夜勤明けに、何をする?



看護師ノート推奨の転職サイト



夜勤明けに何をする?独身編 PART1

夜勤明けって・・・もう昼ですが ((+_+))

あなたは夜勤明け、何をして過ごしますか?
せっかくの明けですから、有意義に過ごしたいですよね。

眠らなければ今日1日もう仕事済ませてるんですから、休みを使わずして好きなことができます。
夜勤の醍醐味というのは夜勤手当ではなく、実はこの“明けの時間”でもあるんですよね。

私は明けに何をしていたかというと・・・夜勤自体早めのリタイアでしたから、そんなに時間を有意義に使うところまでいかなかったんですよ。
慣れてきたかと思った矢先に3年目で異動がありましたしね。

最初に勤務した脳外科時代は、夜勤明けに何をするかなんて、全く考えられませんでしたね。
深夜勤明けって言っても、病院から出るのが既に11時とかでしたから・・・。
疲れてしまって、自宅のアパートにたどり着くのがやっとだったのです。

日勤での申し送りを済ませた時点で、私の深夜の仕事は全く終わっていませんでした。
患者さんのベッドサイドを片付けて、使った備品を片付けて、それから記録をして・・・。
更に日勤の先輩からやり直しを言い渡されて、泣く泣くまたベッドサイドに戻るなんてことも。

そんなこんなをしていると、ナースコールが鳴ります。
みんなバイタル測定やケア等の日勤業務に出払ってしまい、結局コールに出るのが深夜明けの私。
なかなか代わってもらうこともできず、その対応までするハメに。

今思うと、パワハラもかなりありましたよ。
でも、それでも悔しいのと若かったのとで乗り越えました。
それはそれで、嫌な思い出ではありますが、私の貴重な経験なんですよね。

DVDを観ているうちに眠る・・・それが私の夜勤明け

帰宅してシャワーを浴びると、もう昼です。
そこで、なんとか帰宅時にコンビニで買ってきたパンやスイーツ、家に買っておいたものを食べて、ごろんとしながらDVDを観る・・・そうすると、もう当然睡魔が襲ってくるわけです。

日勤の日だけでなく、休日も自宅で勉強勉強と追われていた私にとって、このDVDを観ながらのごろ寝が本当に贅沢でした。
実際、最初の30分くらいですかね、観ていたのは。

気づくともうエンディングになっているのがお決まりパターン。
でも、やっとゆったりした気になったものです。

そのあと私は何をしたかというと・・・お風呂です。
もう夕方なんですよね、起きると。
そこで、近所にあったスーパー銭湯に行っていました。

狭いけれど、露店風呂に浸かりながら月を見て。
そしてサウナと水風呂を交互に入る。
最後にまた、露店風呂に浸かる・・・。

スーパー銭湯の入館料(当時400円)は、夜勤を頑張った自分へのご褒美でした。
アルバイト生活をしていた時の経済感覚そのままでしたから、看護師の給料をもらっても贅沢ができなかったんですよ(笑)。

そして家に帰ってきて、ようやく本を読んだり、少し勉強したりすることができたのです。

こんな具合ですから、深夜明けに遊びに行くなんて、先輩のようなことはできません。
深夜明けでさえこれですから、準夜→休→日勤というパターンの場合、休みはほぼ寝て勉強して、最後に夕方からスーパー銭湯に行くくらいしかできませんでした。

ある意味、子育てをしている今よりもよっぽどハードな生活でした。
それでも頑張り続け、3年半という短い期間ですが病棟勤務を続けました。
それがあるから、今の私があるんですよね。

私の夜勤明けは、DVDを観ながら寝てスーパー銭湯に行く。
最初の1年は、それしかできませんでした。

今また夜勤を同じようにやったら、もう少し容量よくできるのかもしれません。
でも、もしかしたらもっとへばっているかもしれない・・・。
それに、自分だけの時間ではありませんから、こんなに好き放題にはできませんね。

お勧めの夜勤明けの過ごし方・・・ではないけれど。
無理に何か有意義にしなくちゃ!!と思っている人には、少しは参考になったでしょうか?

私のへっぽこぶりがよくわかる?
深夜明けが昼なんて・・・。
次回は、一歩進んだ独身時代の夜勤明けについてお伝えしましょう。



看護のお仕事