看護師・母としての使命



看護師ノート推奨の転職サイト



自分の使命を考える

1人じゃないから、頑張れる

独身の方にはなかなか実感がわかないかもしれませんが・・・働き続けるには助けてくれる人が周りにいることが重要です。
特に子供がいるママナースには、子供の面倒だけではなくて、一部の家事も負担してくれるような人が必須。

これを全て1人で抱えていると、相当タフな人は別ですが、いつかはダウンしてしまうでしょう。精神的にも、身体的にも。
仮になんとか日々をこなしていても、「ゆとり」がないのではないでしょうか?
時間にゆとりがなければ、いつも忙しくてバタバタ。子供の話も聞けない。
精神的にゆとりがなければ、いつもイライラ。笑っていられない。
それでは、なんのために働くのかとなってしまいます。

働かなければ、現実生活していけません。
しかし、私達は20年前後の間に子供を育てあげ、教育していかなければいけません。
仕事も大事。でも、全くゆとりのない環境で育った子が、その後どんな人生を歩むかを考えていくと、私は家庭のある人は適度に仕事もセーブせざるをえないと思います。
ただし、総合病院なんかで上の役職の人はオールドミスだったりするので、なかなか理解されないでしょうけどね・・・。

仕事の時は仕事に集中。
そして家に帰ったら忙しくても多少のゆとりを持てる。
そんなバランスを保つには、何が必要でしょうか?
それが、冒頭にもあげた協力者です。

全力でバックアップしてくれる母

私は離婚してシングルですが、別れる前は夫にも家事を分担してもらっていました。
(当時の私としては、全然足りませんでしたけれどね!!)
今では実家の母・祖母・叔父・叔母・姉・姪・・・たくさんの人のお世話になっています。

特に実家の母には頭が上がりません。
子供が学校から帰る頃には必ず家にいて、宿題を見て、習い事に送り出してくれます。
そして夕飯を食べさせて、ついでに私と姉の分の夕飯&翌日のお弁当のおかずもタッパーに詰めてくれます。

祖母(子供にとってはひいばあば)も話し相手をしてくれたり、実家の隣の家の叔父・叔母のところにもちょびちょび遊びに行きます。
隣に住んでいる姉にも子供を預けますし、姪っ子は(しぶしぶですが)私が帰るまでの間、遊んでくれます。

私が仕事をする上で必要なことは、
➀子供が困らないこと
➁自分が家事に追われないこと
です。

仕事中に仕事だけに専念できるということは、とても大事です。
帰る間際に入った救急の患者さんの対応ができるのも、子供が困っていないからです。ご飯も宿題もみてもらえて、1人で寂しく待っていないとわかっているから、お母さんモードではなくて仕事モードでいられるのです。
これが1人で寂しくお腹を空かせて待っていると思ったら・・・帰る間際の仕事は受けたくありません。やっても最低限だけやって帰るでしょう(現にそういう人はたくさんいます)。

そして、しょっちゅう体調を崩す私は、仕事と育児を優先していくと、どうしても家事に費やせる時間がなくなります。
だから私は、「裁縫と料理は母に極力お願いする」ことにしたのです。
母親らしくない、女らしくないと思われたっていいやって。

だって、1日の限られた時間の中で全てをしようと思ったって無理ですもの。
その代り、私は家事をお願いする分仕事をして、家でも勉強をして、本を読んでと、自己研鑽に励みます。
そしてまた仕事に活かしていくのです。

母には毎月子供の養育費&食費を払っています。
しかし、それでは足りないくらいのことをしてもらっています。
なぜそんなにしてくれるのでしょうか?

それは、母が「女の子が3人もいるなら、誰か1人は看護師になって欲しかった」という思いがあったからだそうです。
看護助手として働いたことのあった母は、やはり無資格者ではなくて看護師でなくては、と思ったそうです。
私達子供はそんなことは1度も聞いたことがなかったのですが、たまたま私が看護師の道を選びました。

だから、このキャリアを途絶えさせないように、そして自分(母)ができることは、子供の世話と裁縫・料理だと言ってくれるのです。
定年退職とほぼ同時に私が出産したので、母には再就職せずにいつでも子供のことで助けてもらえるようにスタンバイしていてもらっています。
最大限のサポートを得るためにも、今では姉も含めて実家のすぐ近くに暮らしています。

働き続けるには、本当の理解者と協力者が必要です。
仕方ないから孫の面倒をみる、という人もいるかもしれません。
子供の急な熱なんかに対応してもらうことも大事なので、とにかくみてくれるだけでも有難いけれど。
やはり、自分が気持ちよく働くためには、気持ちよく支えてくれる人が必要ではないでしょうか。

私の母は、私と子供を影で支えること(それと祖母の世話)が使命だと思っています。そして私は、精一杯専門職としてのスキルを磨いて働くこと、子供を「1人で食っていける子」に育てることが使命だと思っています。
仕事をしていると、嫌なことも辛いことも、調子の悪いこともありますよね。

それを支えてくれる人は、あなたにはいますか?
そして、あなたの使命はなんですか?