救急の基本ABCが改定、正しい順序は?



看護師ノート推奨の転職サイト



救急対応の基本、ABCは時代遅れ‼ PART1

C→A→Bが、BLSの基本に改定

心肺蘇生(Cardio pulmonary resuscitation;CPR)とは、心肺停止した患者の心拍と呼吸を再開させ、脳の蘇生を行うことです。

心配蘇生には、2つの段階があります。
BLS(一次救急処置) :AED(自動体外式除細動器)以外の医療器具を使わないで行う
ACLS(二次救急処置):BLSに引き続き、医療従事者が薬や器具を用いて高度な処置を行う

そして、
➀発見者がすぐに人(救急隊)を呼ぶ
➁適切なBLS
➂専門知識を持った医療従事者にバトンタッチしてACLS
➃正しい蘇生後のケア

これがうまく機能すると、心停止した患者の蘇生率が高くなります。
これを、AHA(アメリカ心臓協会)は「救命の連鎖」と名付け、広く一般市民へも周知されるように活動しています。
みなさんもこの図を見たことがあるでしょうか?

成人救命の連鎖

もう少し詳しく勉強したい方は、こちらのページから2010年版のハイライト(要約)を読むことができます。

AHA(アメリカ心臓協会)心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010

この2010年版のハイライトでも出てきますが、成人に対するBLSの手順が大きく変わりました。
昔はBLSの手順は(BLSという言葉を使わなくても)、

A(Open airway) :気道確保
B(Breathing) :呼吸
C(Compressions):胸骨圧迫

と言われていました。

A→B→Cだと覚えやすいということもありました。
日本ではCをcirculation:循環と習うことが多かったですね。

AHAでは5年ごとにマニュアルを見直しているのですが、2010年版の改定のときに大幅な見直しがされました。
それが、このA→B→CをC→A→Bに変えよう!!だったのです。

覚えやすいA→B→CをC→A→Bに変えるには、結構大変です。
今まで指導してきたBLS手順が全く変わってくるのですから。
でも、混乱を招くことを承知で改定しただけの理由がある、ということ。
それはなんでしょうか?

A→B→Cでは、胸骨圧迫が遅れるから。

一般市民がいきなり倒れた人を発見した場合、Aの気道確保からできるでしょうか?
気道確保という手技が終わらなければB→Cへと進みません。

その上、Bの呼吸を何の防護具もない場所で、できるでしょうか?
アンビューバッグもないし挿管もできない。
そんな場所でBの呼吸の補助をするとなったら、それは口対口の人工呼吸を意味します。

しかし、見ず知らずの人にいきなりできるでしょうか?
意識を失っている人というのは、高頻度に嘔吐や流延があります。
とても私達医療従事者だって、口対口では・・・できませんね。

というわけで、AとBから始めることは、実際の現場では難しい。
躊躇してもたもたしているうちに、どんどんCの胸骨圧迫だけでもやって欲しい。
胸骨圧迫の方が、呼吸の補助よりも大切。
そういうワケで、昔から言われていたA→B→CがC→A→Bに改定されたのです。

傷病者を発見したら、とにかく胸骨圧迫!!
頭にたたきこんでおきましょう。

タイトルの通り、BLS手順をA→B→Cと思っている人は、時代遅れ。
とはいっても、現場の看護師だって知らない人は大勢います。
あなたの周りで威張り散らしているアノ人も・・・。

そんな人には、教えてあげましょう。
「先輩、今はA→B→Cじゃなくて、C→A→Bですよ!」って。
余計怒られるかもしれませんけど(笑)。

ただし、これには例外もあります。
それについてはPART2でお伝えすることにしましょう。