看護師として子供に教える、職業観



看護師ノート推奨の転職サイト



子供に教える、仕事観

看護師にお盆は関係ナシ!!

毎年楽しみにしているお盆休みや夏休み、あなたはどうすごしているでしょうか。
といっても、世間がお盆と言っているだけで、実際に世間並のお休みをもらっている看護師はあまりいないのでは?
フルタイム勤務なんてしていれば、特に。

私は外来勤務ですが、毎年かろうじて3連休がもらえるくらいです(でも、ありがたい~)。
だから、特別なことはあまりしていません。
休みだからといって「ディズニーランド連れて行かなきゃ!」とか、思いません。体力的にもできませんし・・・。

我が家の息子は、遠出が大嫌い。車にじっと乗っているのが嫌いなんです。
おかげで、夏休み中に「○○行きたい!!」とは言われなくて助かっています。それよりも「○○ちゃんと遊びたい!!」の方が多いですね。
とにかく、私は夏休みといっても泊りがけでどこか旅行に・・・なんて行かずに済んだので、身体もお財布も守られました(笑)。

あなたはどうでしょうか?
旦那さんと休みが合わなかった・・・という人もいるのでは?そんな時に、「自分ばっかり休みにも働いている」と思いたくもなりますよね。
今日は少し、働くことについて考えてみたいと思います。

休みの日に働く人は、カワイソウ?

私自身は、一応土日が休みということになっています(土曜出勤の日もありますけど)。
しかし、休みの日に働いてくれている人がいることは、子供に教えるようにしていますよ。病院だけでなく、コンビニ、スーパー、プールだって。
海には、恰好いいライフセーバーさんがいましたしね!!

それぞれの人に家族がいるし、自分の生活がある。
ママは今日お休みをもらっているけれど、この人達が今働いてくれているから、私達が今買い物もできるし、楽しく遊ぶことができるんですよ、と言っています。

そして、そういう人達の仕事を「かわいそうね」とは言いません。「ありがたいね」と言うようにしています。
仕事には確かに給料や待遇面の格差があります。それは事実ですけれど、職種に優劣はありません。
働かないで親の稼いだお金で家にいる人と、世間が休みでも必死になって働く人、どちらが本当にかわいそうな人でしょうか?

自分で働いて、生活する。社会のためになることをしている。
それはとても素晴らしいことなのです。生きているという実感を得られます。

私達看護師は、確かに一般の事務職員より高い給与を得ています。
専門職、プロだから毎月の給料が高いのです。それだけの自己研鑽が日々必要だから。
ということは、給料の額だけで看護師は務まらないということ。使命感、責任感、そういったものがなければ、働き続けることはできません。

では、他の仕事はどうでしょうか?
それぞれに、使命感を持って仕事をすることが必要ではないでしょうか。
現実は、他に付ける仕事がなかったから派遣で交通整理の仕事をしていたとしても、その人がいい加減な仕事をしてしまったら事故が続出します。
やはり、適当にやっていい仕事ではありません。

私達はこどもに、どんな職業観を伝えられるでしょうか?
お盆休みも働く人は可愛そうなのか?
お盆休みにどこにも連れて行ってもらえない家の子は可愛そうなのか?

看護師として、1人の親として、仕事のあり方も子供に教えていきたいですよね。