連休=遠出の考えを捨ててみよう



看護師ノート推奨の転職サイト



連休だからこそ、スピードを落としてみよう

有意義に過ごすって、どういうこと?

年末年始・ゴールデンウイーク・お盆・シルバーウイークと、年4回くらい大型連休がありますね。
他にも、3連休くらいならちらほらあります。
(病棟勤務だとあまり連休はないかもしれませんが・・・)

あなたはそんな連休に、何をして過ごしているでしょうか?
子供のいる家庭では、どうしても「どこかに連れていかないと」と思いがち。
独身の人も、無理に旅行に出かけたり、どうにかして有意義に過ごしたいと思いがちです。

普段頑張っているからこそ、連休を有意義に使いたいと思うわけで。
当然のことです。
専業主婦の人に、5連休のありがたみはないでしょうからね。

私も昔はそうでした。
夏休みは海外旅行に行っていたし、冬休みはスノーボードに行っていました。
「家にいる=連休を無駄に過ごしている」ような気がしていたんですね。
だから雑用を片付けるにも、いかに早く終わらせるか、いかに1日でたくさんのことをこなすか考えていました。

でも、子供ができてからその生活はガラッと変わりました。
子供に規則正しい生活をさせること、子供が本当にしたいことをしようと、子供中心になったからです。

さてここで、子供の本当にしたいことってなんでしょうね?
家庭によっても違うし、子供1人1人でも違うと思います。
我が家の息子は、とにかく身体を動かすことが大好きでした。
子供が一番喜ぶことは、「遊びたい欲求を満たしてあげること」だと思ったのです。

こちらでもお伝えしましたが、レジャー施設に連れて行かなければ親失格、なんてことはありません。
息子が一番喜ぶ過ごし方は、レジャー施設に行くのではなくて、ちょっと遠い公園に1日がかりで遊びに行くこと。
お昼とおやつにテント、それとたくさんの着替えを持って、朝から出発して夕方まで目いっぱい遊んで帰っていました。

普段の休みでそれをしてしまうと、家の中も片付かないし、私自身も疲れがとれません。
何より、「休みが潰れてしまった」と思ってしまうのです。

でも、大型連休なら1日くらい子供のために潰してもいいかなって思えます。
何かおもちゃを買ってあげるより、公園で思いっきり遊ばせてあげる。
芝生の上やテントの中でお昼を食べる。

そんなささいなことの方が、レジャー施設に連れて行くより楽しんでいるのではないか・・・そう気づいたのは、子供が3~4歳の頃でした。

生活のスピードを落としてみよう

私が自分に決めているルールは、何日間の連休であっても、最終日には予定を入れないこと。
ただ洗濯をして掃除をして、家の中をきれいにして・・・連休明けの仕事に備えて、身体と家のメンテナンスにあてるのです。

大型連休で遊びにいくと、連休明けは疲れたり体調不良で始まってしまうことが多くありませんか?
それで「ああ、充実した休みだった!!また明日から頑張ろう」と思えるのなら、それでもアリ。

でも私の場合、どうしても頑張って遊んでしまうと、連休明けに調子を崩してしまう。
(シングルなので、車の運転も含め全てが私1人でこなさなければならないし。)
子供も車に長く乗っているのは苦痛で、遠くのレジャー施設に行きたいとは思っていないよう。

だったら、どこも行かなくていいじゃん♪
それに気づいたら、すごく楽になりました。
頑張って遊びにつれて行かなくたっていいんだって。

もしあなたに小さな子供がいたとしたら、こんな過ごし方はどうでしょう?

あえて歩いて買い物に行ってみる。
普段スピード重視で車で移動してしまうことを、あえて時間をかけてやってみるのです。

大型連休はどこかに出かけるという発想を捨てて、生活のスピードを落としてみませんか?
「早く早く」と子供をせかさずに、子供のペースでで1日過ごしましょうよ。

家中をきれいにして身体も休めて、両方のメンテナンスをしませんか?
連休明けにまたきれいな家で、元気に仕事にのぞめるように。

親ならば、連休はどこかに遊びに連れて行かなければいけないのか?
本当に行きたい場所は、大きくなってから自分で計画立てていってもらえばいいのでは?
世間は毎年レジャー費にたくさんのお金をかけていたとしても、うちはこのスタイルでいい。

そう割り切ったら、肩の力が抜けました。
お金もかかりません。

最近は、とにかく自転車で出かけるのがマイブームの息子。
隣の市まで雑用を片付けつつ、サイクリングに行くこともあります。
早くなくていいから、途中で休憩しながら行こう。
途中のコンビニで休憩しながら、楽しんで行こう。

お金はかかりません。
かかるとしたら、途中で買う飲み物代くらい。
それすらも、持参すればゼロ。

用事も片づけられて一石二鳥。
子供もちょっとしたサイクリングを、とても楽しんで行ってくれます。

ろくに会話もせず、車の中でDVDを観せて遠出する・・・そんなことより、よっぽど親子のコミュニケーションがとれます。
自転車のマナーやルールを教えることもできます。
何より、健康的です。

こんどの連休、どこに連れていこう・・・その考え、一度捨ててみたら?
近場だって、お金をかけなくたって、子供の楽しめることはあることはきっとあるハズ。
それを探してみませんか?

車を降りて、スピードを落としてみて。
連休だからこそ、時間をかけてみて。
そして、子供と一緒に体験して。

今まで見えなかったものが、きっと見えてきますよ。