呼吸が優先されるときは、ABCのまま



看護師ノート推奨の転職サイト



救急対応の基本、ABCは時代遅れ‼ PART2

全てがC→A→Bではない

AHAの提唱している心血管治療ガイドラインで、2005年版から2010年版にバージョンアップする際、BLSの手順が変更になったことはPART1でお伝えしました。

C(Compressions):胸骨圧迫
      ↓
A(Open airway) :気道確保
      ↓
B(Breathing) :呼吸

これは、成人の心停止を起こす理由のうち、蘇生率の高いものに照準を合わせたからです。
成人における心停止のうち、蘇生率の高いものは、初期心リズムが心室細動(VF)と無脈性心室頻拍(VT)の例ということです。

VTとVFは心臓から効果的な循環が産まれません。心臓が震えているだけ。
口対口にこだわるよりも、どんどん胸骨圧迫を行って循環を生み出す処置をしようということなんですね。

しかし、全ての症例においてC→A→Bにしておけばいいか・・・というと、そうではありません。
例外があります。

アナフィラキシー
窒息・溺水
小児

この場合は、従来道理のABCの順番の方がよいとされているのです。

呼吸が優先されるとき

上の3つの場合、どうして胸骨圧迫による循環よりも、呼吸が優先されるのでしょうか?

まずアナフィラキシー
(アナフィラキシーの症状についてはこちらを読んでみてください。)

アナフィラキシーを起こすと、気道浮腫が起こる場合があります。
気道浮腫が起こって高度になってしまうと、呼吸ができなくなりますね。
それだけではありません。
挿管チューブも入らなくなってしまいます。

挿管チューブが入らなくなってしまったら・・・気切です。
でも、いきなり気切というのはハードルが高いし、侵襲も大きい。
だから、挿管チューブの入るうちに、呼吸状態がアヤシイと思ったらまずA(Open airway) :気道確保と、B(Breathing) :呼吸です。

次に、窒息の場合。
物が詰まった時だけでなく、溺水も含みます。
窒息・溺水した患者が心停止を起こしていたら、その原因はほぼairway(気道)にあります。
溺水患者の場合は早く水の中から出し、その間も顔面を水面に付けないように気道確保しながら救助するのが望ましいと言われています。

まず、その原因をとりのぞかなければなりません。
気道を塞いでいる原因を取り除いたら、何をすべきでしょうか。
C(Compressions):胸骨圧迫です。

詰まったものがとれない場合どうしたらいいでしょう?
指で書きだしたり吸引すると、奥に押し込んでしまいそう・・・。
こんなふうに、原因を取り除くことができない場合は、AとBにこだわっていてはいけません。
Cの胸骨圧迫に行ってOK。

胸骨圧迫は、心臓の上から押して脳への血流を生み出すことが第一の目的です。
しかし、この上から加わる圧のおかげで、口の方へ圧がかかり、詰まっていたモノが出てくることがあります。

ですから、窒息・溺水においても胸骨圧迫は有効なのです。
ただし、できる限り原因であるA(Open airway) :気道確保、B(Breathing) :呼吸の問題を解消したあとで、が理想。
ということで、A→B→Cのままなのです。

最後に小児。
小児はまだ、心血管に異常をきたすということが少ない時期です。
ですから、小児における心停止は、まず最初にVTやVFを起こしたのではなくて、呼吸停止したことによって心停止を起こしたと考える方が自然。

窒息・溺水と同じように、心停止を起こした理由がA(Open airway) :気道確保、B(Breathing) :呼吸にあるのなら、まずここから対応しましょうということです。
ただし、ここでもAとBの手技に戸惑ったりするくらいなら、どんどん胸骨圧迫だけでもした方がいいのですけれど。

C→A→Bの例外、おわかりいただけたでしょうか?
実際の場面に出くわしたら、こんな順番なんて考えていられないと思います。
ですが、このどれもが大切なことなんだ!!ということを覚えていてもらえば、順番は真っ白になってしまったとしても、とにかく呼吸と循環にアクションを起こせば間違いではありません。

頭でっかちになってしまって、動けない人では困ります。
しかし、平時に勉強・シミュレーションをしておくと、何も備えていないよりも緊急時に発揮できる可能性は上がります。

漠然とBLSと言えばABC、という考えは捨てましょう。
基本はC→A→B、でも例外的にA→B→Cもある

この記事を読んで覚えてもらえたら、嬉しい限りです。