を・・・と再現なく続きます。
たくさんのお小遣いを与えたらそれを全て書籍に使う、なんてごく稀な例を除いては、ゲームとお金を渡すことは、子供を幸せにはしてくれません。

私達は仕事が忙しいから、家族のために働いているのだから・・・と、その罪滅ぼしに子供に金品を与える。
それがまた物欲を煽り、いつになっても観たされた気分にならない・・・という悪循環を作り出していることになりますね。

うちはゲームもお金も渡していない!!という人も、休日は一緒に買い物に行ったらホイホイ買ってあげていたりしませんか?
そして、そのおもちゃは、使われずにぞんざいな扱いをされていませんか?

私達がするべきことは?

働くお母さんがすべきことは、
寂しい思いをさせているから罪滅ぼしをすることではなく、その前に寂しい思いをさせないこと
ではないでしょうか。

ゲームを与えている私では説得力がありませんか?
そう、私も日々悩みながら、試行錯誤しながら家事・育児と仕事のバランスをとろうともがいているのです。
ゲームも、使いようだと思うのです。

とりあえず、次の休日には家事は最低限にして、子供と一緒に、子供のしたいことをしてみましょうか。
もちろん、そこでレジャー施設やゲームセンターでは、意味がありません。

散歩だったり、本を読むだったり、もしかしたら一緒にただごろごろするだけでもいいのかもしれません。
我が家はとてもアクティブな家庭なので、多分サイクリングと称した買い物をして、それから学校のグラウンドで一緒にサッカーかバドミントンあたりかなぁ。
でも、1時間も集中して付き合えば、子供とのふれあいはとても密度の濃いものになります。

子供に付き合うのって、それだけで本当に疲れます。
休みだからこそ、家にいたいのもあります。

でも、せめて半日、それがだめなら1時間・2時間でもいいから、家事を一切せずに子供と遊ぶことに集中してみましょう。
それが、寂しい思いをさせない、平日足りない分の時間を埋めることになるのでは、と思うのです。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。