転職でボーナス支給条件が変わると、家計が破たんする!?



看護師ノート推奨の転職サイト



「リハ病院のボーナス」実際の求人はココをチェック&要注意!~転職して生活が破綻しまうリスク~

【求人例】医療法人○○会 ○○リハビリテーション病院』の場合

募集職種 正看護師
雇用形態 常勤(夜勤有り)
配属先 病棟
勤務地 福岡県○○市○○
交通情報 JR日豊本線 ○○駅 徒歩10分
給与 月収210,000円~ (※手当含む)
【正看護師:経験1年・賃貸世帯主の場合】
月給:249,000円(※基本給+夜勤手当4回+諸手当)
賞与:782,000円
想定年収:3,770,000円
~月給内訳~
基本給:170,000円
業務手当:25,000円
住宅手当:15,000円(※扶養家族なしの場合は-5,000円)
家族手当:3,000円(※子どもが学生の場合のみ支給)
夜勤手当:36,000円(9,000円×4回)
賞与 年2回 / 4.6ヶ月
手当 夜勤手当:9,000円~/回
通勤手当:~30,000円
特別手当:15,000円
(※遠方より赴任する場合、2年間)
家族手当:3,000円
学生の場合
業務手当:18,500~25,000円
住宅手当:8,000~15,000円
勤務時間 【日勤】08:00~17:30 / 【夜勤】16:00~09:00 / 【遅出】10:30~19:30 / 【遅出】11:00~20:00
夜勤・交代制勤務 2交代制
休日・休暇 年間休日:120日
【勤務形態】シフト制
【休日】年次有給休暇(※入職後3ヶ月で10日付与。2年持ち越し可。最大40日)
寮なし
保育施設・託児所 保育施設・託児所あり
保育料:20,000円/月(※食費別)
保育時間:08:00~18:00
最寄り駅の前(徒歩4分)に提携の託児所有。
通勤 通勤手当:上限30,000円/月
車通勤可
近隣駐車場を各自で確保※相場:5000~7000円。通勤手当+駐車場代2000円/月の手当あり
福利厚生その他 社会保険完備(雇用保険 / 労災保険 / 健康保険 / 厚生年金)
退職金制度あり
(最低勤務年数:3年)
産休・育休の取得実績あり
定年制度:60歳
教育制度 OJT(現場教育)、院外研修有り
応募条件 未経験可 / ブランク可 / 経験者歓迎
施設形態 一般病院 / 居宅介護支援 / 訪問リハ / 通所リハ
病床数 178床
障害者施設等一般病棟 30床 / 回復期リハビリテーション病棟 148床
診療科目 内科 / 神経内科 / 精神科 / 整形外科 / 皮膚科 / リハビリテーション科 / 歯科
看護基準 15:1
カルテの種類 紙カルテ


ボーナスをどのくらいアテに生活しているか

あなたは、普段の生活における支出のうち、ボーナスからの補てんをどのくらいしているでしょうか?

ただ漠然と、少しずつ引きだしているうちになくなってしまう・・・
ボーナス払いの住宅ローンがあり、夏冬20万円ずつ計40万円引かれることがわかっている・・・
クレジットカードの支払いを、ボーナス払いにしているものがたくさんある・・・

こんな人は要注意。
転職によって、生活が破綻してしまう可能性があるからです。

今回の求人を例に考えてみましょう。
この求人では、月給249,000円に対しボーナス782,000円で、年3.14か月分です。
べらぼうに低くはありませんが、高くもありません。

こちらの求人では、都内の大学病院だったこともあり、月給274,530 円 のボーナス5.6ヶ月分でした。
金額としては1,537,368円ですから、今回の求人とは755,368円違います。
もちろん、これは手取り額ではありませんが、ほぼ倍ですね。

さて、あなたが年78万円のボーナスのうち、60万円が手取りだったとしましょう。(かなり大雑把な計算ですが)
上で挙げたように、住宅ローンの支払いが40万円あるとすると、ボーナスはそれだけで残り20万円です。
子供の教育費も貯めなくてはならないし、自分達の老後資金も貯めなくてはならない・・・。

それまでの勤務先がボーナスの支給額が高いところであればあるほど、転職時には要注意です。
ボーナスの低い求人は、総じて基本給も低いです。
ボーナスが下がる分、毎月の収入から貯めよう・・・と思っても、なかなかそうはいかなくなってしまうものなのです。

また、ボーナスの支給月は各医療機関で少しずつズレがあります。
私の職場の人は、今住宅ローンのボーナス払いに四苦八苦しています。
その人は、前職が6月と12月にボーナスが支給されていたので「使わないうちに」と、6月と12月にボーナス払い20万円ずつを組んで契約したのです。

ところが、今の職場ではボーナス支給月は7月と12月です。
12月の支給から7月までが7か月も間があき、それでさえ6月には貯えが少ないというのに、ボーナスの入る前に住宅ローンのボーナス払い20万円が課されてしまうのです。

その人は、私と同じシングルマザー。
偶然にも同じようなマンションを購入していたのですが、私との大きく違うのはこのボーナス払い。
それだけで、生活がとても不安定の綱渡り状態になってしまうのです。
ボーナスをあてにする生活がどれだけ転職時にリスクを抱えるのかを、考えさせてくれる例となりました。

基本給やボーナスだけで転職先を決めるのは危険です。
人が居つかないからこそ、高く釣り上げてある可能性もありますから。
けれども、ボーナスの額や支給月によっては、あなたの今の生活が脅かされることにもなりかねない問題なんですね。

ダンナの給料があるから大丈夫!!と思っている奥様ナースも。
転職時には自分の家計が抱えるリスクを考えて、求人条件をみてみましょう。