AEDには、どんな機能がある?



看護師ノート推奨の転職サイト



AEDは何が自動で、どうスグレモノなのか?

AED=電気ショックの機械

AED:自動体外式除細動器、これは心配蘇生に置いて重要。
医療従事者でなくても、専門知識がなくても使える、それでいて命を救う装置です。

AED=電気ショック
と思っている方も大勢いらっしゃるでしょう。
そう、間違ってはいません。
確かに、電気ショックの機械です。

でも、電気ショックって専門治療ですよね?
看護師だって、救急外来やICUでなければDCを使うことありませんよね。
ましてや、ショックボタンを率先して押す看護師は・・・ほぼいませんね。
(私にはできません)

ではなぜ、心臓に電気を流すような治療器具を、一般市民が使えるのでしょうね?
逆に考えると、一般市民が使ってよいものを、看護師が使えない・仕組みを知らないのでは困ります。

今回はAEDの機能について考えてみることにしましょう。
AEDは、何が自動だから一般市民も使えるのでしょうか?

AED=電化製品です!

AEDが一般市民も使える理由は、全てが自動化されており、考える余地がないようになっているから。
誰がやっても同じ効果が得られるようになっているのです。
手順通りにやれば。

そして、AEDは電化製品です。
電気ショックと思うと怖いけれど、パソコンや冷蔵庫・炊飯器といった電化製品だと思えばどうでしょうか?
ちょっと抵抗は薄れる・・・かも。

AEDの手順はこれだけ!

➀電源をいれます。(機種によっては、フタを開けると電源が入るものもあります。)
➁解析ボタンを押します。
➂ショックボタンを押します。
これでOK。

電化製品ですから、素直に電源ボタンを押しましょう。
そうすると、こうしてください、ああしてくださいと勝手に音声ガイダンスが流れます。
ボタンを押す順番まで書いてあるので、とても親切な電化製品なのです。

でも、病院にあるDCは自動ではありません。
一般市民どころか、看護師だって手を出すのに躊躇します。
➀、➁、➂、ショック!!
だけでは終わりません。

そこにAEDの“自動”があるのです。

AEDは何が自動?

自動音声
自動解析
自動チャージ
自動タイムキーパー

自動音声はわかりますね、➀電源ボタンを入れさえすれば始まります。
自動解析というのも、➁ボタンにあるのでわかるかと思います。

自動で心電図を読み取って波形を診断(解析)して、除細動が必要かそうでないかを判断してくれるのです。
勉強してきた人間だってちょっと自信ないよ・・・というところなのに、機械が判断してくれる。
だから、適応を誤ることはないのです。

そして、いざ除細動しよう!と思っても、何J(ジュール)に合わせたらいいか、ぱっと答えられますか?
150Jだっけ?200J?段階で上げていく?
AEDなら自動で決めてくれるので、悩まなくてすみます。

そして以外と知られていないけれど優れているのが、タイムキーパーとしての機能です。
AEDは1回目のショックをかけたあと、すぐに「胸骨圧迫を再開してください。」と音声ガイダンスが流れます。
そして、2分経過すると「心電図を解析します。患者から離れてください。」と音声が流れます。

CPRにおいて、ショック後に胸骨圧迫を2分間行って初めて1サイクルです。(→DCで心停止は治らない!!参照)
しかし、看護師でも知らない人は大勢います。

何より、バタバタしている時に、ストップウォッチもない現場で2分間正確に時間を測ることは可能でしょうか?
本来救急外来等では看護師が行うタイムキーパーとして役目を、AEDが担ってくれているのです。

いかがでしたか?
AEDは、ただ電気が流れるだけではないのです。
一般の人が電化製品を扱うのと同じレベル、いいえ、それ以上に丁寧に教えてくれる素晴らしい機能を搭載した機械なのです。

私自身も、講義では何度も使用しています。
しかし、現場でまだショックボタンを押したことはありません。
でも、「一般市民も使える電化製品なんだ」と思えば、勇気が湧いてきませんか?