働くためには、子育てを!!



看護師ノート推奨の転職サイト



お母さんの最大の敵は、夏休み!!

子供は嬉しい、母は憂う・・・それが夏休み

夏休み・冬休み・春休み・・・子供達は長期の休みで大喜びです。
いいですねぇ。
そう、子供はね。

1か月以上ある夏休みは特に、働くお母さんの悩みどころです。
普段は学校のあと、習い事で時間をつぶしている家庭も多いはず。
塾にお迎えに行って、子供と落ち合う・・・といった具合に。

我が家もそうです。
平日はほとんど習いごとが入っています。
ぎっしり何時間も、というわけではありません。
習いごとのあとでまだ時間があったら、外で友達と遊びます。

私は教育に熱心な方ではありませんが、これは家で暇する時間を作らないための、苦肉の策です。
子供が家で暇をもてあますと、お願いしてある母や姉に迷惑がかかるので、やることを与えてあるという感じです。

学童は、2年生や3年生になってくると、自分の遊びたい友達ができて来ます。
そんなとき、学童に入っていると自由がききません。
何より、保育園よりも早い時間に呼ばれるお迎えに、フルタイム+残業をしている見では、間に合いません。
毎日夕飯もお願いしているので、迎えも母達に・・・というのは気がひけます。

学童のお金もばかになりません。
月8000円ほどかかりますし、長期休みは高くなります。
おまけに、毎日お弁当・・・。

それに、月8000円払って、何かが身に付くものでもありません。
それなら、そろばんにでも行った方がいいかな、とも思うのです。
これはもちろん、私と子供を支えてくれる母と姉の存在あってこそなのですが。

我が家は実家にも姉の家にも近いので、最大限の協力を得ることができます。
しかし、実家と離れていたり、実家の親もまだ現役で働いているという場合には、この夏休みがお母さんの最難関となります。

学童に入れれば、割増料金の上に毎日お弁当作り。
学童に入れなければ、子供が家で何をしているか心配。
長期休みのことだけなんとかなれば、仕事に行きたいのに・・・というお母さんも、世の中には大勢いると思います。

実は私も、小学校1年生の夏休みの時に、夏休み期間だけ学童を利用するということも考えたのですが、それはできないとの返答でした。
結局、我が家は夏休みも姉に子供をお願いすることにしました。

夏休みは宿題もたくさん!!お母さんの宿題もたくさん!!

昼間は姉に子供をお願いすることにしていますが。
子育てにおける夏休み問題は、それだけではありません。
宿題です。

夏休みには、宿題がたくさん出ます。
1日中家にいるのですから、子供がやる量としては別に問題ないと思います。
1人でやってくれるのなら (-“-)

しかし、子供の勉強は、親が見てあげなければいけません。
特に低学年では、やり方そのものがわからないこともあります。
どんな宿題があって、どれくらいのペースでやればいいのかも、まだ自分では管理できません。
丸付けを親がやるように、という学校もあります。(結構多いですね、最近は)

しかし、宿題をやる間、私達母親は仕事に行っています。
結局、私の場合は姉が宿題まで見ることになってしまい、自宅で仕事をしている姉の手を煩わせてしまうことになり、頭を悩ませています・・・。
時には母もサポートに入ってくれますが、母に孫の宿題を見させるのも、なかなか難しいものがあるのです。

おまけに、夏休みの宿題は「夏休みの友」だけではありません。
読書感想文・絵日記・自由工作・自由研究・などなど、1人ではやらせられないわ・・・というものがたくさんあるのです。
それらを1つずつ片付けていくにも、フルタイムで働いている私達にとっては、週末を使わないと付き合いきれません。

でも、週末は夏休みの間でも4回・5回といったところ。
毎週何かをみてあげる計算になります。

それでさえ週末に片づけたい家事もあるのに、夏休み中は特別な課題まで一緒にやらなければならないのです。
毎日3食用意しなくてはならない専業主婦のお母さんも大変ですが、働くお母さんは子供の宿題=母親の宿題でもあるので、大変なんです。

自立・自律した子供に育てると、自分が楽

さて、子供をどこでどのように過ごさせるか、宿題をどうするか、夏休みのお母さんの悩みどころはたくさんあります。
誰でも大変ではあるのですが、子供1人1人によっても、その度合いが違います。

我が家は元気いっぱいで物怖じしないタチですし、家の中で遊ぶタイプではありません。
勉強をしたら、ご飯以外は外にいたいという子供なので、割と手がかからないほうだと思います。
だから、母や姉に託して、私は仕事に専念できるのです。

きき分けがよくて身の周りのことも自分で出来る子なら、誰かに預けやすいし、預けている間のこちらも心配が減ります。
でも、普段から親にべったりしている場合は、誰かに預けることも難しい。
そうなると、働きに出ることができません。

子供にとっては楽しい夏休み。
それを本当に楽しくしてあげるには、日頃から自立した子供に教育しておくことが、実はとても大切なことなのです。

ママナースは、家にいる時間が短いです。
宿題を始め、生活全般を自立した子供に育てておくことは、私達が働く上でも非常に重要なことなのです。