自由な時間、何にあなたは割いているのか



看護師ノート推奨の転職サイト



時間どろうぼうはなんだ?

あなたは何に、時間を費やしているのか?

仕事に家事に育児に・・・時間に追われていると、1日があっという間に終わってしまいます。
仕事行って、帰って夕飯・お風呂・片づけ、そして寝るだけ。
そんな毎日。

でも、1週間は仕事をしている日の方が多いわけで(フルタイム勤務なら)、仕事の日には全く自由な時間がない・・・というのでは、なんだか寂しいしつまらない。
年をとって仕事を引退すれば、時間はたくさんできます。
でも、そこまで自分の好きなことをせずに終わってしまうのでしょうか?
60代半ばまで、家は寝るだけの場所?

嫌ですよね、そんなの。
少なくとも、私はいくら子供のためとは言っても、仕事・家事・育児だけで自分の時間が終わってしまうのは嫌。
心にゆとりもなくなってしまいます。
仕事のモチベーションも下がります。

自分の自由な時間をなんとか死守する。
それが、私が仕事を続けていく上で必須なのです。

では、家での時間を何に使っているのか?
寝るまでの間で、どうやって自分の時間を取るのか?
これについて考えてみましょう。

私の帰宅時間は、だいたい18時半から19時半です。
19時半に帰宅したときは、大忙しです。
20時に子供に寝る支度(歯磨き、トイレ)をさせて、20時半には眠っている状態にするようにしているから。

帰宅時間が遅い日には、申し訳ないけれどシャワーだけになってしまったり、お風呂を入れてもさっと入って出て、布団へ・・・となってしまいます。
自分の帰りが遅くても、子供の就寝時間は変えません。
そんな日は、子供の寝たあとで洗濯をしたり洗い物をします。
夕飯は食べない日もあります。

では18時半に帰ったときは、どうかといいますと。
子供を20時に寝かせるまでは一緒。
子供が寝るまでに、家事も済ませることができます。

では、家事が全て終わったあと22時の就寝時まで、何をしているのか?
ここが私の自由時間。
めいっぱい自分の好きなことをしたいところ。

でも、そうはいかないんですよね。
1日中立ちっぱなしで働いて、帰っても家事をやって、ようやく座ったら・・・気が緩むんです。
そして何をするかといったら、ネットサーフィンですね。

私のネットサーフィンは、AmazonやSony Readerで新しい本や面白そうな本を探すことが多いです。
ありがたいことに、「あなたへのお勧め」というのを開いていくと、エンドレスなんです。
また、好きなブロガーさんのブログをのぞいてみたり。

その時間で、本物の本を読めばいいのに・・・。
そう思うのですが、なかなかやめられない。

残業ゼロの日には、ついつい実際の書店にもよってしまいます。
平気で30分・1時間過ごせます。
せっかく定時で終われたのに、立ち読みやめぼしい本を探し歩いただけで終わってしまう。
むしろ、いつもよりも帰りが遅くなってしまった・・・なんてこともありますね。

本は私の生活に欠かせないもの。
実店舗の書店は、私のヒーリングスポットです。
時間的に寄れない日は、ネットで本を探して代用しています。
だから、完全なムダな時間ではない。

けれども、そうやって本探しをしているだけで、あっという間に時間が過ぎてしまうのも事実。
そこで私は、やることが終わるまではネットにつながないことにしました。

例えば、調べものをしなければならないとか、家計簿を付けるとか、書類を整理するとか。
こうやって私より若い世代の方達へのメッセージを書くことも、やることの1つにしています。

私の時間泥棒は、インターネット。
あなたはどう?
スマホのゲーム?それともテレビ?

振り返ったら、何も充実感のない時間を過ごしてしまった・・・ということにならないためにも。
あなたの時間泥棒は何か、自覚しておきましょう。
そして、本当に自由に時間を使っていい、というときに許してあげるのです。

さあ、あなたは仕事から帰って寝るまでの間に、何をしましたか?
ここ最近の3日間の動きを書きだしてみましょう。
そこに、あなたの時間泥棒がいるはずです。