日本の働くお母さん、頑張り過ぎですよ!!



看護師ノート推奨の転職サイト



ちょっと力抜いて!!

お母さんは、頑張り過ぎ?

最近は、共働きが当たり前の時代になってきました。
子供が幼稚園までは専業主婦で、末子が小学校にあがったらパートで勤めに出る・・・。
こういうパターンが、多いですよね。

私は子供が7か月の時に保育園に入れ、1か月の慣らし保育を経て生後8か月で復帰しました。
本当は産休のあと育休を子供の満1歳までとるつもりだったんですけどね。
早く出てきたら、正規でも外来においてくれるというので、やむなく休みを切り上げて復帰したのです。

7か月間の専業主婦期間はありましたが、最初から私は「働くお母さん」だったわけです。
夫も子供も、私は仕事をしているのが当たり前。
そして私自身も、仕事をしていることに誇りをもっています。

ところが、これが専業主婦やパート勤めをしていた人では違うのです。
家族も、お母さんは家にいて自分達のことをしてくれる存在。
あれもこれもお母さんで、お母さんのあるべき姿が高い位置にあります。

そして何より、自分自身がそう思っているのです。
ここまでやらなくちゃ・・・って。
しかし、仕事を始めたのなら、1日は24時間なのですから、同じ家事レベルをこなせるわけはないんです。

何かを妥協するか、誰かにお願いするか。
そうやって自分のやることを取捨選択していかないと、身がもちません。

私の場合は、それが料理と裁縫です。
朝は私が作りますが、子供の夕飯は実家の母と姉のところでお世話になります。
ついでに私の分のおかずだけ用意して置いてもらいます。

私の帰宅時間は一定ではないので、子供は先に姉のところで済ませます。
帰宅後に私は、朝とりおきしておいたご飯と味噌汁をあたため、もらったおかずでささっと夕飯を済ませます。
お風呂のお湯をためている間とかにね。

おかげで、私は帰宅から1時間半の間で夜の分の家事を済ませることができます。
これが、帰ってから夕飯を用意しなければならないとしたら、どうなるでしょう?

週のうち何回かは帰宅時にスーパーによるでしょう。
それから夕飯を用意して、子供に食べさせて、洗い物をして・・・。
これだけで1時間はかかります。
そのあと片付けをして、お風呂を入れて、洗濯して、明日の朝ごはんの準備も・・・なんてしていたら、あっという間に22時・23時になるでしょう。

しかし、私は帰ったらすぐに家事を片付けて、自分の時間が欲しい。
子供がお腹を空かせて待っている・・・と思いながら仕事をしたくない。
だから、平日の夕飯は完全に他の人の手を借りて済ませます。

だからこそ、片づけも掃除もできる。
そして、子供が寝てからの1時間は自分の時間ができます。
この間にネットサーフィンをしたり、本を読んだりします。

朝も、起床後から最低でも1時間は自分の時間をとります。
そうでないと、私は朝から夜までずっと頭も体も興奮状態で、休まることがなくなってしまうからです。

ちょっと頑張り過ぎだよ・・・。

私の職場のKさん、年は2歳下なのですが、経験は13年の差があります。
というのも、Kさんは1年目のときに妊娠・出産・退職してしまったため、新人指導もほとんど受けずに終わってしまったのです。
その後仕事はしていたものの、介護施設だったため、看護師という肩書きはあってもペーパードライバーのようなものでした。

転職してきてから、まず採血の仕方から教えなくてはなりませんでした。
針の太さの種類も、どのスピッツにどのような項目が含まれるか、何の目的で採るかも。

子供を二人抱え、夫の帰宅が22時すぎなので、家事・育児も全て自分です。
おまけに勉強もしなくてはなりません。
Kさんは、本当に頑張りました。

仕事でも「自分は一番下っ端だ」という意識があるため、常に動き周っています。
仕事に対する姿勢自体は、そうあるべきだと思います。
しかし、家でまで頑張り続けるのは、正直無理があります。

Kさんはもともとパート勤務でした。
仕事をセーブしている分、家事・育児は全て自分がやるものと抱えていました。
家族もそう思っていたし、本人も母として・妻として、「ここまでやらねば」という見えないプレッシャーがあったのです。

ところが、最近は毎日ひどい頭痛に悩まされ、ロキソニンを分3で飲む毎日。
忙しくて、睡眠時間を確保するのがやっと。
とても「一人の時間をのんびり過ごす」なんてできません。

心身ともに、明らかに余裕のなくなっているのがわかりました。
仕事も出遅れている分、早くいろんなことを覚えなくてはいけない。
子供に寂しい思いをさせている分、家事と育児は手を抜いてはいけない。
「~いけない」ばかりで、がんじがらめになっているのです。

私は、手を抜きな、と言いました。
仕事ではなくて、家事のほうに。
フルタイムの正規職員として転職して来たのだから、パート時代と同じことができる訳ないんだからって。
旦那が手伝ってくれないなら、手を抜くことに目をつぶってもらいなよって。

日々、覇気がなくなっていくKさん。
お金をもらって働いている上に、キャリアも私と10年以上の差がありますから、仕事で手を抜けとは言えません。
けれど、家事は手を抜くところを割り切らなければ、身が持ちません。

私のアドバイスは、気楽な母子家庭ということもあるので、なかなかKさんが取り入れることは難しいかもしれません。
でも、これから長く看護師として働くのであれば、上手に手を抜くことも仕事の一つなんだと思うんですね。

日本の働く女性は、本当に頑張り過ぎです。
私が頑張っていないだけかもしれないけど・・・(*´ω`)
あなたも少し、肩の力を抜いてみるといいかもしれませんよ。



看護のお仕事