生活のためではなく、使命感で働く



看護師ノート推奨の転職サイト



生活のためじゃない、私の意思で働いているんだ PART2

働かなくてもいい人ほど、働きモノ!?

PART1では、私が自宅マンションを手放してローンがなくなってから、逆に仕事をたくさんこなすようになった、ということをお伝えしました。
これは、ローンのために働かされているのではなくて、私の意思でフルタイムで働くことを選択したから。

私の職場には、すごい人がいます。
夫も子供も会社経営をしていて、実はすごいセレブのおばさま。
働かなくてもいいんですよ、全然。
車はBMWを数年で買い替えているし(うちの給料でそんなことができるほど、看護職の給料は高くありません・・・)。

しかもそのおばさまは准看なので、正看よりも給料は低いのです。
社長夫人のそのおばさまは、なぜ安い給料でも働くのでしょうか?

それは、自分が必要とされているから。
おばさまは、当院の内視鏡室をずっと切り盛りしてきた人物です。
准看とは言っても、ものすごい存在。

しかも、60歳を過ぎてから内視鏡の認定をとりました。
夜の緊急内視鏡の呼び出しにだって、真っ先に駆けつけます。
残業だって一番するし、医師の無茶振りにもどうにかしてまわして応えます。

繰り返しますが、このおばさま、働かなくていい人なんですよ!?
家でのんびりお茶してたってあまるお金を持っているし、働くにしたって半日のパートだっていい。
夜の呼び出しや残業をこなす必要はないのです。

働いた分の時間外請求はしますが、別に時間外手当が欲しくてしているのではないのです。
そう、自分が働くと決めたから、そして必要とされているから働くのです。

一方で、シングルマザーで子供を数人抱え、生活のために夜勤をやっている看護師もたくさんいます。
夜勤をやるのは、通しで1回やるとそれだけで2万円弱の夜勤手当がつくから。
月の勤務のほとんどが夜勤、という人もいます。
(勤務表的にはかなりアウトだと思いますが、事務方がどうにかごまかしていると思われる・・・。)

その人も、確かにすごく働いています。
尊敬してしまいます。
4年目で夜勤をリタイヤした私からすると、スーパーウーマンです。

でも、その人と前述のおばさまは違うんですよ。
・夜勤をしなくては生活費が足りないから、やる
・必要とされているから、私がいなくては患者さんが困るから、やる
大きな違いですよね。

私自身、マンションを売却してローンから自由になりました。
最近は、田舎暮らしに必要不可欠と思っていた車も手放しました。
生活をだんだんダウンサイジングして、今は別に役職手当も残業手当もなくても、生活自体はできるラインまで来ました。

おばさまのように、本当に働かなくてはいい状態には、この先絶対になりません。
シングルですからね。

でも、このおばさまのように自分の意思で働くためには、誰かに必要とされているという使命感が必要だと思うのです。
生活するために仕方なく働くのと、明らかに同じ8時間の勤務の内容が違います。
仕事の密度・濃さ、そしてモチベーションが。

とりあえず勤務時間内に仕事をしていれば、給料はもらえます。
生活のために仕方なく働く人は、必要最低限の労力で給料をもらおうと考えます。
使命感から働く人は、そんなことは考えません。
あとから給料がついてくるのです。

世間の大半の看護師は、生活費を稼ぐために働いているでしょう。
私だってそう。
でもそこに、使命感や責任感が伴っているでしょうか?

あなたは、何のために働いていますか?