院内託児所があるから、復帰後はバッチリ?



看護師ノート推奨の転職サイト



「リハ病院の託児所」実際の求人はココをチェック&要注意!~お迎えが間に合わない!!~

【求人例】医療法人○○会 ○○リハビリテーション病院』の場合

募集職種 正看護師
雇用形態 常勤(夜勤有り)
配属先 病棟
勤務地 福岡県○○市○○
交通情報 JR日豊本線 ○○駅 徒歩10分
給与 月収210,000円~ (※手当含む)
【正看護師:経験1年・賃貸世帯主の場合】
月給:249,000円(※基本給+夜勤手当4回+諸手当)
賞与:782,000円
想定年収:3,770,000円
~月給内訳~
基本給:170,000円
業務手当:25,000円
住宅手当:15,000円(※扶養家族なしの場合は-5,000円)
家族手当:3,000円(※子どもが学生の場合のみ支給)
夜勤手当:36,000円(9,000円×4回)
賞与 年2回 / 4.6ヶ月
手当 夜勤手当:9,000円~/回
通勤手当:~30,000円
特別手当:15,000円
(※遠方より赴任する場合、2年間)
家族手当:3,000円
学生の場合
業務手当:18,500~25,000円
住宅手当:8,000~15,000円
勤務時間 【日勤】08:00~17:30 / 【夜勤】16:00~09:00 / 【遅出】10:30~19:30 / 【遅出】11:00~20:00
夜勤・交代制勤務 2交代制
休日・休暇 年間休日:120日
【勤務形態】シフト制
【休日】年次有給休暇(※入職後3ヶ月で10日付与。2年持ち越し可。最大40日)
寮なし
保育施設・託児所 保育施設・託児所あり
保育料:20,000円/月(※食費別)
保育時間:08:00~18:00
最寄り駅の前(徒歩4分)に提携の託児所有。
通勤 通勤手当:上限30,000円/月
車通勤可
近隣駐車場を各自で確保※相場:5000~7000円。通勤手当+駐車場代2000円/月の手当あり
福利厚生その他 社会保険完備(雇用保険 / 労災保険 / 健康保険 / 厚生年金)
退職金制度あり
(最低勤務年数:3年)
産休・育休の取得実績あり
定年制度:60歳
教育制度 OJT(現場教育)、院外研修有り
応募条件 未経験可 / ブランク可 / 経験者歓迎
施設形態 一般病院 / 居宅介護支援 / 訪問リハ / 通所リハ
病床数 178床
障害者施設等一般病棟 30床 / 回復期リハビリテーション病棟 148床
診療科目 内科 / 神経内科 / 精神科 / 整形外科 / 皮膚科 / リハビリテーション科 / 歯科
看護基準 15:1
カルテの種類 紙カルテ


保育時間と日勤終了の時間に要注意!

出産して育児休暇を経たママナースが復帰するときに直面する問題は、子供の保育環境。
一般的にはこの方法のどれかを選択する人が多いですね。

➀院内託児所(年齢制限あり)
➁認可保育所
➂無認可保育所
➃両親に預ける
➄幼稚園に入る年齢まで、復帰しない

幼稚園の入園は、保育園で言うと3歳児(年少)になります。
この年からは、子供の受け入れが急激に広がります。
保育園でも定員が増えるのが、3歳児クラスから。
そして幼稚園もあります。

0~2歳までの3年間、満1歳まで育児休暇をとった場合は、幼稚園にあがるまでの2年間がふんばりどころです。
➁も➂も、都市部では不足しています。
そして都市部ほど両親と同居していませんから、➃も無理。

結局、➀か➄になるわけです。
➄を選択する場合は、産休に入るときに退職していることでしょう。
育児休暇をとるだけとってしまったという人は、院内託児所に預けて復帰することになりますね。

院内託児所は、職場からも近いしなんたって安い!!
私が子供を7か月で預けた時は、まだ夫婦そろっていたこともあり、認可保育所は月63000円かかりました。
このケースでみると、院内託児所は月20000円⁺食費ですね。

病院側は、院内託児所を設けて子育て中の母親を支援します。
しかし、現場はそうではありません。
保育時間と日勤の時間をよーく見てください。

保育時間は08:00~18:00、日勤は08:00~17:30 です。
8:00にならないと預けられないのに、日勤が8:00という設定が、完全に矛盾しています。
おそらく勤務開始は8:30だと思います。(労働時間的にみて)

また、問題となるのは朝だけではなく、お迎えもそう。
日勤終了から保育終了まで、30分しかありません。

病棟を出たあとで着替えをしに更衣室へ行き、そこから保育所まで迎えにいくのが18:00までということです。
16:30から申し送りをしたとして、送りを終えて更に残りの仕事(記録や看護計画立案・修正、指示受け等)全て終えて、17:30に職場を出られるでしょうか?
定時から15分もオーバーすればアウトです。

私の職場でも、全く同じ状況の若いスタッフがいます。
小児科外来勤務のSさんは、復帰後院内託児所に子供を預けてフルタイム復帰しました。

しかし、小児科外来に配属されている看護師は1人。
小児の入院病棟のない当院は、小児科外来はクリニックと同じレベルなのです。
そこにクラークさんを1人つけて、2人でまわしています。

17:00までが外来受付時間ですから、どうしても繁盛期には定時で帰れません。
そこで、一般外来に勤務している私達にかわってくださいというのです。

時間外だけ変われって!?
正直、気分よくありませんよ。
私だって子供いますしね。

それに、私達成人の一般外来は、患者数も開いている科も多く、緊急入院や救急車の受け入れもあります。
とても応援に行く余裕がありません。

それでも、手の空いているときには17:30で交代しますが、行けないときもあります。
結局、どうしても間に合わないときには、義母にタクシーで迎えに行ってもらう日も出てきました。
義母は車の運転ができないのです。

正規で働くのであれば、残業は受け入れなければなりません。
パートさんよりも先に帰るわけにはいかないのですから。

Sさんは結婚前からその部署(小児科外来)に勤務していたのですから、残業が出ることもわかってたはず。
子供が小さいから変わってもらうのは当たり前、と思っていたのでしょうか?
とすると、図々しいというか、見通しが甘い。
自分以外の人が迎えに行くことを考慮していないのです。

この求人例も、全く同じです。
日勤で本当に定時で帰ることを、事務サイドでなく現場が認めてくれるのか。
現場に、フォローするだけの人間がいるのか。
定時で帰りやすい雰囲気になっているのか。

求人自体が夜勤ありの正規でしか募集していないので、結局のところは夜勤の間子供をサポートしてくれる人が必要ってこと。
日勤が長引いた時、その人が迎えに行きやすい場所に、託児所はあるでしょうか?
そもそも、おじいちゃん・おばあちゃんに送迎を頼むなら、院内託児所の意味がありません。

ここら辺は、面接で本当のことを聴き出すのは難しいかもしれません。
しかし、必ず出てくる問題です。
迎えが間に合わないからと、翌月にはパートに契約を変更したり、退職・・・ということにもなりかねません。
院内託児所の使い方は、よく考えないといけませんね。