ゲームとネットに、生活が支配される?



看護師ノート推奨の転職サイト



時間ができたら、何をする?  PART2 ~正しいゲームとネットの使い方~

テレビとゲームが子供をダメにする!?

PART1では、主に、私達親の時間の使い方についてお伝えしました。
せっかくできた時間をどう使うか?
その前に、どうやって時間を確保するか?
今回は、現代っ子の時間の使い方について考えていきます。

子供が小学生にもなると、DS等の各種ゲーム機を持たせるかどうか、1日どのくらいを許可するか、各家庭によって大きく別れるところです。
我が家は、外遊びの好きな息子に付き合いきれないため、保育園の終わり頃に買いました。
欲しいとねだられたのでもなく、頼むからこれで家にいてくれ・・・と言ってDSを買い与えるなんて、珍しいことでしょう。

でも、使い方については子供と話し合ってから買いに行きました。
我が家は1回に連続してやっていいのは、1時間としています。
そして、DSで遊ぶのはやることが終わってから。

基本的にはルールといえばこのくらい。
それでも、平日は学校と習い事、その合間をぬってサッカーをしに外へ出ていくので、DSをやるのは夕食前後しかないんですね。
私が帰ってきたあとは、お風呂に入って少ししたらもう寝る時間。
だからDSもWiiUも持っているけれど、1回1時間ルールだけで十分。

ところが、ゲーム以上に害のあるものがあるんです。
それが、YouTube。
先に断わっておきますが、これ自体が悪いのではなくて、視聴する人の方の問題なのです。

我が家は私と子供の二人暮らし。
私は普段ノートパソコンで用を済ませています。
空いたデスクトップのパソコンを、子供用にしています。
以前はDVD専用パソコンだったんですけれどね、最近はYouTubeやAmazonのPrimeビデオが便利なので、動画再生用に使っています。

Praimeビデオでは、過去に放映された映画やテレビ番組が流れます。
ドラえもんやクレヨンしんちゃんの短編も観たりします。
怖いくせに、名探偵コナンを観ることもあります。
おかげで、家にあった大量のDVDを処分することができました。
これはこれでよかったのですが・・・。

特にYouTubeが好きな息子は、ひっきりなしにチャンネルを変えて観ています。
あれを観ていたかと思えば、終わる前から横に出て来たリストから次を選び次を選び・・・。
本当に落ち着きがありません。

そして、観ている番組も不思議。
なぜかよその家の子供がおもちゃで遊んでいるところをUPした動画だったり、クレーンゲームをやっているところの動画だったりします。
DSのゲームの画面を見ていることもあります。

小さいうちは、親がネット利用のルールを考えるべき

YouTubeはただでいろんなものが観れるし、どんどん観たいものが横のリストに出て来ます。
そこで子供はどうなったかというと・・・やることをちゃっちゃと片づけて、とにかくパソコンにはりつくようになりました。
といっても、時間的には平日はろくに時間ないんですけどね。

それでも、お風呂から出てすぐYouTube、寝る時間ギリギリまでYouTube・・・。
名前を呼ぶと、身体はこちらをむくのに顔はパソコンの画面を観たまま・・・。
さすがにこれはおかしい。
忙しい時間をぬってなんとかYouTubeを観ようとするので、お風呂もささっと終わらせる。

当初はやることをやっていたからよしとしていたのですが、生活がYouTubeにのっとられているみたい。
そこである日、私は平日のYouTubeを禁止しました。
土日だけ。
多分土日は外に遊びに行くだろうから、結局ろくに観ないと思うんですけど。

うちの子供は、珍しく外遊び(サッカー)が一番好きで、その暇つぶしがDS・WiiU、YouTubeなので、実際はパソコンにかじりついている時間は、平日の夜は1時間もありません。
でも、やることを終わらせて、せっかく作った時間がYouTubeでチャンネルをコロコロ変えているだけでは・・・いくら子供の時間だと言っても、よい習慣とは言えないと思うんですね。

そこで、親の方が使用を制限しなければいけないと思い、平日は使用禁止にしました。
その代り、子供の好きなかいけつゾロリシリーズのなぞなぞの本や、妖怪ウォッチのぬりえを買ってあげました。
パソコンにかじりついていた時間は、それらにかわりました。
そして、自然と「もう寝よ~」と、切り上げるように。

大人だって、ネット中毒になっている人は大勢います。
子供からしたら、寝るのも嫌だし勉強するのも嫌になるくらい楽しいものでしょう。
だからこそ、まだ自分で自分を律することのできないうちは、親が制限をかける必要があると思うんですね。

そもそも、子供にパソコン使わせてるのが悪い・・・と言われてしまいそうですが、これからの時代、パソコンが使えないのは致命的です。
全くパソコンに触らせないことも、ある種危険。

ただ使えるのではなくて、安全な使い方ができるように教える必要があるのです。
だから、パソコンが悪いのではなくて、正しく使えないユーザーの問題。

そしてこれは、私達親にも言えることではないでしょうか?
パソコンを開いては、動画を観たり、ネットショッピングに明け暮れる・・・これでは子供からしたら、「何で自分は同じことをしたらダメなのか?」と不満を抱きますよね。
まずは私自身も、パソコンを使っている正しい姿を見せないといけないなあと感じました。

結局我が家は少し、インターネット(YouTubeも、Praimeビデオも)から距離を置くことにしました。
ゲームと動画、子供を持つお母さんの悩みどころですねぇ。