不満や愚痴は少しおさえて・・・



看護師ノート推奨の転職サイト



仕事に感謝する ~今の仕事を選んだのは、誰?~

仕事への不満ばかりが口から出る・・・そんな時は、こう考える

働く世代は、仕事を中心に生活がまわっています。
1日は24時間しかないし、出勤する日の方が休日家にいるより多いのだから、当然です。

でも、そうなると増えてくるのが不満。
仕事がある、雇ってもらう、給料を毎月もらう・・・こういった勤め人の恩恵が、当たり前と思えてしまうんですね。

雇われて働くときには「休みが欲しい」「早く帰りたい」「もっと楽な仕事がいい」とか思っています。
それが、自分で起業すると全く変わるんですね。
人一倍長く働くようになるし(土日も)、楽な仕事ばかり選んでいては仕事が成り立たないし。

私達看護師は、フリーランスや起業とは縁遠いところにありますが。
私は年に数回ほど体調不良で寝込んでしまうので、仕事の有難みを感じる機会があります。
寝込んでしまうのは困るのですが、仕事について深く考える機会を与えられていると思えば、それもまた有難いことなのかもしれません・・・。

例えば、こんなふうに考えてみます。

お蕎麦屋さんが、12月31日に体調を崩したら?
1年の中でどのくらいの売り上げを喪失するでしょうか。
それ以上に、どれだけの信頼を失うでしょうか。

美容師さんが、成人式の日に体調を崩したら?
何か月も前から予約をしている新成人達が、成人式までに髪のアップと着付けに間に合わなくなってしまいます。

お蕎麦屋さんも美容師さんも、こういう一大イベントの日に休むというのは、ありえないことなんですね。
それこそ死活問題。
下手したら賠償責任も出てしまいます。

一方で私達は?
確かに、自分が夜勤帯に体調を崩しても、今から来てくれる人はいません。
だから必死で、その勤務帯はなんとかします。
でも、本当に体調不良の場合なんかは、その後はなんとかしてもらえます。
むしろ、インフルエンザやノロウイルスに感染した場合、出勤停止ですね。

その休みの期間、有給を消化させられてしまうことになったとしても。
翌月の給料を確実に支払ってもらえるし、給料の額だって減らない(ハズ)。
なんて有難いことでしょうか。

おまけに社会保険料は労使折半だから、全額自分で払っているわけじゃありません。
ひとたび仕事を辞めてしまえば、自分で払わなければ将来の糧がなくなってしまいます。

こういったことを、私は体調不良で休む際に考えます。
有難いなあ。
復帰した時にも、仕事がある。
有難いなあって。

先日は、インフルエンザにいろんなことが重なって、本当に丸5日布団から出られない状態になりました。
復帰しても体力が全然なく、半日ずつしか働けず。
ようやく1日復帰という日も、15時すぎたらヘロヘロで・・・早退させてもらいました。

それでも、私の来月の給料は減りません。
時間外がつかないくらい。
有給も7日くらい消化したって、また4月1日になれば翌年度分の有給がつきます。

有給は読んで字のごとく、「給料の有る休み」です。
自営業なら、休んだ分の売り上げが天から降ってくることはありません。

私は、不満ばかりが口をつくようになったと感じたら、こうやって仕事のある有難味、毎月生活していくことができるだけの給料が支払われることに感謝するようにしています。
意識的にね。

誰かに頼まれて、今の仕事始めた?・・・そんなことないでしょ!

仕事のあること、体調不良で休んでも給料をもらえることを有難く思う。
それでも、「仕事なんてイヤだーっ!」って気分になったら?
また違う考え方をしてみます。

今の仕事、どうやって決めたんだろう?
誰かが急に自分の前にやってきて、「明日からこの条件で来てください」って言った?
急にえらーいオジサンがやってきて、「明日からここで働きなさい」なんて言った?

そんなことないですよね。
全て自分で行動し、選択した結果です。
私の場合なら、これだけのプロセスを経ています。

転職までに行った選択と決定の数々

全て自分で選択し、決定して今の職場にいるのです。
条件もね。
ただ、勤務条件については実際に就職してから土曜日の出勤が加わったり、残業をやるのが責務のようになってしまったのですが・・・。

それすらも、結局は自分で受け入れたことです。
本当に契約外だから嫌だというのなら、突っぱねればよかった。
すぐに辞めて、違う転職先をまた探せばよかった。
でも、それをせずに今のところにいる。

結局は、自分で選択したことなんですよね。
生活のためではあったとしても。

そうなると、誰かのせいにしたり、文句ばかり言っているのがおかしいと感じます。
自分でしたことの責任を自分で取るのは、当然でしょう?
社会人なら、そういう考え方になるはずです。

まあ、最近は大人になりきれない大人もいますし、私自身まだまだ中身が薄いなぁ・・・と感じることも多々ありますから、偉そうなことは言えませんけれど。

どうせ働くなら、気分よく働きたいじゃありませんか。
だから、不満が出たときにはこうしてみて。

今の仕事に感謝する
自分が選択・決定したことなんだから、責任をとる

少しは不満や愚痴だらけの日常が変えられるでしょうか?
今回は、自分自身への戒めも兼ねてお伝えしました。



新しい環境を求めるときに活用したい転職支援サービスランキング

看護のお仕事
転職支援・求人紹介サービス01
利用料金無料
医療機関情報全国12万件以上
内部事情転職先の雰囲気・離職率・人間関係について聞ける!
条件交渉給与はもちろん、夜勤や配属などの待遇交渉をしてくれる!
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK!すぐに転職するつもりがなくても登録して情報収集できる
興味がない求人は断れる?もちろん!担当者に紹介された求人が希望に合わなければ遠慮なく断れる

「看護のお仕事」の強みは、様々な医療機関(病院だけでなく、クリニックも)の求人や条件を比較したデータを持っていること。職場を変えることが自分の人生を見つめ直す良い機会になりますよ。
ナースではたらこ
転職支援・求人紹介サービス02
利用料金無料
医療機関情報全国9万件以上
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「今の働き方をこういう風に変えたい」という希望をしっかり伝えることで、ナース一人ひとりの悩みと向き合ってくれる転職支援サービス。
ナースフル
転職支援・求人紹介サービス03
利用料金無料
在職中の利用OK
内部事情気軽に聞ける!
条件交渉あり
非公開の求人情報あり
情報収集が目的OK
興味がない求人は断れる?OK

「ナースフル」は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城) 、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀) 、東海(愛知) 、九州(福岡・熊本・大分)の求人に力を入れている転職支援サービス。