在宅酸素療法(HOT)のアラーム対処法



看護師ノート推奨の転職サイト



HOTのアラームが止まらない!?

そのアラーム、理由は何?

COPDの患者さん達は、進行具合によってHOT(在宅酸素療法)を導入することがあります。
酸素を24時間、何らかの形で吸う必要があるからです。
かといって、酸素を吸うためだけに病院にずっと入院していることもできません。

自宅では通常、少し大きな段ボールのような酸素供給機を行動範囲の中央に設置し、酸素チューブを長く連結させて過ごします。
入浴中も、睡眠中も酸素を吸入します。

外出時やチューブの届かない場所に移動するときには、小型の酸素ボンベを持って異動します。
小さなボンベなら肩にかけて持ち運びますが、通常キャスターにバッグを付けて、その中にボンベを入れて行動します。

病院に受診する際には、このように携帯用の酸素を使用します。
外来において携帯用酸素ボンベを持ち運んでいる患者さんを見かけたことは、たくさんあるでしょう。

ところが、看護師でも全員がその扱いを熟知しているのではないため、呼吸器科以外に受診した場合アラームが鳴って困った・・・ボンベが空になって困った・・・ということになるのです。

本来、私達は看護師ですから、どの科の疾患にも対応できなければいけないのですが。
全てを知っている看護師なんて、現実はそういません。
今回は、HOT導入患者さんのよく鳴るアラームについて、お伝えしようと思います。

吸って吸って‼

HOTの患者さんが外来の待合にいて、しょっちゅうアラームの鳴ることがあります。
ちょっと鳴ってはすぐに止まるのです。
あなたは遭遇したことがありますか?

輸液ポンプやシリンジポンプは、アラームが鳴ったら理由を突き止めて、それを解除しなければ再開できません。
例えば、点滴ラインが完全に折れ曲がった状態でアラームが鳴ったとしたら、一度アラームを止めて、更に再開しなければ始まりません。
(屈曲を解除しなければ、すぐにまた鳴り出しますが。)

ところが、HOTの場合は少しピーピーなったかと思うと、すぐ止まります。
それでいて、本人はしれっとしているのです。

この原因は、HOTのモードにあります。
HOTのモードには、「同調」と「連続」という2つのモードがあります。

携帯用の酸素ボンベは量が限られているので、中の酸素をできるだけ長持ちさせたいですよね。
そのため、吸気の時しか酸素が出てこないような設定をしているのです。
これが、同調モード。
いわゆる「省エネモード」です。

しかし、一定の秒数が経っても吸気を感知しなかった場合、「吸わなきゃダメですよ~」とアラームが鳴るのです。
本人がこのアラームに気づいて大きく息を吸えば、アラームは止まり、また酸素が流れて来ます。

だから、本人が気づいてなかったりアラームの理由がわからない場合は、「鼻から大きく息を吸って!」と声をかけてあげましょう。
導入したばかりの患者さんに、よくあります。
吸気を機械が感知すれば、すぐに止まるはずです。

しかし、この同調モードは、人によってはタイミングが合わなかったり、吸気を感知してもらえないことがあります。
そうすると執拗にアラームが鳴りますし、場合によっては酸素化が図れなくなってしまいます。

よく、HOT導入中の患者さんが夜眠ると、SpO₂が70%代に落ちる人がいます。
高齢者に多いのですが、睡眠中は呼吸回数が抑制される上に、同調できなくて酸素化ができないのです。
こんな場合は、CPAP(NIPPV)を使用して強制的に換気をさせるか、HOTを同調モードから連続モードに変更する必要があります。

連続モードは、その名の通り酸素が出しっぱなしになります。
もし外出中に連続モードを使用する場合は、在院時間中に携帯用酸素が空になってしまうことがありますから、注意しましょう。
院内にいる間は、病院の酸素ボンベに付け替えるなどしなくてはなりませんね。

仮にそれが眼科を受診している時であっても、その場にいる看護師は対応できなくてはなりません。
携帯酸素ボンベの付け替えや、よくあるアラームの解除・対応については、何科に配属されようと覚えておきたいものですね。