マイルールを、貫こう



看護師ノート推奨の転職サイト



初志貫徹 ~ 続けることは、口で言うより難しい ~

みんな最初だけ!なんです

4月の年度始めや、1月の年始には、「今年(度)は〇〇するぞ!」と目標を立てた人もいるでしょう。
私は毎年大晦日の日に、来年の目標をExcelで作っています。
それを時々開いては、軌道修正をするように心がけています。

しかし、なかなか全てが目標通りにはいかないもの。
ほんの数か月で挫折する目標も・・・。

「継続は力なり」「初志貫徹」
口で言うのは簡単だけれど、これをずっと続けることは、ものすごい努力が必要です。

私の部署では、ほとんどのスタッフが私より後に入ってきました。
といっても、私もようやく5年経ったところなので、入れ替わりが激しすぎるのです。

しかしですね、私よりもほとんどのスタッフが後から来ます。
私より先に出勤しているのは、たった1人。
それも、定年を過ぎたパートのスタッフ、Kさんです。

Kさんは、昔からバリバリに働いていた人で、ある総合病院の師長(当時は婦長)まで勤めた人です。
まだ産休・育休制度の整っていなかった時代の人ですから、本当にバリバリの看護師人生を歩んで来た人。

そんな超ベテランのKさんは、いつも誰よりも早く出勤し、自分の持ち場の掃除をして、外来の準備をします。
一応私も始業45分前に出勤していますから、遅くはありません。
しかし、Kさんはいつも私より早く、原付で出勤しています。

それなのに、若手メンバーは堂々と始業10分・15分前に来ます。
確かに、遅刻はしていません。
しかし、外来診療の始まる前に掃除を済ませることが決まりになっているのに、しかも先輩達が早く出勤して掃除をしているというのに、後から入職したスタッフの方が出勤も遅い。

彼女達も、最初は早く来ていました。
しかし、数年のうちに段々遅くなり、みんな遅くなったから余計に早く出て来るということがなくなりました。
この遅い出勤のグループは、帰宅も早いグループです。
つまり、仕事より家庭重視と堂々とうたう人達。
おまけに職場と家が半径300m以内という人も、数人います。

でもね、帰りは子供の迎えや夕飯があるから残業ができなかったとしても、時短勤務だったとしても、朝もう10分・15分早く出勤することはできるはず。
現に、最初の頃はみんなそうしていたのですから。

隣の市から自転車通勤する私の方が早く出勤しているということは、自宅を出るのが1時間近い差があるということです。
私だって、小学校低学年の子供を抱えています。
でも、仕事をするにはそれなりの準備ってものが必要だろうと思っているから早く出勤するのです。

受付が開始したら、問い合わせだってたくさん来ます。
対応に困る人や、急ぎの人もいるかもしれません。
だから、私は受付時間には必ず出勤しているようにしています。
これは、前の職場でもしていたマイルールです。

誰に決められたものでもないルールですけれど、事実、受付の人が仕事を開始しているのに、中の看護師がのんびりしているのでは、足並みがそろいません。
やはり診察時間まで待合で待たせておけないと言う人や、救急車も来ます。
ですから、私は本来の始業よりも30分以上前から患者さんの対応にあたっていることも、よくあります。

でも、その姿をみても何とも思わないのが、家庭優先グループ。
Kさんが毎日朝早く来て掃除をしている姿も、彼女達は見ることがありません。
遅すぎて、出勤する頃にKさんの診察準備は終わってしまっているのですから。

自分で決めたルールを、守り通せるか?

「私ばっかり早くきて、ばかみたい」
そう思った時期もありました。
前日は一番遅くに職場を出た自分が、翌日は一番早くから働いているなんて、損だって。

でも、いつも朝笑顔で「おはよう」と、掃除をしながら声をかけてくれるKさんのおかげで、自分に課したルールを守ることができています。
超ベテランのKさんだって、パートのKさんだって早くから仕事の準備をしているのに、まだまだ若輩者、正規職員の自分が遅くに来るわけにはいかないって。

ワークライフバランスという言葉がありますが、私は使いません。
仕事をする上で必要な準備をして、万全の態勢で臨む。
患者の状態によっては、時間外もある。
それが、命を預かる看護師ですから。

私は、外来勤務をしている間は、「必ず受付開始までに出勤していること」を自分に課しています。
そんなの当たり前と思う人もいるでしょうけれど、時にはへこたれそうになるときもあるんですよ。

それに、私より後から入って来た人、私よりも更に若手でも、堂々と後から出勤してきているのですから、一応私は頑張っている方ではあると思うんですね。
あとは、これをKさんのように続けること。
(ただ、Kさんは看護師歴50年以上あるので、Kさんを越すことは無理です・・・。)

そんな大それた目標でもないけれど、これだけは初志貫徹しようと心に決めています。
あなたには、絶対にこれだけは!!という目標がありますか?
新年や新年度といった季節の区切りを活用するのもよし、この記事を読んで明日から頑張るもよし。

何でもいいので、自分の中でこれだけはやり抜くということを決めて、実行してみてほしいと思います。
続けるだけでも、周囲のあなたへの味方も変わるし、何よりもあなた自身の成長につながることでしょう。