24時間保育と夜勤の両立



看護師ノート推奨の転職サイト



24時間保育完備の病院で子育てとの両立を目指す場合の注意点

生活の基本は、早寝早起き

大人も子供もそうですが、健康的な生活を送るためには早寝早起きは欠かせません。しっかり食べて、しっかり動いて(遊んで)、しっかり寝る。
それができないと、食べる時にもしっかり食べられるダラダラ食べるようになったり、夜更かしのし過ぎで朝が起きられなかったり。朝起きられないと、朝ごはんを食べずに保育園にいくことになったり。

そういう生活を続けていると、免疫力も下がります。
何よりも子供に大切な規則的な生活習慣を身に付けることが難しくなります。

では、看護師はどうなのでしょうか?
夜勤をこなす看護師は、本当に素晴らしいと思います。生理学的な生活リズムと違うことを続けているのですから。
私なんかは、4年目にしてもう夜勤はダメでしたね。そのあと単発で当直をやったりしましたが、一回の夜勤に対してその前後の身体の調整がとても大変で、しょっちゅう体調を崩していました。

ですが、夜勤をできるもしくはしなくてはいけない看護師の場合は、それをなんとか都合を付けてこなしている訳です。
でも、彼女たちの子供はどうでしょうか?
明日は夜勤だからいつ寝ようとか、夜勤明けに明日が日勤だからどのくらい寝ておこうとか、そんなことを考えて計算することは難しいですよね。

成長に大切な成長ホルモンは、22時~2時の間に分泌されると言われています。
その時間、落ち着いた環境下でぐっすりと眠ることは、子供の成長にとって必須。
ただ身体的な面だけでなく、ぐっすりと眠る子は精神的にも落ち着きます。

保育所で夜を過ごすことは、どうなのか?

ところが、お母さんが夜勤で仕方なく24時間保育に預ける場合は、どうなのでしょうか?
寝る時というのは、お母さんがそばにいて、落ち着いて本の読み聞かせなど眠る準備をしてから横になるのが望ましいのはわかっています。
けれども、お母さんはいないし、自宅でもないし、近くには他の子供もいるし・・・。
確かに夜は眠いので、眠るかもしれません。しかし、それは落ち着いた環境とは言えませんし、目覚めた時にお母さんがいるかもわかりません。

働くお母さんは、大変です。自分の体調管理だって大変なのに、育児まであります。
しかし、どうしても実家や夫が見れずに、夜間も保育所に預けるくらいなら夜勤は辞めた方がいいと、個人的には思っています。
やはり、小さいときからの生活習慣は、その後も続くからです。

どうしても夜勤をやらざるをえない、預ける人がいないという場合もあるでしょう。
しかし、女性には仕事のペースを落とす時期も必要です。
子供が大きくなったり、家庭環境が整ったら夜勤をやってもいいと思いますが、それまでは昼間だけの仕事を探してはどうかなと思います。

子供は、日中も保育所に預けられてお母さんを待っています。それが、夜寝るときにも横にいてもらえないなんて・・・それは寂しすぎます。
そんなこと言ったって、どうしようもないじゃない!!という場合は、その代りに夜勤の前後は思いっきり子供と触れ合う時間を持つように、意識的に努力すべきです。
ただし、現実は夜勤明けはあなた自身も疲れ切っているでしょうし、そんなゆとりがあるかどうかはわかりませんね。

夜勤を頑張る看護師がいるからこそ、医療現場は成り立っています。しかし、あなたの子供の一生に関わる問題です。
親ができることは、子供を自立させること。でも、そのためには規則正しい生活を身に付けなければなりません。
逆に言うと、これだけは守らなければいけないことだと言えるのではないでしょうか。

環境的に整っていない時には、夜勤から外れるという選択肢を選ぶべきではないかなと思います。
夜勤をしなくても活躍できる場はいっぱいありますからね。親も子供も、無理は続きませんよ。