一見よさそうな大学病院の求人、育休明け制度は大丈夫?



看護師ノート推奨の転職サイト



「大学病院の育児環境」実際の求人はココをチェック&要注意!~子育ての環境は、大丈夫?~

【求人例】財団法人○○大学 ○○大学付属病院の場合

募集職種 正看護師
雇用形態 常勤(夜勤有り)
配属先 病棟
勤務地 東京都○○区○○
交通情報 東京メトロ○○線 ○○駅 徒歩8分
給与 月収251,600円~ (※手当含む)
【正看護師:4年制大学卒業:新卒の場合】
274,530 円 (※主要手当51,150円含)
賞与 年2回 / 5.6ヶ月
手当 夜勤手当:13,000円~/回
勤務時間 【日勤】08:00~16:30 / 【夜勤】16:00~09:00
夜勤・交代制勤務 2交代制
休日・休暇 年間休日:125日
4週8休以上
祝日、創立記念日、年末年始(6日)、夏季(5日)、年次有給休暇、慶弔休暇、産休、育児休業、介護休業等
寮あり
保育施設・託児所 保育施設・託児所あり
通勤 車通勤不可
福利厚生その他 社会保険完備(雇用保険 / 労災保険 / 健康保険 / 厚生年金)
制服貸与あり
教育制度 院内研修
院外研修
プリセプターシップ
応募条件 経験者歓迎
病棟経験必須
施設形態 大学病院
病床数 796床
SCU 3床 / 一般 768床 / 精神 28床 / 高度救命救急センター(CCM) 40床 / ICU 15床
ICU (特定集中治療室)
SCU (脳卒中ケアユニット)
診療科目 内科 / 消化器科 / 呼吸器科 / 循環器科 / 神経内科 / 精神科 / リウマチ科 / 小児科 / 外科 / 整形外科 / 形成外科 / 脳神経外科 / 心臓血管外科 / 皮膚科 / 泌尿器科 / 産婦人科 / 眼科 / 耳鼻咽喉科 / 放射線科 / 麻酔科
看護基準 7:1
救急指定 三次救急指定病院
カルテの種類 電子カルテ


育休復帰後、どんな働き方が想像できる?

この大学病院は、この求人情報からすると三次救急まで受け入れていますし、全科オープンしていますね。
夜勤ありの、病棟勤務です。

さて、このような医療機関で働くには、相当なメンタリティーと仕事に専念できる環境が必要になります。
医療の進歩は目覚ましいので、三次救急といった本当に最先端の医療を提供する病院は、そこで務める私たち看護師にも、相応の知識とスキルが求められます。

そのうえ、全科フルオープンしているので、異動もつきもの。
移動するたびに、新しい部署の疾患や治療を覚えなくてはなりません。

そうなると、いくら託児所があったとしても、育児休暇明けからバリバリに夜勤もこなして勉強会も出て、残業もこなして・・・というのは、結構ハードルが高いのではないでしょうか?
託児所も24時間対応なのか、それとも19時までといった時間が制限があるのでしょうか?

仮に、託児所が19時までとします。
残業があったり、勉強会やカンファレンスがあった場合、迎えに行けなくなります。
だからといって、「お迎えがあるからお先に失礼~」と帰ることができるでしょうか?
ちょっと危険ですね。

産休や育休の制度はあったとしても、その育休も3年間認められるのか、それとも事実上MAXで1年までしか認めていないのか気になります。
そして、育児休暇明けに仕事モードになれるまで、もしくは子供がある程度成長するまで時短勤務が認められるのか?

小学校に入るまでは週20~24時間の短時間勤務が可能であれば、院内保育所の迎えに間に合わないということはないでしょう。
それに、少し余裕をもって家事育児と仕事の両立を図ることができます。

今、たくさんの病院が育休を3年とる看護師や育休明けの時短勤務者が増加しており、フルタイムで病棟所属のできる看護師が少なくなっています。
そうなると、パートに対して少ない数の正規職員が残り仕事や委員会、勉強会、その他全ての負担を強いられることになります。

だからこそ、あなたが子育て中もしくはこれから子育てをする可能性があるというのであれば、育児休暇明けの体制についてはしっかり押さえておきたいところですね。

「実家にお願いするから大丈夫」と思っていても、頼みの綱である実家の母親が倒れたり仕事を続けざるをえなかったりと、そのときの状況によっては子供の世話を頼めなくなることもあるからです。

考えすぎかもしれませんが、できる限りの万全の態勢で復帰しておくことが、後々子供もあなたも仕事に振り回されずにすみますからね。